新金岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新金岡駅
2号出入口
2号出入口
しんかなおか
Shinkanaoka
M28 北花田 (1.6km)
(1.5km) なかもず M30
所在地 大阪府堺市北区新金岡町一丁7番2号
駅番号  M29 
所属事業者 大阪市交通局Osaka Metro Logo.svg大阪市営地下鉄
所属路線 M 御堂筋線
キロ程 23.0km(江坂起点)
千里中央から28.9km
駅構造 地下駅
ホーム 島式1面2線
乗車人員
-統計年度-
10,860人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
21,446人/日
-2015年-
開業年月日 1987年(昭和62年)4月18日[1]
テンプレートを表示

新金岡駅(しんかなおかえき)は、大阪府堺市北区新金岡町一丁にある大阪市営地下鉄御堂筋線駅番号M29。区役所や医療施設などの公共施設が集積している北区の拠点。

駅構造[編集]

島式1面2線の地下駅である。改札口は1ヶ所のみ。この駅から中百舌鳥検車場へ直接続く引込線がある関係で、ラッシュの時間帯の前後に新金岡駅始発および終着の列車がある。

ホーム
中百舌鳥検車場への引き込み線が分岐

当駅は、天王寺管区駅に所属しており、駅長が配置され、当駅と北花田駅を管轄している。

のりば[編集]

新金岡駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 M 御堂筋線 なかもず行き
2 なんば梅田千里中央方面

利用状況[編集]

2015年11月17日の1日乗降人員21,446人(乗車人員:10,860人、降車人員:10,586人)である[2]。御堂筋線の駅では最も乗降人員が少ない。

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1987年 11月10日 8,872 8,734 17,606
1990年 11月06日 9,871 9,386 19,257
1995年 02月15日 10,095 9,630 19,725
1998年 11月10日 9,591 9,482 19,073
2007年 11月13日 10,150 9,958 20,108
2008年 11月11日 10,216 10,016 20,232
2009年 11月10日 10,378 10,166 20,544
2010年 11月09日 10,074 9,800 19,874
2011年 11月08日 10,394 10,197 20,591
2012年 11月13日 10,089 9,977 20,066
2013年 11月19日 10,489 10,237 20,726
2014年 11月11日 10,609 10,492 21,101
2015年 11月17日 10,860 10,586 21,446

駅周辺[編集]

公共施設[編集]

学校[編集]

商業施設[編集]

医療施設[編集]

金融機関[編集]

その他[編集]

バス[編集]

南海バス

(地下鉄新金岡駅前バス停)

<1番乗り場>

  • 35・特35系統:労災病院前・三国ヶ丘駅前経由 堺駅南口行き(毎時2本)
    • 平日日中は35-1、特35-1系統となり、近畿中央胸部疾患センター前も経由

<2番乗り場>

(しもつ池バス停 大阪府道2号大阪中央環状線沿い)

<東行>

<西行>

  • 15系統:労災病院前、三国ヶ丘駅前経由 堺東駅前行き
しもつ池には35・35-1・特35・特35-1系統も停車。
堺市乗合タクシー

歴史[編集]

  • 1987年(昭和62年)4月18日 御堂筋線我孫子~中百舌鳥間延伸時に開業[1]

隣の駅[編集]

Osaka Metro Logo.svg大阪市営地下鉄
M 御堂筋線
北花田駅 (M28) - 新金岡駅 (M29) - なかもず駅 (M30)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鉄道ジャーナル』第21巻第8号、鉄道ジャーナル社、1987年7月、 122頁。
  2. ^ 路線駅別乗降人員 平成27年11月17日 (PDF) - 大阪市交通局

関連項目[編集]

外部リンク[編集]