なっち (IC乗車カード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なっち
使用エリア 南海バス全線
※一部適用外路線あり
導入 2016年10月1日
運用 南海バス
通貨 日本円 (最高チャージ金額20,000円)
取扱事業者
  • 南海バス
ウェブサイト https://www.nankaibus.jp/rosen/ticket/

なっちとは、南海バスが発行・発売するICカード乗車券である。南海バス南海ウイングバス金岡南海ウイングバス南部南海りんかんバスのICカードシステム導入路線で使用出来る(一部の自治体関連バスを除く)。

概要[編集]

2016年10月1日に南海バス・南海ウイングバス金岡・南海ウイングバス南部で導入された。2020年3月14日に南海りんかんバスにエリア拡大[1]

プリペイド式で最大20,000円までチャージ可能(プレミア分を除く)。チャージは1,000円単位。

名称の由来は、南海バスの「な」とタッチの「ッチ」から。[2]

なお、南海系列の和歌山バス和歌山バス那賀では2020年4月に独自のICカード「kinoca」を導入しており、「なっち」は使用できない。

割引サービス[編集]

1回目の精算から2回目の精算が2時間以内の場合大人一人につき50円割引される、ただし昼割精算時を泉北・河内長野リムジンバス利用時は対象外。

普通精算時には1,000円チャージ毎に120円のプレミアが付く、昼割精算時では200円のプレミアが付く。

相互利用[編集]

相互利用関係(クリックで拡大)

「なっち」そのものは南海バス専用のICカードであり他のエリアでは使用できない[2]が、なっち使用エリアではなっち導入前からPiTaPaを導入しており、交通系ICカード全国相互利用サービスの片利用が可能[3]。なお、「なっち」以外のICカードはバス内でのチャージ不可[4]

出典[編集]

外部リンク[編集]