静岡鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
静岡鉄道株式会社
Shizuoka Railway Co.,Ltd.
Shizutetsutakasho.jpg
静鉄鷹匠ビル(本社所在地)
種類 株式会社
略称 静鉄、しずてつ
本社所在地 日本の旗 日本
420-8510
静岡県静岡市葵区鷹匠一丁目1番1号
静鉄鷹匠ビル
設立 1919年(大正8年)5月1日
業種 陸運業
法人番号 8080001002864
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 取締役社長 今田智久
資本金 18億円
発行済株式総数 2,988万株
売上高 単体:148億6,577万2,000円
連結:1,394億2,014万8,000円
(2011年3月31日現在)
経常利益 単体:4億2,106万4,000円
連結:37億9,276万7,000円
(2011年3月31日現在)
純利益 単体:1億5,923万2,000円
連結:13億6,552万6,000円
(2011年3月31日現在)
純資産 単体:56億8,517万円
連結:166億1,368万4,000円
(2011年3月31日現在)
総資産 単体:591億9,936万3,000円
連結:1,191億9,786万8,000円
(2011年3月31日現在)
従業員数 単独:338人
連結:4,417人
(2011年3月31日現在)
決算期 毎年3月末
主要株主 東京急行電鉄株式会社 3.87%
株式会社静岡銀行 3.68%
静鉄従業員持株会 2.57%
主要子会社 しずてつジャストライン株式会社
静岡トヨペット株式会社他
関係する人物 川井健太郎
外部リンク www.shizutetsu.co.jp/
テンプレートを表示

静岡鉄道株式会社(しずおかてつどう、Shizuoka Railway Co.,Ltd.)は、静岡県静岡市で鉄道路線を保有し運営している鉄道事業者中小私鉄)。「静鉄グループ」の中核企業であり、静鉄(しずてつ)と略称される。他に索道事業(日本平ロープウェイ)、不動産事業、ホテルなどを展開する。キャッチフレーズは「街にいろどりを。人にときめきを。」。

概要[編集]

旧静岡市の安西地区に集積する製茶問屋から清水港を輸送する目的(当時は米国への茶の輸出が盛んであった)で1906年に設立された(旧)静岡鉄道を前身とする。その後大日本軌道静岡支社の路線となっていたこの鉄道路線を譲り受け、1919年駿遠電気として設立された。1923年静岡電気鉄道に社名変更し、1943年、藤相鉄道・中遠鉄道・静岡乗合自動車・静岡交通自動車を統合して「静岡鉄道」となった。

静岡電気鉄道時代の1923年から1930年上期に至るまでは相当な放漫経営であったという[1]。同社専務の熊沢一衛四日市製紙・四日市銀行の専務を兼ねており手広く事業活動を行っていたが、1932年に四日市銀行が破綻したため、同専務は所有する静岡電気鉄道の株式[2]大阪電気軌道(大軌、近畿日本鉄道の前身の一つ)に譲渡しようとしたが、大軌は静岡電気鉄道の経営には興味を示さなかったため、大軌の監査役をしていた東京横浜電鉄代表取締役の五島慶太に株式引き受けについての依頼があり、最終的に1941年に東京横浜電鉄の傘下に入ることになった[3]。東京横浜電鉄が東京急行電鉄(東急)となった後、静岡鉄道成立時の初代会長に五島慶太が着任し、東急グループの一員となった。1947年に東急グループを離脱したが、現在も筆頭株主は東急であるため東急とのつながりが深く、現有車両の1000形東急車輛製造製で、車体等一部の仕様が東急7200系電車に酷似する。また過去に東急(目黒蒲田電鉄、東京横浜電鉄の車両を含む)の中古の車両を購入したこともある。

鉄道路線は現在、新静岡から新清水間11.0kmを結ぶ静岡清水線のみである。1950年代には静岡県中南部各地に5路線計100km近くの路線を有していたが、1960年代以降のモータリゼーションの影響により静岡清水線を除き廃止された。またかつては静岡県中部一帯を営業エリアとする路線バス事業が主力事業となっていたが、子会社を設立して一部の路線を分社化したのち、2002年10月1日には静岡鉄道本体が運営していた全バス事業を子会社のしずてつジャストラインに分社化した。

乗車カードとして磁気式のパサールカードIC乗車カードLuLuCa(ルルカ)を自社展開し、鉄道線に導入している。同時にPiTaPaも並行導入し、全国相互利用(ICOCASuicaPASMOKitacamanaca[4]TOICAはやかけん[4]nimoca[4]SUGOCA)にも対応している。なお、静岡鉄道と同社グループのしずてつジャストラインでは、磁気式のパサールカードは2014年9月末までに販売を終了[5]したが、引き続き使用することはできる[6]

日本民営鉄道協会には加盟していない。

沿革[編集]

(旧)静岡鉄道→大日本軌道→駿遠電気[編集]

特記がなければ(旧)静岡鉄道・大日本軌道・駿遠電気のトピック。年代しか書かれていないトピックは時期未詳。

  • 1899年(明治32年) 土屋隆吉が個人鮮魚店を創業。後のウオチョー
  • 1902年(明治35年) 秋葉馬車鉄道が設立。
  • 1906年(明治39年)8月21日 (旧)静岡鉄道設立。
  • 1908年(明治41年)
    • 5月18日 辻村(現在の新清水)- 清水町(後の波止場)間の鉄道開業。
    • 7月28日 (旧)静岡鉄道、熱海鉄道、浜松鉄道など8社を統合し、大日本軌道が設立、同社の静岡支社となる。
    • 12月9日 鷹匠町(現在の新静岡) - 辻村間の鉄道開業。現在の静岡清水線
  • 1911年(明治44年)11月 藤相鉄道が設立。
  • 1912年(明治45年)8月 中遠鉄道が設立。
  • 1915年(大正4年) 藤枝自動車商会が開業。
  • 1914年(大正3年)1月12日 中遠鉄道が開業。
  • 1916年(大正5年) 堀之内軌道運輸のバスが開業。
  • 1919年(大正8年)
    • 5月1日 駿遠電気設立、大日本軌道静岡支社の事業を継承。
    • 12月16日 秋葉鉄道が設立。
  • 1920年(大正9年)8月2日 静岡清水線が電化。電気供給事業も開始。
  • 1921年(大正10年)
    • 1月6日 秋葉馬車鉄道の事業継承し開業。
    • 10月7日 安倍電気、羽衣製氷を合併。
  • 1922年(大正11年)
    • 2月8日 御前崎軌道を堀之内軌道運輸に譲渡。
    • 6月28日 鷹匠町 - 静岡駅前間(静岡市内線)開通。
    • 宮寺商会(のちに、宮寺自動車商会と改称)が開業。

静岡電気鉄道[編集]

特記がなければ静岡電気鉄道のトピック。年代しか書かれていないトピックは時期未詳。

  • 1923年(大正12年) 静岡自動車が開業。
    • 2月28日 駿遠電気が静岡電気鉄道と改称。
    • 3月12日 秋葉鉄道を合併。秋葉線とする。
  • 1924年(大正13年) 待月自動車商会が開業。
  • 1925年(大正14年)
    • 安倍自動車商会が開業。
    • 5月31日 製氷事業を羽衣製氷所へ譲渡。
    • 7月11日 秋葉線、一部区間の電化運輸開始。
  • 1926年(大正15年)
    • 旭自動車商会、田宮自動車商会、秋葉自動車商会、勝間田自動車、焼津自動車商会、西駿自動車商会、森久自動車商会が開業。
    • 10月25日 秋葉線が全区間電化。
    • 10月31日 狐ヶ崎遊園地を仮開園。
  • 1927年(昭和2年)
    1930年頃(昭和初頭)の静岡市および清水市の地図。地図上では「静岡電車」と記載されている。
    • 4月1日 狐ヶ崎遊園地を本開園。
    • 11月25日 ちゃっきり節、狐音頭、新駿河節が発表される。
  • 1928年(昭和3年)
    • 宮寺自動車商会、森久自動車商会を買収。
    • 藤相鉄道が、栄輪社を買収。
    • 袋井 - 可睡間に季節営業のバス路線を開業。バス事業の始まり。
  • 1929年(昭和4年)
    • 自動車会社、船舶会社計10社を1941年(昭和16年)にかけて相次ぎ買収。
    • 4月19日 自動車部を設立。
  • 1930年(昭和5年) 藤相鉄道が、焼津自動車商会、勝間田自動車を合併。
  • 1932年(昭和7年)12月1日 身興自動車商会を買収。静岡電気鉄道の直営ではなく、電鉄自動車を設立。
  • 1933年(昭和8年)
    • 3月31日 西駿自動車商会を買収。
    • 4月26日 待月自動車商会を買収。
    • 10月 社団法人静岡県バス協会の前史、静岡県乗合自動車組合が設立。
  • 1934年(昭和9年)
    • 志太中央自動車商会を買収。
    • 藤相鉄道が、駿南自動車を合併。
    • 観光バス事業営業開始。
  • 1935年(昭和10年)
    • 駿遠自動車が設立。
    • 藤相鉄道が、堀之内軌道運輸を買収。
    • 秋葉線の電車と競合関係にあった秋葉自動車商会を買収。
    • 電鉄自動車を静岡電気鉄道直営にする。
  • 1936年(昭和11年)
    • 市川自動車商会を買収。
    • 静岡遊覧運輸(のちに、静岡交通自動車と改称)が設立。
  • 1937年(昭和12年)
    • 掛井自動車商会を買収。
    • 駿遠自動車が、静岡自動車を買収し、静岡乗合自動車と改称。
  • 1938年(昭和13年) バス路線、全線にわたり停留所制実施。
  • 1941年(昭和16年)
    • 4月2日 清水交通株式会社(タクシー会社)が設立。
    • 4月 静岡県乗合自動車組合を静岡県乗合自動車運送事業組合に改称。
    • 東京横浜電鉄(後の東京急行電鉄〈東急〉)の経営傘下に入る。
  • 1943年(昭和18年)
    • 2月28日 電気事業設備を中部配電に譲渡。

静岡鉄道[編集]

特記がなければ静岡鉄道のトピック。年代しか書かれていないトピックは時期未詳。

  • 1943年(昭和18年)
    • 5月15日 静岡電気鉄道、藤相鉄道、中遠鉄道、静岡乗合自動車、静岡交通自動車の5社が合併し、静岡鉄道に改称。
    • 10月21日 野村自動車商会、望月自動車商会、山下自動車商会、田宮自動車商会、掛川タクシー自動車部を買収。
    • 12月 静岡県乗合自動車運送事業組合を解散。ハイヤー事業者を統合する。社団法人静岡県乗合旅客自動車運送事業組合と改称。
  • 1944年(昭和19年)
    • 1月1日 土屋自動車商会を買収。
    • 5月1日 土屋自動車商会を藤枝自動車整備工場と改称。
  • 1945年(昭和20年)
    • 6月18日 藤枝自動車整備工場を中心に数野自動車などの同業者を統合し、東海自動車工業が設立。
  • 1947年(昭和22年)
    • 12月 社団法人静岡県乗合旅客自動車運送事業組合を解散。
    • 戦争の被害より、資金調達が困難と判断。東急グループから脱退。ただし引き続き東急が筆頭株主。
  • 1948年(昭和23年)
  • 1950年(昭和25年)
    • 1月27日 静岡県乗合自動車協会の事務所を静岡市追手町39静山荘内に変更。
    • 2月27日 静北土建工業が設立。
    • 5月31日 久能山・三保めぐり定期遊覧バス運行開始。
    • 10月1日 社歌「希望の園」制定。
  • 1951年(昭和26年)
    • 2月15日 駿遠運送が設立。
    • 9月17日 静岡県乗合自動車協会の事務所を静岡市昭和町1に変更。
  • 1952年(昭和27年)5月19日 静岡県乗合自動車協会の事務所を静岡市呉服町2丁目3に変更。
  • 1953年(昭和28年)
    • 2月18日 静岡県乗合自動車協会の事務所を静岡市追手町54の1に変更。
    • 8月13日 喜久屋が設立。
  • 1954年(昭和29年)5月17日静鉄商事が設立。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 新静岡バスセンター使用開始。
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月23日 吉野信次運輸大臣から川井健太郎宛に許可書が送られ、社団法人静岡県乗合自動車協会となる。
    • 5月7日 静岡トヨペットが設立。
    • 9月29日 日本急送の経営に参加。
  • 1957年(昭和32年)
    • 5月31日 日本平ロープウェイ営業開始。
    • 7月15日 駿河観光バスが設立。
    • 9月5日 駿河観光バスが事業開始。
    • 11月20日 静岡トヨタディーゼルが設立。
  • 1958年(昭和33年)日本急送タクシー部を静鉄タクシーに譲渡する。
  • 1959年(昭和34年)10月 ヤクモが設立。
  • 1960年(昭和35年)11月9日 浅間山リフト営業開始。
  • 1961年(昭和36年) 株式会社ウオチョーが設立。
  • 1962年(昭和37年)
  • 1964年(昭和39年)3月1日 静岡駅 - 日本平間路線バス運行開始。
  • 1965年(昭和40年)
    • 株式会社三栄が設立。
    • 1月20日 新静岡ターミナルビル起工式を挙行。
    • 4月10日 静鉄勤労学園が開校。
    • 7月 静鉄商事を新静岡ターミナルビルに改称。
    • 9月10日 静鉄観光サービスが設立。静鉄産業が設立。
    • 12月11日 港運輸工業が設立。
  • 1966年(昭和41年)
  • 1967年(昭和42年)
    • 10月16日 狐ヶ崎遊園地を閉鎖。
    • 12月11日 狐ヶ崎ヤングランドの起工式を挙行。
  • 1968年(昭和43年)
    • 4月1日 狐ヶ崎ヤングランドが設立。静鉄産業商事部を分社化し、静鉄商事が設立。
    • 7月15日 社団法人静岡県バス協会の事務所を静岡市両替町2丁目河辺商店内に変更。
  • 1969年(昭和44年)
    • 8月2日 静岡観光バスが設立。
    • 11月1日 社団法人静岡県バス協会の事務所を静岡市追手町54の1に変更。
  • 1970年(昭和45年)
    • 3月 新静岡ターミナルビルを新静岡センターに改称。
    • 8月1日 駿遠線全線廃止。
    • 10月 清水交通株式会社が、駿河観光バス株式会社を合併し、バス事業を行う。
  • 1973年(昭和48年)日本民営鉄道協会脱退[7]
  • 1974年(昭和49年)
    • 7月2日 東急フレックスホームが設立。
    • 浅間山リフト廃業。
  • 1975年(昭和50年)
    • 静長水産株式会社が設立
    • 3月21日 清水市内線廃止。
    • 9月1日 静岡清水線ワンマン運転開始。
  • 1976年(昭和51年)
    • 静岡中央卸売市場が開設
    • 4月1日 静鉄情報センターが設立。
    • 4月29日 日本平ちゃっきりまつりを開催。
  • 1978年(昭和53年)4月 東急フレックスホームが静鉄住宅建設に社名変更。
  • 1979年(昭和54年)10月1日 静鉄緑化土木が設立。
  • 1981年(昭和56年)
    • 1月 有限会社片瀬工務店が設立
    • 7月29日 清水交通が静鉄グループになる。
    • 8月 静鉄電車教室を長沼工場で開催(現在も毎年8月に「静鉄電車まつり」として開催している)。
  • 1982年(昭和57年)
    • 清水交通株式会社タクシー部を静鉄タクシー株式会社に譲渡する。
    • 4月 静鉄産業が静鉄住宅建設を合併し静鉄建設工業に社名を変更。
  • 1984年(昭和59年) 静鉄建設工業分室を設置。
  • 1985年(昭和60年) 静鉄建設工業静岡営業所を設置。
  • 1986年(昭和61年)7月12日 静波リゾート「スウィングビーチ」開業。
  • 1987年(昭和62年)11月16日 掛川バスサービスが設立。
  • 1990年(平成2年)
  • 静鉄建設工業藤枝営業所を設置。
  • 4月26日 中小型観光バス部を分社化し、静鉄小型バス株式会社が設立。
  • 1991年(平成3年)
  • 3月 静鉄建設工業大井川工場が閉鎖。
  • 7月 中小型観光バス7両を移譲。
  • 1992年(平成4年)10月 静鉄建設工業株式会社が静鉄建設株式会社に社名変更。
  • 1993年(平成5年)
    • 2月 静北土建工業が静鉄グループに入る。
    • 9月5日 狐ヶ崎ヤングランド閉園。
    • 12月 有限会社片瀬工務店が片瀬建設株式会社と社名変更。
  • 1994年(平成6年)2月1日 静岡清水線とバスに磁気乗車カードパサールカード」導入。
  • 1996年(平成8年)4月1日 ダイヤ改正で静岡清水線の急行運転を一時廃止。2011年秋のダイヤ改正までは、各駅停車のみの運転となる。
  • 1997年(平成9年)4月 静鉄建設が静北土建工業を合併。
  • 1999年(平成11年)
    • 1月 静鉄ストアが設立。
    • 4月 静鉄ストアが新静岡センターのスーパーマーケット事業を継承。
  • 2000年(平成12年)10月24日 しずてつジョイステップバス株式会社が設立。
  • 2001年 平成13年)4月 静岡観光バス株式会社と清水交通株式会社の一般旅客自動車運送事業をしずてつジョイステップバス株式会社に譲渡する。
  • 2002年(平成14年)
    • 5月1日 自動車部を分社化し、しずてつジャストラインが設立。本社事務所を静鉄5号館に置く。
    • 7月 静鉄建設が静鉄緑化土木を合併。
    • 10月1日 路線バス事業、高速バス事業、観光バス事業をしずてつジャストラインに移譲。
    • さらに観光バス事業をしずてつジョイステップバスに移譲。
  • 2003年(平成15年)静鉄商事の保険事業部を静鉄保険サービスに移管。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)4月 ウオチョーが静岡鉄道と企業提携する。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月 静鉄ストアがウオチョーとヤクモを吸収合併する。
    • 12月15日 しずてつジャストライン本社事務所を静岡市葵区宮前町28番地に移転。
  • 2009年(平成21年)3月9日 新静岡再開発事業に伴い、本社事務所を新静岡センターから静岡信用日生ビルの仮事務所へ移転。
  • 2011年(平成23年)
    • 9月26日 新社屋竣工に伴い、本社事務所を静鉄鷹匠ビルへ移転。
    • 10月1日 ダイヤ改正で静岡清水線の急行が復活。同時に通勤急行を新設(いずれも運転開始は10月3日で平日朝のみ)。
    • 10月5日 新静岡セノバ開業。
    • 10月 静鉄小型バス株式会社が、しずてつジョイステップバス株式会社を吸収合併し、社名を静鉄ジョイステップバス株式会社とする。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月10日 静鉄タクシーがスマホアプリで配車受付開始。
    • 9月30日 しずてつジャストラインでのパサールカードのバス専用学生カードの販売を終了[6]
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    • 3月1日 LuLuCa(LuLuCaパサールLuLuCaプラス)の電車・バス利用割引サービスを入金時のプレミアから乗車時のポイントに変更[8]
    • 4月1日 静鉄タクシーに市内時間制運賃という新たな料金システムを導入。
    • 9月30日 静岡鉄道・しずてつジャストラインでのパサールカードの電車・バス共通昼間カードの販売を終了。これにより、両社でのすべてのパサールカードの販売が終了[6]
    • 11月27日 2016年度より40年ぶりとなる新型車両(A3000形)の導入を発表[9]
  • 2015年(平成27年)4月1日 LuLuCaの電車・バス利用割引サービスの乗車時のポイントの内容を変更[10]
  • 2016年(平成28年)
    • 2月24日 静鉄タクシーの藤枝市内の車両のみかめタクを導入。
    • 3月24日 静岡清水線でA3000形営業運転開始。
    • 6月 片瀬建設が静鉄グループに入る。
    • 10月1日 株式会社静鉄レストランが株式会社静鉄リテイリングに社名変更。
    • 10月 新東名高速道路静岡サービスエリア上り線・下り線売店「しずおかマルシェ」の事業を静鉄リテイリングに継承。
    • 11月 新静岡セノバと静岡市内の静鉄ストア18店舗にLuLuCaカード電子マネーを導入。
    • 12月 東部地区の静鉄ストア4店舗にLuLuCaカード電子マネーを導入。
  • 2017年(平成29年)
    • 静鉄アド・パートナーズ物販事業部を静鉄リテイリングに移管。
    • 2月 志太棒原地区の静鉄ストア7店舗にLuLuCaカード電子マネーを導入。
    • 3月 西部地区の静鉄ストア4店舗にLuLuCaカード電子マネーを導入。
    • 4月1日 静鉄プロパティマネジメント株式会社が静鉄ファシリティーズ株式会社を吸収合併。静鉄ファシリティーズが解散。
    • 6月30日 新静岡スポーツクラブホークワンが営業終了。
    • 10月1日 片瀬建設株式会社が静鉄ホームズ株式会社に社名変更。
    • 11月3日 新静岡セノバ第1期リニューアルオープン。 
  • 2018年(平成30年)
    • 2月 新静岡セノバ第2期リニューアルオープン。
    • 3月 新静岡セノバリニューアルグランドオープン。
    • 4月 セノバ保育園が開園。

鉄軌道事業[編集]

現有路線[編集]

路線図(クリックで拡大)

この路線は旧静岡市清水市(現在の静岡市葵区駿河区清水区)の都市圏輸送兼インターアーバン路線として建設され、かつては両市内の軌道線と直通運転していたことや、1両18mの2両編成で終日約6 - 7分間隔(朝夕で一部例外あり)の短編成・高頻度運転であること、短い駅間距離、簡易な駅施設といった輸送形態等から現在でもLRTの一種として紹介されることもある。

廃止路線[編集]

車両[編集]

静岡清水線では、以前は主に自社長沼工場製(過去には他社からの譲受車も存在した)の車両で運行していたが、現在は東急車輛製造製の1000形と2016年3月24日に運行開始した43年ぶりの新車となる総合車両製作所製のA3000形が運行されている[11][12]

乗車カード[編集]

静岡清水線では以下の乗車カードが利用できる。

索道事業[編集]

このほか静岡市内で「浅間山リフト」を運営していたが、1974年の「七夕豪雨」で支柱が賤機山の斜面ごと崩落し、犠牲者が出たことで、長らく訴訟問題となった。

その他の事業[編集]

鉄道・索道事業のほか、以下の事業は静岡鉄道株式会社が直営で行っている。

  • 不動産事業
  • 広告営業
  • ホテル事業(静鉄ホテルプレジオ
  • 介護事業
  • 民間学童保育事業(しずてつキッズステーション「あすぷら」)
  • フローラル事業(セント フルーリ)

グループ会社[編集]

備考[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熊沢失脚後興銀は課長の中岡孫一郎を監査役に送り込んだ『日本全国諸会社役員録。第40回(昭和7年)』(国立国会図書館デジタルコレクション))小川功『企業破綻と金融破綻』九州大学出版会、2002年、220頁
  2. ^ 熊沢殖産が総株数120,00株のうち33,096株保有する筆頭株主『株式社債年鑑。昭和7年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 鉄道ピクトリアル 269号 p.13
  4. ^ a b c d e f g h i 割引用manaca、割引用はやかけん、障がい者用nimocaは利用できない(相互利用対象外)。
  5. ^ 電車・バス共通カードは2013年3月末、電車・バス共通昼間カードは2014年9月末、バス専用学生カードは2012年9月末に販売を終了。
  6. ^ a b c d なお、同じ静鉄グループの秋葉バスサービスでは、現在もIC乗車カードのLuLuCa・PiTaPaおよび相互利用カードを導入していないため、その代わりとして磁気式のパサールカード(電車・バス共通カードの7,500円券〈利用可能額8,750円〉を除く)の販売を継続し、同社の案内窓口(遠州森町バスターミナル、袋井駅前)、同社が運行しているバス車内で購入した同カードはかつての静岡鉄道・しずてつジャストラインで購入した同カード(かつての秋葉バスサービスでも購入できた電車・バス共通カードの7,500円券〈利用可能額8,750円〉を含む)と共に静鉄電車(バス専用学生カードは不可)、しずてつジャストライン(一部代替バス、静岡新宿線しみずライナーなど予約制の高速バスを除く)、秋葉バスサービス(袋井駅・中東遠総合医療センター線を除く)で使用できる。
  7. ^ 当時中小私鉄は廃線が相次ぎ、国の補助金拡大を狙い運動していたがなんら効果がなかった。和久田康雄『人物と事件でつづる私鉄百年史』鉄道図書刊行会、1991年、245-246頁
  8. ^ 1,000円チャージ毎に100円のプレミア(1回のチャージ額が8,000・9,000・10,000円はプレミア率高め)から100円で10ポイント(オプションポイントあり)に変更(一般カード、特割カード)。
  9. ^ 静鉄電車 新型車両導入計画について - トピックス | 静鉄グループ 静鉄レールウェイ
  10. ^ 100円で10ポイント(オプションポイントあり)から100円で5ポイント(オプションポイント廃止)に変更(一般カード、特割カード)。
  11. ^ 鉄道ニュース・ローカル (4) 静岡鉄道A3000形、クリアブルーの第1編成登場 - 1000形は引退へ - マイナビニュース、2016年4月10日
  12. ^ 静岡鉄道A3000形が営業運転を開始 - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2016年3月25日

参考文献[編集]

  • ふじのくにでかなえよう将来の夢 Future しずおか
  • 静岡でえがく未来 Future しずおか 2016〜17
  • 30年のあゆみ 社団法人静岡県バス協会
  • しずてつジャストライン バス・ジャパン ニューハンドブック 
  • 鈴与百七十年史
  • 静岡鉄道
  • 写真で綴る静岡鉄道70年の歩み
  • 市政80周年記念写真集・静岡
  • 静岡市の100年写真集
  • 思い出の静岡
  • 続 思い出の静岡
  • 静岡市産業百年物語
  • 静岡県鉄道興亡史
  • 静岡県鉄道軌道史
  • 静岡県会社要覧

外部リンク[編集]