福祉乗車証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福祉乗車証(ふくしじょうしゃしょう)とは、地方公共団体がその区域内の住民のうち高齢者障害者等の一定の条件を有する者の社会参加を促し福祉を増進するために発行する、特定の区域あるいは事業者の鉄道バス等が利用可能な乗車証である。

多くは発行する団体の事務所等で申請した対象者の資格を確認して発行される。発行する団体や対象により乗車証の名称や様式、発行時や乗車時に別途料金を必要とするか否かには違いがある。

従来は定期券に類似した様式の紙式乗車証が多かったが、近年ではICカードの普及に伴い福祉乗車証にもICカードを導入する例が出てきている。また、はやかけんのように、福祉乗車券(高齢者用カード)・割引カード(通常のIC乗車券に割引設定をする)などと種類分けをする場合もある[1][2][3][4]

現在発行されている主な福祉乗車証[編集]

北海道地方[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州・沖縄地方[編集]

廃止された主な福祉乗車証[編集]

北海道地方[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 割引カードの登録時(または更新時)、福祉乗車券交付時(または更新時)に紙製の福祉割引証を提示する必要がある。
  2. ^ はやかけんの種類 福岡市交通局 - 2012年6月14日閲覧
  3. ^ 平成23年度福祉乗車券の交付について 福岡市 - 2012年6月14日閲覧
  4. ^ 割引対象区間を利用するがICカードを利用しなかったり乗越(例:割引のある福岡市地下鉄と条件によっては割引のないJR筑肥線相互間を姪浜駅で切符を区切って乗り通す場合)や割引設定のないICカードや現金で乗車などを行う場合は乗車(降車)時に福祉乗車証や各種手帳を駅係員やバス運転手に提示して現金やICカードで精算処理をする。