越智隆雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 越智 隆雄
生年月日 (1964-02-27) 1964年2月27日(53歳)
出身地 日本の旗東京都世田谷区野沢
出身校 慶應義塾大学経済学部卒業
学位・資格 修士(東京大学・2005年)
前職 銀行員
所属委員会 内閣委員会
世襲 3世
父・越智通雄
祖父・福田赳夫
叔父・福田康夫
従弟・福田達夫
選出選挙区 東京6区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党細田派
党役職 東京都第六選挙区支部支部長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1105号室
ウェブサイト 越智たかおオフィシャルサイト
テンプレートを表示

越智 隆雄(おち たかお、1964年2月27日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣府副大臣第3次安倍第2次改造内閣)。内閣府大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)などを歴任。父は元金融再生委員会委員長越智通雄、祖父は第67代内閣総理大臣福田赳夫、叔父は第91代内閣総理大臣の福田康夫

経歴[編集]

慶應義塾幼稚舎から、慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て1986年3月に慶應義塾大学経済学部を卒業[要出典]

1986年住友銀行に就職した。1999年に住友銀行を退職した後、父である越智通雄小渕第2次改造内閣金融担当大臣の秘書官を務めた[要出典]。また、1991年6月、エセック経済商科大学院大学を修了[要出典]

父の引退を受けて、2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙東京6区に自民党公認で出馬するが、民主党前職の小宮山洋子に大差で敗れ、落選。

2005年3月、東京大学大学院修士課程(日本政治外交史)を修了し、2005年4月から東京大学大学院博士課程(日本政治外交史)在籍[要出典]。同年9月11日第44回衆議院議員総選挙では、小泉旋風に乗り、小宮山に小選挙区で6000票余りの差で勝利し、初当選。選挙後に再婚[要出典]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では、民主旋風に飲まれ、小宮山に7万票以上の差をつけられ、重複立候補していた比例東京ブロックともに落選。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では小宮山を破り、国政に復帰。

2014年9月4日第2次安倍改造内閣内閣府大臣政務官に就任[要出典]。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙で3選。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣内閣府副大臣に就任[1]

政策[編集]

所属議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]