南海バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
南海バス株式会社
Nankai Bus Company, Limited
Nankai logo.png
U-RU2FSAB改.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
590-0972
大阪府堺市堺区竜神橋町1-2-11
設立 2001年(平成13年)5月23日
業種 陸運業
法人番号 4120001098852
事業内容 自動車運送事業、
土地・建物の賃貸 等
資本金 1億円
従業員数 600人(2004年9月1日現在)
799人(2017年3月31日現在)
主要株主 南海電気鉄道株式会社 100%
主要子会社 南海ウイングバス金岡株式会社
南海ウイングバス南部株式会社
外部リンク http://www.nankaibus.jp/
テンプレートを表示

南海バス株式会社(なんかいバス)は、南海電気鉄道自動車部より2001年10月に南海電気鉄道の100%子会社として分離し、発足したバス会社。

概要[編集]

営業エリアは大阪府南部で路線バス、特定輸送事業を担う。路線バスは主に大和川以南の南海電鉄阪堺電気軌道泉北高速鉄道JR阪和線大阪市高速電気軌道御堂筋線近鉄南大阪線の沿線を走るが、大阪市高速電気軌道四つ橋線住之江公園駅への乗入れ路線もある。一部路線では深夜バスも運行している[1]。かつては大阪市営地下鉄(当時)御堂筋線あびこ駅近鉄長野線富田林駅喜志駅にも乗り入れていた。

なお、南海沿線でも大阪市の大部分は大阪シティバス貝塚市水鉄バス北野田駅東部の一部区間は近鉄バスのエリアである。また、高石市では阪和線富木駅付近を通る路線はあるものの、高石市内には停留所はない。岬町の路線はコミュニティバス(当初は中日臨海バス、その後大新東を経て現在は有田交通に運行委託)となり、撤退している。

南海各線沿線、泉北高速鉄道沿線および阪和線沿線より高速バス河内長野駅金剛駅泉ヶ丘駅から関西国際空港への空港リムジンバスを運行。また、大阪駅難波駅より南海高野線沿線及び泉北高速鉄道沿線、中百舌鳥駅から泉北高速鉄道沿線への深夜急行バスも運行。

2008年4月より、深夜バス「関西空港 - 泉佐野駅日根野線」の運行を開始(上記の深夜バスとは異なる)。

子会社として南海ウイングバス金岡南海ウイングバス南部がある。これ以外での南海グループのバス会社(和歌山・徳島県内の会社)は南海電鉄の子会社であり、南海バスとは兄弟会社の関係である。

観光バス部門は別途分社化(南海観光バス)していたが、2003年にクリスタル(現ラディアホールディングス・プレミア)に和歌山南海観光バスと共に売却され、クリスタル観光バスの大阪営業所となった。それも更に2007年には大阪バス(旧大阪西鉄観光バス)に買収され、近畿観光バスの大阪営業所になっている。尚、現在もNANKAIのロゴを付けて運行している観光バスが見られるが、それは御坊南海バス[2]の所属車である。

また2007年4月より、大阪市交通局大阪シティバス井高野営業所管理受託をしている。

  • 営業キロ程: 2,632.28km(一般乗合・高速バス・リムジンバス含む)
  • 車両数: 477両
  • 従業員数: 799名
  • 本社所在地: 大阪府堺市堺区竜神橋町1-2-11

一般バス路線[編集]

運行路線については後述(営業所の項を参照)。

一般バス路線での運賃の支払いは現金のほか、磁気式プリペイドカードや交通系ICカードの利用が可能である。

磁気式プリペイドカードについては、自社(およびウイングバス各社)専用のなんかいバスカード[3]が発行されていたが、2016年10月末日をもって企画乗車券カード・特定路線用回数券カード・小児運賃用キッズカード以外のバスカードの販売を終了した(販売終了前に購入したバスカードは2018年2月1日現在利用可能)。なお、2018年1月31日まではスルッとKANSAI対応カードの利用ができた[4]

交通系ICカードについては、2013年度から2015年度の3年間でPiTaPaを導入した。

導入にあわせて、他の主要な交通系ICカードの全国相互利用サービスにも対応した。また、阪堺電気軌道との間でICカード利用による乗継ぎ割引を実施している[10][11]

また2016年10月1日より、前記なんかいバスカードの代替として、自社(およびウイングバス各社)専用のIC乗車カード「なっち」を導入した。[12]

一般路線バスの運行状況については2017年4月1日から株式会社リオス製のバスロケーションシステム[13]が導入され、スマートフォンのアプリやパソコンで運行状況や現在の車両の位置を知ることができるようになった[14]。当初は南海バスおよび南海ウイングバス金岡のみの対応であったが、同年12月1日から南海ウイングバス南部にも導入された。

過去に運行されていた主な路線[編集]

休止・廃止された路線[編集]

  • USJ直通バス (なんば、堺、泉北から運行)
  • 堺東駅前・堺駅前 - 天保山・南港コスモスクエア線
2011年9月1日より堺東駅前・堺駅前 -南港ATC線(堺南港線)として復活。
  • 父鬼線
  • 泉大津駅前 - 横山高校前 - 天野山 - サイクルセンター
泉大津駅前 - 横山高校前の区間は父鬼線31・33系統などが運行され、横山高校前以遠は天野山線(天野山で乗り換え)のバスが運行されている。
  • 泉大津駅前 - 横山高校前 - 槙尾山口 - 槙尾山
槙尾山口以遠はオレンジバス(南海ウイングバス南部による運行)になった。また、和泉中央駅 - 城前橋の区間は路線維持バスに移行した。
  • 父鬼光明池線
  • 光明池駅 - 納花・和泉青葉台・槙尾山口・父鬼
和泉中央駅開業後もしばらくの間は運行が続けられたが、現在は父鬼線(泉大津駅前や和泉中央駅発着の系統)に統合され、廃止となった。但し、光明池駅 - 横山高校前の区間は天野山線(1系統・河内長野駅前発着)が現在も運行されている。
  • 春木川線
  • 和泉府中車庫前 - 和泉市役所前 - 箕形 - 川中道 - 石尾山 - 和田南
和泉市中部で、父鬼線と春木川線を結ぶルートになっていたが廃止。その後、緑ヶ丘団地線が光明池駅発着で設定され、春木川線との接続点が川中道から内田上となった。その後、和泉中央駅開業に伴う路線改編で光明池駅 - 石尾山の区間は廃止となり、和泉中央駅発着となった。
  • 路線名不明
  • 和泉上町 - 和泉市役所前 - 東岸和田 - 岸和田駅前
和泉上町 - 東岸和田の区間は阪和線と平行する府道30号線(大阪和泉泉南線)を運行していた。なお、現在は和泉上町停留所は廃止されており、北信太駅前 - 和泉府中駅前の区間が鶴山台団地線(61系統)として運行されている。

高速バス路線[編集]

近年は首都圏の主要都市(立川、藤沢など)を中心に夜行高速バスが増設されている。新設された路線の中には、OCAT<湊町バスターミナル>の他、、京都市と京都南部からの利用客を取り込む目的で、、高速京田辺京都駅八条口」(南海バスの高速バスは京都府内においてはこの2停留所を拠点としている)、さらに2012年7月から随時「大阪駅前(桜橋口 アルビ前)」を立ち寄るようになっている。南海なんば駅<なんば高速バスターミナル>発着便であっても堺営業所へ回送で出入りしている。[15]

一部の時刻表や案内においてサザンクロス号、あるいはサザンクロスという愛称で案内されている。車体にもSOUTHERN CROSS のロゴが記載されている。関西地区では阪神バスが運行する「サラダエクスプレス」等事業者で愛称を統一するケースが多く、共同運行の殆どの路線は共同運行相手と異なる愛称を名乗ったり愛称がない路線も存在する。

〔 〕内は共同運行会社。

夜行高速バス[編集]

線名は、南海バス公式ホームページの時刻表の表示にあわせている。

※湯田中発はなんば出発後は神戸三宮を経由してUSJに向かう。
  • 長岡線(堺・なんば・大阪駅・京都駅 - 柏崎・長岡・三条) 〔越後交通
  • 山形線(なんば・大阪駅・京都駅 - 鶴岡・酒田) 〔庄内交通
※酒田発はUSJまで運行。

以上の路線は、

  • 東京線(和歌山・和泉中央・湊町バスターミナル(OCAT)・なんば高速バスターミナル・京田辺 - バスタ新宿・東京駅・新木場) 〔御坊南海バス
※新木場行きのみ池尻大橋駅に停車する。

昼行高速バス[編集]

  • 大阪 - 鳴門・徳島阪急バス阪神バス徳島バス
    • 愛称は運行会社別に名乗っており、南海バスはサザンクロス
    • 明石海峡大橋開通前は、阪神、南海、徳島バスの三社運行であり、大磯港-淡路フェリーボート(現在は廃止)にバスごと乗り込んでいた。

他社運行便[編集]

なんば高速バスターミナルに乗り入れる他社運行便についての案内(リンク)が南海バスの高速バスホームページに掲載されている。

  • 予約・発券の取扱あり
当初は南海バスとの共同運行便であったが、高松エクスプレスによる単独運行に移行後も大阪側の予約・発券業務を担当している。
  • 予約・発券の取扱なし
  • 大阪 - 岡山・倉敷・玉野 「リョービエクスプレス(Ryobi Express)」 〔両備バス〕(昼行)
当初は南海バスとの共同運行便であったが、その後両備バスによる単独運行に移行後、現在は吉備エクスプレス大阪号(西日本ジェイアールバス等)との共同運行となっている。
※公式サイトには西日本ジェイアールバスの予約センターの案内が記載されている。
  • 大阪 - 阿南・室戸 「エディ(EDDY)」 〔徳島バス〕(昼行)

過去に運行されていた路線[編集]

共同運行から撤退した路線[編集]

  • 現在も他社により運行が継続されている路線
  • 2002年8月1日運行開始。2017年3月31日の運行をもって共同運行から撤退した。
  • 本路線のみ、原則としてサザンクロスカラーの車両は用いられておらず、ソラエカラーの限定運用だったが、2010年9月2日より国分寺バスターミナルで夜間滞泊する2往復はサザンクロスカラーに置き換えられた。
  • 2012年11月1日より「大阪駅前(桜橋口 アルビ前)」停留所に乗り入れている(ただし上り初発便は除く)。
  • 2013年8月21日より南海バス運行便の2往復が3列シート車となった[18]
両備バスの単独運行になったのち、現在は吉備エクスプレス大阪号との共同運行となり、西日本ジェイアールバスおよび中国ジェイアールバス、下津井電鉄も運行に参加している。但し2017年12月1日現在、なんば高速バスターミナルへの乗入れは両備バスの便のみとなっている(ジェイアールバスおよび下津井電鉄の便は一部を除き湊町バスターミナルに、両備バスの一部便は大阪駅にそれぞれ乗り入れている)。また、2007年9月に堺東駅への乗入れは廃止となっている。
  • 和歌山・泉佐野 - 西船橋・TDL (サザンクロス号) 〔京成電鉄
現在は和歌山バス成田空港交通へそれぞれ路線移管、サウスウェーブ号として運行。泉佐野駅には停車しなくなり、泉ヶ丘駅・堺東駅・堺駅に停車する。
  • 共同運行から撤退の後に休廃止となった路線
  • 堺・なんば - 鹿児島 (サザンクロス号) 〔林田バス〕 <近鉄バス・鹿児島交通(ともに1994年より)>
元々は堺市を起終点とした林田バス(当時は林田産業交通)との2社共同運行路線であった。
1994年に近畿日本鉄道(現在の近鉄バス)・鹿児島交通(のちの南九州バスネットワーク)陣営のトロピカル号と統合され、なんば起終点に変更された[19]。4社共同運行時代の愛称は南海・林田がサザンクロス号だったのに対し、近鉄はトロピカル号、鹿児島交通はトロピカルライナーと会社によって呼び方が違っていた。
1999年に南海バス・林田バスが運行から撤退し、のちに大阪市内の運行ルートも一部変更され、2006年に南九州バスネットワークの会社解散に伴い運行を撤退した事により、以降は近鉄バス1社で単独運行していたが、2016年9月末を以って運行休止。

休止・廃止された路線[編集]

昼行便・夜行便の両方とも存在していたが廃止となった。
その後、阪急バスと富山地方鉄道により 梅田・新大阪・京都駅 - 砺波・高岡・富山間で路線再開。(2003年12月24日運行開始)
  • なんば - 志賀高原 (サザンクロス号、ナガデンエクスプレス) 〔長野電鉄
一旦廃止となり、その後長野県側の始発・終着地を湯田中に変更して運行が再開された。
西日本ジェイアールバス、ジェイアール四国バスと共同運行、JR側の愛称:どっきん松山号。なお、南海側の車両にも先頭のサンバイザー付近に「どっきん松山号」の表示あり。1998年に一旦廃止されたが、2003年に松山エクスプレス大阪号として運行再開。南海バスは共同運行に参入せず。
一旦廃止されたが現在は阪急バスと共同運行で 梅田 - 福井間に路線再開。(2007年12月22日運行開始)
この路線の廃止から10年後において、全く異なる形ではあるが西日本JRバス、JR九州バスとで JR難波駅・大阪駅 - 博多駅バスセンター間で山陽道昼特急博多号として運行されていたが、こちらも2011年3月末をもって運行休止となった。
2013年8月9日廃止(同年8月8日発の便まで運行)
南海高速バスの参入初期の路線のひとつであったが、 2013年10月1日より路線休止[20]
  • 以下の2路線は統合され、御坊南海バスとの共同運行便「サザンクロス和歌山号(東京線)」となっている。
  • 和歌山 - 渋谷 (サザンクロス号) 〔東急バス
東急側の愛称はミルキーウェイ号。南海電鉄(当時)が高速バスに参入したときの初路線である。東急バスが撤退後は東京駅発着に変更し、ジェイアールバス関東(ドリーム和歌山号)と共同運行となった。その後大阪側も運行会社が南海バスから南海ウイングバス南部に移管され、現在はジェイアールバス関東が撤退。ドリームなんば・堺号を統合し、現在の東京線となっている。
当初はドリーム堺号(堺 - 新宿・東京)とドリームなんば号(なんば高速バスターミナル - 東京)が西日本ジェイアールバスおよびジェイアールバス関東と共同で運行されていたが、その後両路線は統合された。
2016年12月11日をもって路線廃止。南海ウイングバス南部・御坊南海バス共同運行のサザンクロス和歌山号に事実上統合された形になっている(現在、堺市内での乗降扱いはない)。

リムジンバス[編集]

自社単独運行路線[編集]

  • 河内長野駅・金剛駅・泉北ニュータウン・和泉中央駅 - 関西国際空港
    愛称は「Sorae」。関西空港の開港にあわせ、関西空港・泉ヶ丘駅間で運行を開始した。その後金剛駅への一部便の延伸や河内長野駅への乗入れを開始し、一部路線では経路・経由地の追加・変更等も行われ、現在に至る。
    なお、当路線では2016年9月1日よりPitapa(他の主要な交通系ICカードの全国相互利用サービスにも対応)が導入され、その後「なっち」も利用可能となった[21]

他社との共同運行路線[編集]

これらの路線についての案内は関西空港交通の公式ホームページに掲載されている。

過去に運行されていた路線[編集]

共同運行から撤退した路線[編集]

  • 現在も他社により運行が継続されている路線
いずれも撤退時期は不明であるが、2014年2月現在は南海バスも運行に参加していた[22]

休止・廃止された路線[編集]

2006年5月10日廃止 (同年5月9日まで運行)
2015年3月31日廃止
  • 関西国際空港 - 中もず・堺東・堺(一部便はりんくうタウン駅経由)
2010年10月運行開始・2015年8月31日廃止

深夜急行バスその他[編集]

深夜急行バス[編集]

休止・廃止された路線[編集]

2008年1月15日に廃止された(運行は同年1月11日まで)が、2009年12月1日に一部経路を変更、美加の台駅・林間田園都市駅まで延長し復活。

定期観光バス[編集]

  • OSAKA WONDER LOOP(運行を受託[25]

コミュニティバス路線[編集]

運行路線[編集]

廃止路線[編集]

営業所[編集]

  • 堺営業所
    • 所 在 地 - 大阪府堺市堺区戎島町4丁1番地(最寄停留所 堺駅前、堺駅西口、堺駅南口、戎島)
    • 担当路線
      北回り、中回り、南回り、堺・大小路線(堺シャトルバス)、堺匠町線、住之江匠町線、堺東住之江線、Jグリーン堺線、松屋線、臨港6区線、布忍線、堺東・鳳線、堺南港線、新金岡団地線、河内天美線、野遠・北野田線(堺駅南口 - 新金岡駅前)、金岡線、初芝線、北花田線、高速バス各線、深夜急行線
  • 東山営業所 - 南海ウイングバス金岡に管理委託(同社本社も所在)
    • 所 在 地 - 堺市中区東山803番地(最寄停留所 東山車庫前)
    • 担当路線
      田園線、堺東・泉ヶ丘線、北野田・鳳線(北野田駅前-西区役所前・東山車庫前・深井駅)、津久野線、堺東・鳳西町線、東山・泉ヶ丘線、野遠・北野田線(新金岡駅前 - 北野田駅前)、北野田線、美原・金岡線、美原・初芝線、北野田・多治井線(※近鉄バス松原営業所と共同運行)、堺市立総合医療センター線
  • 泉北営業所
    • 所 在 地 - 堺市南区桃山台一丁23番2号(最寄停留所 桃山台口)
    • 担当路線
      泉北泉ヶ丘地区線、畑・鉢ヶ峯線、狭山ニュータウン線、金剛団地線、金剛東団地線、泉北栂地区線、泉ヶ丘・ハーベストの丘線

以上、堺ナンバー。2006年10月6日以前の登録は和泉ナンバー。

  • 光明池営業所
    • 所 在 地 - 和泉市光明台一丁目39番地 (最寄停留所 光明池車庫)
    • 担当路線
      テクノステージ線、和泉中央線、緑ヶ丘団地線、美木多線、堺東・光明池線、泉北光明池地区線、泉大津光明池線、父鬼線、春木川線、鶴山台団地線[28]、はつが野線、エアポートリムジン(泉北・河内長野空港線
  • 河内長野営業所
    • 所 在 地 - 河内長野市錦町25番10号 (最寄停留所 長野車庫)
    • 担当路線
      天野山線、高向線、南青葉台線、河内長野庁舎線、美加の台団地線、岩湧線、小深線、小吹台団地線、小山田線、清見台団地線、千代田線、荘園町線、緑ヶ丘線、南花台・南ヶ丘線、南花台・大矢船西町線、加塩・南ヶ丘線、加塩・大矢船西町線、加塩・南花台循環、河内長野・泉ヶ丘線、河内長野・狭山ニュータウン線

以上、和泉ナンバー

  • 井高野営業所 (大阪シティバス井高野営業所
    • 所在地: 大阪市東淀川区井高野四丁目3番59号
    • 大阪シティバスの受託運行を担当。
    • 南海バス登録車両はない。

廃止営業所[編集]

  • 堺営業所金岡車庫 - 南海ウイングバス金岡に管理委託。2013年8月31日をもって廃止。堺ナンバー。
    • 所 在 地 - 堺市北区新金岡町五丁1番3号(最寄停留所 北区役所前・地下鉄新金岡駅前
    • 担当路線
      布忍線、新金岡団地線、河内天美線、金岡線、野遠・北野田線、初芝線、北花田線、美原・金岡線、美原・初芝線

案内所など[編集]

車両[編集]

日野自動車製が過半数を占め、次いで三菱ふそう製が多く、これに少数の日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)製が加わる構成。各社とも西日本車体工業製の車両が在籍する。過去にはいすゞ製も極めて少数配備されていたが一旦配属が無くなった。その後2010年にCNGエンジン車(エルガ)を2台購入したことでいすゞ車も復活した[29]。2016年には、はとバスでの運用を終えたバンホール・アストロメガを譲り受けた。近年は大型車よりは中型車の比率の方が高くなってきている。

一般路線車[編集]

一般路線車は製造年次や使用路線などにより様々なバリエーションがある。一般的な2ドア(ノンステップ・ワンステップは前-中扉、ツーステップは前-後扉)のほか、かつては関西空港内でのシャトルバスや河内長野市内での路線に一部3ドア車が在籍し、3ドア車の場合、ツーステップ車が一般的な時代は中扉を、現在では後扉を平時は締め切りにして運行していることが多かったが、現在では3扉車は姿を消した。初期に導入されたノンステップバスにも3ドア車が在籍していた。側面窓も導入時期により様々で、メトロ窓、逆T字窓、上下2段窓とある。後述のシャトルバス・コミュニティバス以外はLED幕装着のワンステップバス(一部ノンステップバスあり)にほぼ統一されている[30]。近年では堺営業所を中心に天然ガス車のノンステップバスが導入されつつある。

同社路線バスでも特徴的なのが、シャトルバス・コミュニティバス用の車両といえよう。「堺シャトル」(堺駅 - 堺東駅)には、ハイバックシート・固定窓・観光タイプ前構を持った専用の日野・レインボーHRが運用されてきたが、2016年3月に日野・ブルーリボンハイブリッドに置き換えられた。この車両は全国でも初となるフルカラー・フルドットタイプのLED表示器を搭載している。これ以前にも、観光タイプの前面を使った日野レインボーRJが導入されていた他、増備車に一台だけ路線タイプの前面を持つ同車種が配備されていた。先代の車両のうち、基本車両はワッショイ2000用輸送に使用後、一部が南海りんかんバスに転属した後早期に廃車となったが、増備車は東山営業所→泉北営業所と転属し、近年まで一般路線用として活躍を続けた。この車両は(若干デザインは違うが)大阪府下最後のNカラー塗装一般車両であった。

泉ヶ丘駅 - 近畿大学病院 - 金剛駅を結ぶ「泉北コミュニティバス」(一般に言われるコミュニティバスとは異なる)には、堺シャトル同様ハイバックシート・固定窓を採用した専用のブルーリボンIIノンステップバスが使用される。この車両以前は、三菱ふそう・エアロスターノーステップ車が使われていた。

また、かつて運行されていた堺東駅 - 西区役所前間の「鳳シャトル」には、運転開始当初ワンステップバスが使われたが、2003年にはノンステップバス(いずれも日野・ブルーリボンシリーズ)への置き換えがなされた。2006年には南海バスでは初のハイブリッドバスが導入された。元鳳シャトル用のワンステップバスは、空港営業所→南海ウイングバス南部泉南営業所→南海りんかんバスと転属し、現在は一部の車両が南海りんかんバスに残るほかは売却された。

いずれもオリジナルの塗装が採用されており、堺シャトルは金色に異人のイラストが描かれている。また泉北コミュニティバスは赤、青、黄、緑の四色が存在する。かつて運行されていた鳳シャトルの車両は青、赤、黄の三色が存在し、鳳シャトルの運行が終了した現在でもそのままの色で光明池営業所や堺営業所管内の一般路線に充当されている。

堺南港線は一般路線に分類されているが、路線経路に阪神高速湾岸線を含む関係上、車両のみ高速・空港路線車が使われる。本事象は道路交通法(高速道路走行中は乗客もシートベルト着用義務が発生する)に準拠するための措置で、標準車両の乗客用シートにシートベルトを装着した車両を持たない南海バスとしては、やむを得ない措置と言えよう。なお後述するが、現南港線開通前に土日のみ運行していた旧南港線では、専用カラーに身を包んだワンロマ仕様・ハイパックシートの一般路線車を使用しており、後年同路線が運休すると、一般塗装に変更の上、一般路線車や深夜バスに使用された。この車両は排気ガス規制により引退し、現存しない。2012年度の新型車両ではワンロマ仕様のワンステップバスが増備され、2011年に復活した堺南港ATC線での運用にも就いている。

標準的車両の塗装は、白に赤とオレンジのカーブラインを裾に描いたデザインで、南海電鉄がCIを導入した1990年代に採用された。なおノンステップバスの場合は車体前面・側面・後面にそれぞれ青字の「Non-Step」のロゴが、ワンステップバスには前面オレンジ帯部分に「ワンステップBus」の白抜きのロゴが、アイドリングストップ車は後面と乗り口部分に小型のロゴがそれぞれ掲載される[31]

それ以前は、車体に大きくオレンジと赤の「N」のイニシャルが入ったデザインだった。さらに前は当時の南海電車の塗装と同じ緑を基調としたデザインであった[32]

車内の座席は以前は旧塗装時代はグレーに赤・青のストライプが入った座席[33]であったが、後に濃いグレーに黒のチェック柄へと変貌し、更に表示装置がLED化した車両より現行の青地にカラフルな模様の入ったモケットに変わっている。

系統番号制導入以後、行き先方向幕装備車は、乗り継ぎ制度を導入している路線[34]の方向幕を青地白抜き、それ以外の路線を白地青文字で表示している。しかし現在では大半を占めるLED車では両者の区別が無くなっている。また最近では鳳シャトル車と堺シャトル車を中心にフルカラーLEDも導入されつつある。

過去は堺・東山・河内長野・空港の各営業所と南海ウイングバス南部・金岡の担当営業所は日野車、泉北・光明池営業所は三菱車と車両のメーカーが営業所によって住み分けられていたが、近年は全ての営業所に両社の車両が存在している。

特に日野車には特殊仕様の車両が数多く存在し、前述のシャトルバス用の他、3扉タイプ2ステップ・ノンステップのブルーリボン、後部にクーラーを増設し外観が多少変更されたレインボー、かつて存在した南港線用にハイバックシートを搭載したワンロマ仕様のブルーリボン、シートベルトを搭載し座席を増やした準ワンロマ仕様のブルーリボンシティ、自家用として購入した2ステップのブルーリボンII、いすゞ・エルガに準じたCNGエンジンのブルーリボンII(これとは別に既製品であるいすゞ車も導入)などが存在する。

小型車には、いすゞ・ジャーニーQが堺営業所に存在していたが、1996年以降日野・リエッセによって置き換えられ、廃車となった。また、淡路交通から購入したいすゞ・キュービックが一時在籍していたが、これも近年廃車が進行し、これの全廃を持って一時期南海からいすゞ車は姿を消していたが、2015年頃より空港営業所にノンステップのエルガが配備されつつある(それ以前にもCNG車やワンロマ車に限りいすゞ車が導入されていた)。日産ディーゼル製の小型車も存在するが、現在では特殊用途にのみ使用されている。

90年代はシャトルバスの他、河内長野・泉北両営業所で3扉車が購入されるなどしたが、一般路線では淡路交通や京阪バスから中古車両を購入して一時を凌ぐなど、一部の車両を除いて車両更新には消極的であった。しかし、バリアフリー法や大阪府下での排気ガス規制の施行に伴い旧型のバスの廃車せざるを得なくなったことから、2002年頃より新型のバスを相次いで購入し、府下全体(子会社を含む)で現在までに700台もの車両の置き換えを行っている。

自治体のコミュニティバスは、それぞれの都市によって異なる。基本的には担当営業所に関わらず日野車の小型車が配属されているが、泉北エリアでは三菱製の小型車も存在するが日野車に置き換えられつつある。

廃車車両の譲渡[編集]

同社は2003年以降、大阪府内全域が排出ガス規制強化地域「大阪府生活環境の保全等に関する条例」に指定されたことなどから、おおむね12年程度で更新している。そのため、同社で役目を終えた車両は全国の地方事業者に譲渡されている。

おもな譲渡先は、塗装を変更しない場合は南海りんかんバス御坊南海バスへ、塗装を変更した場合は和歌山バス和歌山バス那賀熊野交通の和歌山県内の南海グループ各社ほか、帝産湖南交通ジェイアール四国バス中国ジェイアールバス熊本電気鉄道九州産交バス東陽バス日立電鉄交通サービス北海道中央バス(ワンステップ車のみ)などのグループ外の事業者にも大量に譲渡されている。また、一部の車両はミャンマーなど国外にも輸出されている。

高速・空港路線車[編集]

高速路線車は、「サザンクロス」の愛称を持つ。一般路線用では旧塗装といえる「N」のイニシャルが入ったデザインで、「SOUTHERN CROSS」のロゴと南十字星のマークが描かれる。こちらのバスは夜行高速バスと昼行の徳島便の一部に使われている。なおドリームなんば・堺号専用の車両としてダブルデッカーも存在する。

空港路線車には、「Sorae(ソラエ)」という愛称を付けた、白と青の濃淡をまとったデザインが用意される。一部は昼行高速(高松便と徳島便の一部)に用いられるほか、Soraeのロゴが入らないもの、また一般路線車の中にも空港路線塗装を施したものがある。関西空港開港当初は、多客期などに「サザンクロス」車両や一般路線車と同じ塗装の車両が運行されることもあった。

「Sorae」及び四国線昼行車の車両は日野・三菱・日産ディーゼルの車両が万遍なく配置されているのに対し、「サザンクロス」車両は90年代以降三菱車のみの導入が続き、2007年に日野・セレガが導入されるまでの数年間は、全ての車両が三菱製に統一されていた。

このほか、空港内での輸送用にはラッピングバスなども在籍している。

深夜急行路線車[編集]

なっち[編集]

2016年10月1日、乗車カードとしてICカード「なっち」が導入された。

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに他社の深夜バスの設定は基本的に23:00以降に始発停留所を発車する便の場合が多いが、南海バスでは23:31以降となっている。
  2. ^ 和歌山県内のほか、大阪府岸和田市木材町に営業所がある
  3. ^ 南海バス|なんかいバスカード
  4. ^ 南海バス|スルッとKANSAIカードの利用を終了します
  5. ^ 南海バス東山営業所管内 路線図 運賃表 61・特61系統初芝駅前-平尾線 53・特53系統中もず駅前-平尾(南海ウイングバス金岡)東山営業所内の、南海ウイングバス金岡でも利用可能
  6. ^ 平成26年春より堺営業所・東山営業所・南海ウイングバス金岡管内にてICカードシステムを導入いたします (PDF, 南海バス2013年11月22日)
  7. ^ 平成26年4月1日よりICカードがご利用頂けます(堺・東山) 南海バス 2014年3月10日
  8. ^ 南海バス|平成27年4月1日よりIC対応地域を拡大いたします 2015年2月24日
  9. ^ 南海バス|ICカードシステムの三次導入について 2015年3月16日
  10. ^ 交通系ICカード|阪堺電気軌道株式会社
  11. ^ 阪堺線の取組みについて - 堺市[リンク切れ]
  12. ^ 南海バス|なっち - 南海バスにピッとタッチで楽々乗車♪プリペイド式ICカード
  13. ^ お知らせ - 株式会社リオス
  14. ^ バスロケーションシステムご利用ガイドブック (PDF)
  15. ^ 立川なお 山陽バスは神戸が地元であるため 堺営業所への出入りはない 長野・湯田中線は 三宮バスターミナルへ 堺営業所⇒回送されており 神戸着後 長電バスも同様に 堺営業所へ回送されている
  16. ^ 元々この路線は南海が従来より堺・大阪・京都 - 立川線として運行していたが、2010年5月に山陽バスとシティバス立川との共同運行路線であった神戸 - 立川線と統合する形でこの時期に撤退したシティバス立川に代わる形で運行に参入することになったもの(立川側の予約・運行支援はシティバス立川がおこなう)。愛称は、山陽バスは「レッツ号」として現在でも用いており、シティバス立川では「シャルム号」という名称を用いていたが、南海では特に愛称を用いていない。
  17. ^ 路線からさがす|高速バス|京阪バス株式会社
  18. ^ 高速バス「大阪~高松線」3列シート車導入のお知らせ(大阪⇔高松・国分寺)(PDFファイル) - 南海バス
  19. ^ この他に阪急バス南国交通陣営のさつま号もあり3路線が競合していた。
  20. ^ 『佐世保・ハウステンボス~大阪線』の路線休止について - 南海バス
  21. ^ 「関西空港~泉北・河内長野線」でのICカード対応について(平成28年11月1日追記)
  22. ^ 消費税率引き上げに伴うリムジンバス運賃の改定について (PDF)
  23. ^ 新規リムジンバス路線「関西空港~津山線」の開業について (PDF)
  24. ^ リムジンバス「関西空港~名古屋線」の開業について (PDF)
  25. ^ 企業情報 - One Osakaループバス推進機構
  26. ^ お出かけ応援バス制度(堺市HP)
  27. ^ a b 堺市HPでのふれあいバス廃止の告知 Archived 2013年9月20日, at the Wayback Machine.
  28. ^ 但しこの路線は同団地内では一方通行に限定されているため、河内長野営業所管轄の「美加の台団地線」のような両方向循環は存在しない。
  29. ^ バスラマ・インターナショナルNo.121(ぽると出版2010年8月25日発行) ISBN 4-89980-121-1 P.4より。ただし、統合車種の日野・ブルーリボンIIは導入されている。
  30. ^ 但し一部の営業所では日野・リエッセが定期運用が行われているところもある。
  31. ^ なお、初期のノンステップバスはゴシック書体の「ノンステップバス」の白抜き文字のみが現在のワンステップバスロゴと同じ部分に、ワンステップバスのうち行き先表示が幕のまま導入された車両にはロゴが存在しないものがいたが、何れも後の車両と同じロゴが追加された。
  32. ^ 何れのデザインも南海りんかんバスに現在も存在し、御坊南海バス和歌山バスのシャトルバスは、旧塗装をモデルとした塗装である。
  33. ^ このタイプの座席は南海りんかんバスに現在も存在する。
  34. ^ かつて同一路線として運行されていた系統が分割されたものが多い。

関連項目[編集]

南海バスとは別に、南海電鉄から分離された会社。特に和歌山県内では南海系のバス会社が多い。
当初から南海電鉄の子会社である南海白浜急行バスの解体に伴い誕生した会社。かつて南海バスが電鉄の自動車部門だった時代(南海電鉄バス)に「南海バス」を名乗っていた時期がある。
南海電鉄と1961年に資本提携した徳島バスの系統。現在は南海の関連会社を経て子会社となっている。
上記理由とは異なる理由で子会社となっている事業者
その他の事業者

外部リンク[編集]