CITY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CITY
Namba1.jpg
製品種類 ショッピングセンター
使用会社 南海電気鉄道
使用開始国 日本の旗 日本
主要使用国 大阪府徳島県
使用開始 1978年
関連ブランド パークス
pier
プラットプラット
ノバティ
テンプレートを表示
縦に並べたロゴ(屋上建家)と横に並べたロゴ(3階)

CITY(シティ)は、南海グループショッピングセンターブランドである。

大阪府に直営2店がある。1978年南海難波駅に併設されたなんばCITYとしてスタートした。

ロゴ・名称[編集]

長方形を3つ放射状に並べた「Y」の字を持つ青いロゴが特徴的である。

所在地名は「なんば」のように平仮名で表され、ロゴでは「CITY」の上または左に小さく添えられる。直営店では下または右に小さく「NANKAI」と添えられることもある(下に添える場合は間に横棒が入る)。

閉店時には資本関係のなかったとくしまCITYも閉店まで同じロゴを使っていた。ただし南海出資撤退後は「NANKAI」の文字はなかった。

施設一覧[編集]

名称 所在地 最寄駅 オープン 運営会社 資本系列 備考
なんばCITY 大阪府大阪市浪速区難波5-1-60 南海難波駅 1978年 南海電気鉄道 南海
いずみおおつCITY 大阪府泉大津市旭町18-3 南海泉大津駅 1994年 南海電気鉄道 南海

現在CITYとして営業していない施設(過去に営業していた施設)[編集]

名称 所在地 最寄駅 オープン 運営会社 資本系列 備考
とくしまCITY 徳島県徳島市寺島本町東3-8 JR徳島駅 (1972年) 徳島シティビルディング 濱口商店 ※1
てんのうじCITY 大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39 JR天王寺駅 (1995年) 天王寺ターミナルビル JR西日本 ※2
しんかなCITY 大阪府堺市北区新金岡町5-1-1 地下鉄新金岡駅 (1992年) 南海電気鉄道 南海 ※3
  1. 1972年、現地の濱口商店との共同出資により「南海ショッピングセンター」としてオープン。1983年3月18日、「とくしまCITY」としてリニューアル。資本としては一度南海100%出資となったがその後南海の経営撤退により濱口商店100%出資となっていた。2013年7月21日閉店、1Fテナントの徳バス観光サービスの店舗は8月20日まで営業継続後、完全閉店。
  2. 当初「てんのうじCITY」として計画されていたが、計画段階でCITYの名が外れ、JR西日本グループ主体(当時南海は第2株主)の「天王寺ミオ」としてオープン。
  3. 2012年3月31日で閉店。跡地建物は、大和ハウスグループのショッピングセンター「フレスポしんかな」となっている。

年表[編集]

  • 1978年11月00日 - なんばCITYがオープン。当時、南海グループは流通業を手掛けたことがなくノウハウが乏しかったことから、西武流通グループ(当時)から全面的な支援を受けた。
  • 1983年03月18日 - 南海ショッピングセンターがとくしまCITYにリニューアルオープン。
  • 1992年09月00日 - しんかなCITYがオープン。
  • 1994年09月30日 - いずみおおつCITYがオープン。
  • 1995年09月14日 - 天王寺ミオ(旧てんのうじCITY)がオープン。
  • 2004年05月10日 - 南海電気鉄道から南海都市創造分割
  • 2004年09月30日 - 南海電気鉄道がとくしまCITYの運営会社(当時)南海徳島ビルディングの株式を濱口商店に売却。とくしまCITYがグループ離脱。
  • 2005年04月01日 - CITY(とくしまCITYを除く)の運営が南海都市創造に吸収分割。
  • 2008年10月00日 - 南海電気鉄道が天王寺ミオの運営会社(当時)天王寺ターミナルビルの株式をJR西日本に売却。天王寺ミオがグループ離脱。
  • 2010年10月01日 - 南海都市創造が南海電気鉄道に吸収合併。CITY(とくしまCITYを除く)の運営が南海電気鉄道へ。
  • 2012年03月31日 - しんかなCITYが閉店。
  • 2013年07月21日 - とくしまCITYが閉店(徳バス観光サービスの高速バスセンター除く)。
  • 2013年08月20日 - とくしまCITYが完全閉店。