2008年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2008年自由民主党総裁選挙(2008ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2008年9月22日に行われた自由民主党総裁選挙である。開票の結果、麻生太郎が第23代自由民主党総裁に就任した。

なお、福田康夫の任期途中での総裁辞任に伴う選挙であるため、新任者である麻生太郎の総裁任期は福田の総裁残任期間(2009年9月末日まで)であった。

総裁選挙当日の自由民主党本部

概要[編集]

総裁選の幕開け[編集]

内閣総理大臣福田康夫は、8月2日内閣改造と党役員人事に着手(福田康夫内閣改造内閣)、8月下旬には第170回臨時国会の召集時期を決定し、総合経済対策を発表し、党役員らには臨時国会の重要法案の成立へ最善を尽くすよう指示をしていた[1]

しかし、9月1日夜に福田は総理官邸において緊急記者会見を行い、突如首相と自民党総裁の辞意を表明した。臨時国会の召集日が決まっており、9月末の国連総会で日本の首相として3年ぶりに出席し演説を行う予定であった矢先であった[2]

この事態に対して、幹事長麻生太郎麻生派)ら党執行部は、

  • 国連総会には、新しい首相に出来るだけ出席して欲しい
  • 民主党公明党が党大会と代表選挙をそれぞれ控えている

ことを考慮し、9月10日告示、9月22日投票とする選挙日程案を示し、臨時役員会や臨時総務会で了承された。選出方法も総裁公選規程の通りに行われる事となった。9月3日の両院議員総会でこの報告が行われたが、若手中堅議員から党の現状や総裁選の選出について厳しい意見が出された[3]

立候補者の擁立[編集]

9月2日に、麻生は党役員会後の記者会見でいちはやく立候補を表明した。党内では反麻生の立候補者を擁立する動きが起こり、5日に石破茂、8日に与謝野馨小池百合子、9日に石原伸晃と次々に立候補を表明した。山本一太棚橋泰文は出馬の意向を示していたが、推薦人が集まらずに立候補を断念した。かくして今回の総裁選挙は、下馬評で有利とみられている麻生に石破、石原、小池、与謝野の4名が挑む構図となった。

9月10日の告示日には麻生、石破、石原、小池、与謝野の5名が立候補し総裁選挙が始まった。立候補者数は1972年に立候補制となって以降、最多の人数となった。

前年の総裁選挙の反省から、極端な派閥単位の乗り合いは避けられる形になった。

  • 特に最大派閥の町村派は、自派出身の首相が4代続いている上に、2代連続の「政権投げ出し」との批判を受けたこともあり、森喜朗を中心に自派閥の総裁候補の支援の自粛を呼びかける動きもあった。他方で、中川秀直らはこれに反発し、自派閥の候補である小池を支援する動きを見せた。元首相の小泉純一郎も小池を支持する旨表明したのに対し、派閥領袖の町村信孝や元首相の安倍晋三は、麻生支持に回った。
  • 伊吹派が麻生支持を表明するなど派閥単位での動きはあったが、極力自由投票とする方針が採られた。
  • 前回まで麻生と対立していた選対委員長古賀誠は、一転して麻生を支持する旨表明した。以前会長を務めていた地元の党福岡県連合会が「福岡県から70年ぶりの総理大臣を[4]」「九州から(日本社会党村山富市以来となる)総理大臣を」という方針で結束し、九州・沖縄・山口の各県連へ働き掛けを強化していることも踏まえ、自らの役目柄衆議院総選挙への影響も考慮し「党派より地元」という方針に傾いた[5]
  • 山崎派は所属する石原が立候補していることもあり、領袖の山崎拓は誰を支援するかは明確にせず、派としての拘束はしないことを決めた。

党総裁選データ[編集]

日程[編集]

キャッチコピー[編集]

政策論争12日間。

選挙人[編集]

選挙人
種別 人数
衆議院議員 303人
参議院議員 83人
都道府県連代表 141人
合計 527人

今回の総裁選挙では、都道府県代表が投票すべき者を定めるため、各都道府県の支部連合会では、党員党友の投票による予備選挙が行われる。もっとも、代表が投票すべき者についてドント式や総取り式など都道府県によって選出方法が異なる。

立候補〔届け出順〕[編集]

Ishihara Nobuteru - Wakaba Station - 20100703.JPG 石原伸晃 山崎派 衆議院議員、元党政務調査会長
Yuriko Koike, Aug. 17, 2007.jpg 小池百合子 町村派 衆議院議員、元防衛大臣
Taro Aso in World Economic Forum Annual Meeting in Davos (cropped).jpg 麻生太郎 麻生派 衆議院議員、党幹事長
Gates meets Ishiba 8 November 2007 cropped for Ishiba.jpg 石破茂 津島派 衆議院議員、前防衛大臣
Kaoru Yosano cropped 1 Timothy Geithner and Kaoru Yosano 20090424.jpg 与謝野馨 無派閥 衆議院議員、経済財政政策担当大臣

推薦人一覧[編集]

推薦人一覧
候補者 麻生太郎 石破茂 石原伸晃 小池百合子 与謝野馨
推薦人代表 鳩山邦夫 鴨下一郎 深谷隆司 衛藤征士郎 野田毅
選挙責任者 島村宜伸 小坂憲次 渡海紀三朗 杉浦正健 柳澤伯夫
推薦人 甘利明 赤澤亮正 安次富修 井沢京子 阿部俊子
稲田朋美 伊藤達也 大前繁雄 猪口邦子 近江屋信広
江渡聡徳 今津寛 金子一義 小野次郎 後藤田正純
大野功統 小渕優子 木村勉 奥野信亮 杉村太蔵
梶山弘志 大塚高司 岸田文雄 木挽司 谷公一
亀岡偉民 岡下信子 小杉隆 佐藤ゆかり 谷本龍哉
鴻池祥肇 岡本芳郎 後藤茂之 篠田陽介 中谷元
菅義偉 木村隆秀 塩崎恭久 谷川弥一 三ツ矢憲生
高市早苗 倉田雅年 菅原一秀 谷畑孝 村上誠一郎
寺田稔 竹下亘 田野瀬良太郎 中山泰秀 村田吉隆
中川昭一 渡嘉敷奈緒美 根本匠 西村明宏 若宮健嗣
西川京子 西銘恒三郎 平沢勝栄 馳浩 加納時男
浜田靖一 橋本岳 福田峰之 早川忠孝 川口順子
船田元 林田彪 松島みどり 平井たくや 林芳正
古屋圭司 原田憲治 松本文明 安井潤一郎 丸山和也
渡辺具能 平口洋 秋元司 渡辺喜美 森雅子
泉信也 佐藤正久 中川雅治 神取忍 吉田博美
末松信介 田村耕太郎 丸川珠代 義家弘介 脇雅史

選挙の結果[編集]

太字は当選者。

得票数 議員票 地方票
石原伸晃 37票 36票 1票
小池百合子 46票 46票 0票
麻生太郎 351票 217票 134票
石破茂 25票 21票 4票
与謝野馨 66票 64票 2票

(無効投票:2)

街頭演説における発言[編集]

  • 9月14日名古屋市のJR名古屋駅前での街頭演説において、8月末の東海豪雨に関連し、麻生太郎は「(豪雨が起きたのが)安城岡崎だったからよかったけど、名古屋だったらこの辺全部洪水よ」と発言した。これに安城市・岡崎市の両市長は「未曾有の豪雨で犠牲者も出ているのに、不適切で配慮のない発言だ」と抗議文を送った[6]

その他[編集]

  • 立候補した5名は全員、小泉純一郎政権下で閣僚に登用された経験を持つ。ただし、1つの内閣の下で全員が揃って閣僚であった時期はない。また、麻生と与謝野は小泉総裁の下で党三役の一つである政調会長にも登用された経験がある。
  • 地方での街頭演説会は東京都大阪市高知市名古屋市新潟市釧路市札幌市出雲市岡山市秋田市一関市佐賀市熊本市鹿児島市さいたま市千葉市横浜市などの17ヶ所で行われ、前回より大幅に回数がふえた(前回は4ヶ所)。総移動距離は述べ11,000kmにのぼる。
  • ニューヨーク・タイムズは、民主党バラク・オバマアメリカ大統領選挙中に共和党ジョン・マケイン陣営を批判する際に使った「豚に口紅」という慣用句を引き合いに出し、改革を強く打ち出した総裁選の地方遊説から小泉が首相に就任した2001年の総裁選の熱気の再来を期待するのは、麻生の改革を修正するスタンスでは無理だとして、この総裁選挙を酷評した[7]
  • 議員票に無効票が2票存在した。1票は立候補をしていない中川秀直、もう1票は白票であった。なお、地方票にも無効票がいくつかあり、「どうせすぐやめるんだろう」「小沢一郎」「志位和夫」「あきがきた 何度も聞くぞ 党再生」などと候補者達を小馬鹿にしたようなものもあった[8]。2年続けて「投げ出し」と呼ばれる形で相次いで首相が変わったことに対する不満が自民党員の間にも増えていたことが伺える[9]
  • なお総裁選挙期間中は、どのマスコミも一斉に総裁選挙について報じたため、「国政選挙でもなく自民党員以外の有権者は関係無いはずの選挙なのに、何故マスコミは集中的に取り上げるのか?」「解散総選挙を睨んだ選挙活動」との批判が当初から存在した。特にNHKではニュース番組の大半の時間を総裁選の特集に組んだため視聴者から苦情が寄せられたが、これに対しNHKのコールセンターの担当が「自民党のPRです」と説明していたことが判明した。後にNHKの今井義典副会長は10月15日の参院予算委員会において、事実関係を認めた上で「極めて不適切と判断した。指導と研修を徹底する」と謝罪した[10]
  • 落選した4人の候補者のうち、2010年に離党した与謝野を除く3人で2010年9月より自民党党三役を占めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 首相、9月12日召集を正式表明 新テロ延長 会期内成立を指示, 産経新聞, 2008年8月26日
  2. ^ 2006年2007年は9月に総裁選挙を行っていたため、日程の都合で日本の首相は欠席している。
  3. ^ 全党員で選挙を、中堅若手の不満が爆発/自民党総裁選, カナロコ, 2008年9月3日
  4. ^ 福岡県出身者の総理大臣は広田弘毅しかいない。
  5. ^ 民主党など野党各党の福岡県連は、「麻生総裁」が誕生した場合自民党が“地元出のトップ”を前面に押し出して攻勢をかけてくるとの警戒感を、地元メディアの取材に対し示した。
  6. ^ 麻生氏「安城・岡崎だったからいい」に2市が抗議文(2008年9月16日 読売新聞)
  7. ^ 「豚に口紅」NYタイムズが自民総裁選を酷評, 読売新聞, 2008年9月18日
  8. ^ 自民総裁選:東海3県の9票は麻生氏に, 毎日新聞, 2008年9月22日
  9. ^ 2008年9月23日 朝日新聞
  10. ^ 総裁選は「自民党のPR」発言でNHK陳謝 スポニチアネックス2008年10月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]