この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

早川久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
元衆議院議員 早川 久美子
生年月日 (1971-01-18) 1971年1月18日(46歳)
出生地 東京都葛飾区
出身校 カリフォルニア州立大学サクラメント校経済学部
前職 葛飾区議会議員
現職 党東京都第17区総支部代表
所属政党 民主党
公式サイト 早川久美子オフィシャルサイト
選挙区 比例東京ブロック東京17区
当選回数 1回
テンプレートを表示

早川 久美子(はやかわ くみこ、1971年1月18日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(1期)。元葛飾区議会議員(2期)。

概要

東京都葛飾区立石出身。共栄学園高等学校カリフォルニア州立大学サクラメント校経済学部卒業。

2006年、35歳時に、雑誌『フライデー (雑誌)フライデー』6月30日号にて水着写真を披露し話題になる。

2009年第45回衆議院議員総選挙東京17区民主党から出馬。自由民主党平沢勝栄に約3万票の差をつけられて敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、初当選した。この選挙の際、プロボクシングWBC世界戦で勝利した内藤大助が所属する宮田ジム会長の宮田博行が応援(宮田ジムが地元にある縁で)。一騎討ちとなった平沢は、内藤と対戦した亀田家から支援を受けている為、亀田vs内藤の"代理戦争"として話題となった。

2012年1月26日のプロボクシングの日本王座戦(粉川拓也 vs 池原繁尊)では、黒のレザーベストとホットパンツを着てラウンドガールを務めた[1]。同年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に東京17区から出馬したが、再び平沢に敗れ、比例復活できずに落選。

政歴

  • 2001年
    • 葛飾区議会議員選挙に民主党公認で出馬し、初当選。
  • 2005年
    • 葛飾区議会議員選挙で再選。
  • 2009年
  • 2012年
    • 第46回衆議院議員総選挙に東京17区から出馬したが、再び平沢に敗れ、比例復活できずに落選。

人物

  • 好きな食べ物は、焼肉、もんじゃ焼き、ラーメン[2]
  • 尊敬する人は松井秀喜[2]
  • 趣味はジム、サーフィン、ゴルフなど[2]

所属していた団体・議員連盟

テレビ

脚注

関連項目

外部リンク