安井潤一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安井 潤一郎
生年月日 (1950-02-19) 1950年2月19日(69歳)
出生地 日本の旗東京都新宿区
出身校 早稲田大学社会科学部中退
前職 商店街組合代表
会社経営
所属政党 自由民主党(無派閥)
公式サイト 早稲田商店会相談役(前衆議院議員) 安井潤一郎 WEB

選挙区 比例東京ブロック
当選回数 1回
テンプレートを表示

安井 潤一郎(やすい じゅんいちろう、1950年2月19日 - )は、日本政治家実業家。元衆議院議員(1期)。

食料品スーパー稲毛屋元店主.NPO法人「東京いのちのポータルサイト」理事(前理事長)、「早稲田いのちのまちづくり実行委員会」実行委員長、日本ブラジリアン柔術連盟顧問(初代)を歴任。

人物[編集]

東京都新宿区精肉店の長男として生まれる。早稲田高校を卒業後、早稲田大学社会科学部に進学し、4年次まで在籍したものの中退。1972年に家業の(株)稲毛屋に入社。1981年の父親の死去により社長に就任[要出典]。小泉チルドレンの一人にあげられる[1]

2005年第44回衆議院議員総選挙の東京比例ブロック自由民主党名簿に登載され、自民党が小選挙区で圧勝したため、衆議院議員に当選。商店会長現職として初の衆議院議員になる。出馬時に理事長職を退任し、現在は理事。2008年3月には議員連盟「商店街を蘇らせる行動政策研究会」(通称:あきんど議連)を立ち上げた[要出典]

2009年第45回衆議院議員総選挙で落選。2010年7月、第22回参議院議員通常選挙に自由民主党比例代表から出馬するも落選。

2011年3月11日の東日本大震災に際し、3月14日に赤ちゃん一時避難プロジェクトを立ち上げ、新潟県湯沢町との連携のもと、被災した多数の乳幼児、家族を湯沢町のホテル「エンゼルグランディア越後中里」に避難させる活動を実施[2]

2012年12月、NPO法人地域通貨協議会理事長に就任[要出典]

政策[編集]

  • 毎日新聞2010年参院選候補者アンケートでは「選択的夫婦別姓制度」に対し「反対」と回答した[3]
  • 金融機関からの借入れに際し取られていた第三者の連帯保証人制度の存在により自殺者が多数出ていた為、これを廃止することに尽力し成功した。

発言[編集]

  • 「シャッター商店街に同情する人は多いがそれは間違いだ。シャッターを閉めた人が悪いんだ。」と発言した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 時事通信、2009年6月28日
  2. ^ 瀬戸内千代 (2011年4月15日). “被災地の赤ちゃんを守る一時避難”. ecomom. 日経BP. p. 2. 2014年6月16日閲覧。
  3. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  4. ^ 週刊文春 49(43), 160, 2007年11月8日 文芸春秋

参考文献[編集]

  • 鶴野礼子『繁盛商店街の仕掛け人』ダイヤモンド社、2008年

外部リンク[編集]