1999年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1999年自由民主党総裁選挙(1999ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、1999年9月21日に行われた自由民主党総裁選挙である。

概要[編集]

1997年自由民主党総裁選挙(現職の橋本龍太郎の無投票再選)の任期満了に伴い実施された。前年の1998年自由民主党総裁選挙で初当選した現職の小渕恵三は無投票再選を強く望んだが、加藤派を継承したばかりの加藤紘一がこれを無視し、盟友で山崎派会長の山崎拓とともに出馬し、選挙が実施された。加藤はすでに将来の総裁の有力候補と目されており、ポスト小渕をアピールする絶好の場と考え、落選は織り込み済みであった。

選挙自体は既定路線通り小渕の勝利で再選されたが、加藤に踏み台にされた小渕が激怒し、直後の人事で加藤を徹底的に冷遇した。これが翌年の加藤の乱につながることになる[1]

立候補者[編集]

選挙結果[編集]

候補者 得票数
小渕恵三 350票
加藤紘一 113票
山崎拓 51票

当選者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 加藤紘一氏死去 上れなかった政権の坂”. 日本経済新聞 (2016年9月11日). 2016年9月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]