若宮健嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 若宮 健嗣
生年月日 (1961-09-02) 1961年9月2日(55歳)
出身地 東京都千代田区
出身校 慶應義塾大学商学部
学位・資格 商学士
前職 堤清二セゾングループ代表秘書
世襲 経済産業委員会
議院運営委員会(理事)
懲罰委員会(理事)
憲法審査会
政治倫理審査会(幹事)
選出選挙区 比例東京ブロック→)
東京5区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党額賀派
党役職 東京都支部連合会副幹事長
会館部屋番号 衆議院第2議員会館523号室
ウェブサイト 若宮けんじ
テンプレートを表示

若宮 健嗣(わかみや けんじ、1961年9月2日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、防衛副大臣内閣府副大臣

来歴[編集]

東京都千代田区生まれ。永田町小学校(現麹町小学校)、慶應義塾中等部慶應義塾高等学校慶應義塾大学商学部卒業。大学卒業後、セゾングループ代表の堤清二の秘書等を務める[1]

2005年9月の第44回衆議院議員総選挙比例東京ブロックから自由民主党公認で出馬。自民党大勝により、比例単独候補ながら初当選した。2008年自由民主党総裁選挙では、自身の出身地である千代田区を含む東京1区選出の与謝野馨の推薦人に名を連ねた[要出典](当選者は麻生太郎で、与謝野は次点)。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙に再び比例東京ブロックから出馬したが、落選。この総選挙では与謝野馨小池百合子平将明らが小選挙区で落選して比例復活したため、比例東京ブロック単独の立候補者は誰も当選できなかった。

2012年1月、佐藤ゆかり第22回参議院議員通常選挙への出馬に伴い空席になっていた自由民主党衆議院東京都第5選挙区支部長に就任し、次期衆議院議員総選挙への東京5区からの出馬が内定。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、東京5区で民主党公認の手塚仁雄を破り、約3年半ぶりに国政に復帰。2013年9月、防衛大臣政務官に就任。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、東京5区から出馬し3選。

2015年10月、防衛副大臣内閣府副大臣に就任。

政策[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
左藤章
日本の旗 防衛副大臣
2015年 -
次代:
現職