柳本顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柳本 顕
やなぎもと あきら
Akira Yanagimoto 20220812.jpg
環境大臣政務官就任に際し公表された肖像画像
生年月日 (1974-01-29) 1974年1月29日(48歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市西成区山王
出身校 京都大学法学部
前職 関西電力従業員
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党麻生派
親族 叔父・柳本卓治(元参議院議員
父・柳本豊(元大阪市会議員)
公式サイト 柳本顕オフィシャルサイト

選挙区 比例近畿ブロック
当選回数 1回
在任期間 2021年11月5日[1] - 現職

選挙区 西成区選挙区
当選回数 5回
在任期間 1999年 - 2015年10月23日
テンプレートを表示

柳本 顕(やなぎもと あきら、1974年1月29日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(1期)、環境大臣政務官内閣府大臣政務官

大阪市会議員(5期)、自由民主党大阪市会議員団幹事長などを務めた[2][3]。元参議院議員柳本卓治は叔父[4]、父の柳本豊は元大阪市議。

来歴[編集]

大阪府大阪市西成区山王出身。大阪教育大学附属高等学校平野校舎京都大学法学部卒業。

1997年関西電力に入社したが、1999年9月大阪市会議員であった父の急死に伴う補欠選挙に出馬し、最年少の25歳で初当選。以後、連続5選[2]

自由民主党大阪府連では広報委員長、青年局長などを歴任。大阪市会では、文教経済委員長、運営理事などを歴任。

2013年から、自民党大阪市会議員団幹事長[2][3]2015年大阪市特別区設置住民投票では大阪都構想反対派の筆頭としてテレビ討論等に出演した(後述)[5]

2015年大阪市長選挙への出馬[編集]

2015年、同年投開票の大阪市長選への立候補を表明[6][7]。10月20日、自民党本部で安倍晋三首相党総裁)から推薦証を手渡された[8]。同月23日、大阪市会は柳本の辞職願を承認した[9]

これまでの選挙では自公が協力することが多かったが、柳本はこの選挙で公明党からの推薦を受けることはできなかった[10][11]。一方、民主党日本共産党は柳本を自主支援した[12][13]。また、関淳一(元大阪市長)、平松邦夫(元大阪市長)、安藤忠雄(建築家)、大平光代(元大阪市助役、弁護士)からも支持を取り付けた[14][15][16][17][18][19]

11月22日の投開票の結果、柳本は40万6595票を獲得したが大阪維新の会公認の吉村洋文に約19万票の大差をつけられ落選[20][21]。落選後の12月25日に自民党大阪市議団の政策アドバイザーに就任した[22]

大阪市長選挙への再出馬[編集]

2018年7月20日、翌年に予定されている第25回参議院議員通常選挙大阪府選挙区から立候補することが発表された[23]

2019年、大阪都構想を巡り吉村が大阪市長を辞職したことにより大阪市長選挙が行われることになり、柳本は参院選への公認を辞退した上で同市長選に出馬した[24]が、松井一郎に大差で敗れ、落選した[25]

同年6月11日には党大阪府連の国会議員ら有志が参院選への柳本の再公認を求める嘆願書を林幹雄幹事長代理に提出したが、林は太田房江との共倒れになる恐れがあるとして困難との認識を示し[26]、柳本は出馬しなかった。

第49回衆議院議員選挙への出馬[編集]

2020年9月1日、次期衆議院議員総選挙が大阪都構想の住民投票と同日選挙になった場合、公明党とすみ分けている小選挙区では住民投票の運動が出来なくなるとして、大阪3区から無所属での立候補を模索していると報じられた[27][28]が、衆議院は解散せず同日選は見送られた。

2021年10月5日、柳本は自民党本部を訪れ、第49回衆議院議員総選挙大阪3区から立候補する意向を伝えた。党側は自公の選挙協力に影響が出る懸念から柳本に対し立候補すれば除名処分になると伝え、翌年の参院選比例区に柳本を擁立する「対案」を提示したが、折り合わなかった[29]。しかし、同月16日には党本部から処遇について連絡があったとして、大阪3区からの立候補を断念し、自民党公認の比例近畿ブロック単独2位候補として立候補すると表明した[30]。選挙の結果、当選した[31]

それについて、大阪13区から出馬し、比例復活した宗清皇一[32]は、自身も含めて小選挙区と重複立候補した候補者が比例名簿上で柳本より下位の3位だったことについて「ああ言う処遇はよくない。みんなの気持ちを逆なでしている」、「(柳本と共に国政を進めることに関して)一緒にやっていけない」と発言した[33]

旧統一教会との関係[編集]

2022年8月15日、柳本は2017年4月と2022年3月、5月のあわせて3回、世界平和統一家庭連合(旧統一協会)が関係する団体が開いた会合に参加していたと明らかにし、「当時はこれらの会合が旧統一教会の関係団体が主催する会合との認識はなかった」「今後、当該の関係団体とは関係を持たない」などと述べた[34]。9月8日、自民党は旧統一協会と接点のあった柳本を含む議員121名の氏名を公表した[35]

大阪都構想に関して[編集]

  • 2015年2月11日MBSテレビニュース番組VOICE」に生出演し、橋下徹大阪市長と初めて直接の論戦を行う。番組の最後には、視聴者に向けて「大阪都構想は毒まんじゅうだと思っています。おいしそうに思われるかもしれませんが、毒まんじゅうを食べないでください」とメッセージを送った[36]。(その他の討論は、出演番組を参照。)
  • 2015年4月16日、「大阪市廃止・分割を考える会」において、「市全体から選べた市営住宅や保育所の選択の幅が狭まる」「財源が減り、敬老パス医療費助成など市独自の政策がなくなる恐れがある」などを挙げ、住民サービスが低下すると主張した[37]
  • 2015年5月17日夜、自民府連の幹部たちが住民投票反対多数のニュース速報に叫び声をあげる中、ただ1人、険しい表情を崩さなかったのは、「賛成に投票した人がこの光景を見たら、いい気持ちはしない。この戦いに勝者や敗者を作ることは好ましくない」という理由から[38]
  • 2015年5月17日、大阪都構想が否決された後に受けた取材において、「共産党と共闘し、自民党本部と考えのずれがあったか。」という質問に対し、「党本部には確かに理解しがたい状況があったのではと思う。ただ、地方議会は首長の提案に各会派が是々非々で対応している。」と答えた[39]

出演[編集]

テレビ[編集]

ほか

ラジオ[編集]

ほか

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 令和3年11月5日中央選挙管理会告示第28号(令和三年十月三十一日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b c プロフィール | 柳本顕オフィシャルサイト
  3. ^ a b 柳本 | 自由民主党 大阪市会議員団
  4. ^ 2015年9月6日のツイート
  5. ^ “大阪市長選に柳本顕氏出馬へ「自分が腹を決めるしかない」都構想反対派“旗頭”…橋下氏と渡り合い知名度アップ”. 産経新聞. (2015年8月25日). https://www.sankei.com/west/news/150825/wst1508250051-n1.html 2018年7月20日閲覧。 
  6. ^ 大阪市長選に柳本顕氏出馬へ「自分が腹を決めるしかない」都構想反対派“旗頭”…橋下氏と渡り合い知名度アップ 2015年8月25日 産経新聞
  7. ^ 大阪市長選、自民・柳本市議が立候補へ 反都構想の旗頭 2015年9月4日 朝日新聞
  8. ^ 首相、大阪ダブル選で推薦証 自民「一枚岩」強調 2015年10月20日 産経新聞
  9. ^ 【大阪ダブル選】大阪市議会 柳本氏の市議辞職承認 本会議では維新と自民が火花 2015年10月23日 産経新聞
  10. ^ “大阪ダブル選、公明は自主投票…維新と対決せず”. YOMIURI ONLINE. (2015年11月3日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20151103-OYT1T50063.html 2015年12月3日閲覧。 
  11. ^ “大阪ダブル選、自主投票の公明票どこへ 支援活動に制約”. 朝日新聞デジタル. (2015年11月20日). http://www.asahi.com/articles/ASHCM4T7LHCMPTIL00J.html 2015年12月3日閲覧。 
  12. ^ 産経新聞2015.10.6【大阪ダブル選】連合大阪、柳本氏の推薦決定 民主府連も実質支援
  13. ^ 産経新聞2015.10.3 共産党が自民党市議の柳本氏支援を決定 11月の大阪市長選
  14. ^ 関・元市長、自民推薦・柳本氏を応援へ 大阪市長選|朝日新聞 2015年11月8日
  15. ^ “【大阪ダブル選】関〝市政改革〟真の継承者は?…「我こそが!!」柳本氏、吉村氏はや火花 市長選8日告示”. 産経新聞. (2015年11月6日). https://www.sankei.com/article/20151106-MHUM6B4Y6BJUTODULD4XMYUCEI/ 2015年11月7日閲覧。 
  16. ^ “【大阪ダブル選】「あー」平松元市長ら厳しい表情で天を仰ぐ 柳本氏陣営”. 産経WEST. (2015年11月22日). https://www.sankei.com/article/20151122-HBEF5VRCSJO7PN724GPBNZWBLY/ 2015年12月3日閲覧。 
  17. ^ 「柳本あきら君を励ます会」第1部 柳本あきら記念講演”. 柳本あきらチャンネル (2015年10月26日). 2015年11月7日閲覧。
  18. ^ 元大阪市助役 大平光代さんから柳本あきらへの応援メッセージ”. 柳本あきらチャンネル (2015年11月19日). 2015年11月21日閲覧。
  19. ^ 大阪市元助役 大平光代さん 天神橋筋商店街で柳本あきらを応援”. 柳本あきらチャンネル (2015年11月21日). 2015年11月28日閲覧。
  20. ^ 大阪府・市のダブル選、大阪維新の会が完勝 都構想に再び道”. Jキャストニュース (2015年11月23日). 2015年11月23日閲覧。
  21. ^ 大阪ダブル選・維新2勝 自民系候補に大差|読売新聞 2015年11月23日
  22. ^ “自民大阪市議団:アドバイザーに柳本顕氏を選任 /大阪”. 毎日新聞. (2015年12月26日). https://mainichi.jp/articles/20151226/ddl/k27/010/377000c 2018年7月20日閲覧。 
  23. ^ “自民、参院選1次公認に56人=大阪で元市議擁立”. 時事通信. (2018年7月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072000898&g=pol 2018年7月20日閲覧。 
  24. ^ “自民、市長選に柳本氏擁立=大阪ダブル選の構図固まる”. 時事通信. (2019年3月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031401321&g=pol 2019年3月15日閲覧。 
  25. ^ 藤顕一郎、岡村崇、山下貴史 (2019年4月8日). “大阪ダブル選敗北 小西氏「共感してもらえず」、柳本氏「政治家として息絶えた」”. 産経新聞. 2019年4月8日閲覧。
  26. ^ “参院大阪、柳本氏擁立を嘆願=自民府連有志”. 時事ドットコム. (2019年6月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061100966&g=pol 2019年8月3日閲覧。 
  27. ^ “公明選挙区に自民大阪市議ら出馬検討 住民投票と同日実施なら”. 産経新聞. (2020年9月1日). https://www.sankei.com/west/news/200901/wst2009010026-n1.html 2020年9月23日閲覧。 
  28. ^ “再選択2020:都構想住民投票 「衆院同日」訴えに制約 制度案周知懸念も”. 毎日新聞. (2020年9月21日). https://mainichi.jp/articles/20200921/ddn/041/010/007000c 2020年9月30日閲覧。 
  29. ^ “公明現職に挑む自民元市議 大阪都構想での亀裂、立候補の要因に”. 朝日新聞. (2021年10月7日). https://www.asahi.com/articles/ASPB702HPP9YPTIL02T.html 2021年10月7日閲覧。 
  30. ^ 大阪3区、自公対決回避で決着 自民元市議・柳本氏、比例で出馬表明”. 朝日新聞 (2021年10月16日). 2021年10月16日閲覧。
  31. ^ NHK NEWS WEB 衆院選比例近畿 自民・新 柳本顕氏当確2021年11月1日閲覧。
  32. ^ 日本維新の会の躍進によって、大阪府内の小選挙区で自民党は全敗を喫しており、比例復活できたのも宗清と大阪19区から出馬した谷川とむのみであった。 (仮に柳本が出馬しなかった場合、同じ大阪府連所属で大阪7区から出馬した渡嘉敷奈緒美が比例復活可能であった。)
  33. ^ “衆院選小選挙区で全敗の大阪自民、新会長選び 立て直し急ぐ”. 読売新聞. (2021年12月5日). https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20211113-OYO1T50016/ 2022年5月13日閲覧。 
  34. ^ “柳本環境政務官 “旧統一教会関係団体の会合に3回参加””. NHK NEWS WEB. (2022年8月15日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220815/k10013772451000.html 2022年10月27日閲覧。 
  35. ^ 自民“旧統一教会と接点の国会議員は179人”うち121人氏名公表 | NHK | 旧統一教会”. web.archive.org (2022年9月8日). 2022年9月8日閲覧。
  36. ^ 柳本幹事長「大阪都構想は毒まんじゅう」2015年2月11日 日刊スポーツ
  37. ^ 「住民サービス低下する」都構想反対…野党も説明会 2015年4月21日 読売新聞
  38. ^ 【大阪都構想 戦いの後】(上)敗北の橋下氏「議員から辞表集めておけば…」と冗談も 引退会見の隣室は“修羅場”に2015年5月18日 産経ニュース
  39. ^ 都構想否決 一問一答 地に足付け全力 柳本自民党市議団幹事長 2015年5月19日 大阪日日新聞
  40. ^ 朝生 1月のテーマ・パネリスト
  41. ^ 橋下氏 都構想反対の前市長に対決要望 “11日にテレビ討論に応じた自民市議の柳本顕氏については「柳本さんとやって、有権者のためになった。すごい良かった」と語っていた。” 2015年2月12日 デイリースポーツ
  42. ^ 橋下市長、都構想熱弁 生放送後に“延長戦”を収録 2015年5月1日 日刊スポーツ
  43. ^ かんさい熱視線 2015年5月1日放送回 gooテレビ番組
  44. ^ 2015年5月15日(金) 維新・橋下氏×自民・柳本氏 大阪都構想“最終決戦” プライムニュース テキストアーカイブ
  45. ^ たね蒔きジャーナル | MBS1179公式 2012年4月
  46. ^ 報道するラジオ | MBS1179公式 2014年2月
  47. ^ 報道するラジオ | MBS1179公式 2015年5月
  48. ^ ラジオフォーラム 第127回「大阪都構想住民投票を振り返って」
  49. ^ モーニングライダー! 藤川貴央です | ラジオ大阪公式 2015年7月1日

外部リンク[編集]

公職
先代
中川康洋
穂坂泰
日本の旗 環境大臣政務官
国定勇人と共同

2022年 -
次代
­ 現職
先代
山田太郎
宮路拓馬
小寺裕雄
島村大
吉川有美
穂坂泰
中曽根康隆
宗清皇一
泉田裕彦
高橋はるみ
岩田和親
日本の旗 内閣府大臣政務官
尾崎正直
鈴木英敬
自見はなこ
中野英幸
本田顕子
長峯誠
里見隆治
西田昭二
木村次郎と共同

2022年 -
次代
現職