OKICA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OKICA
通称 オキカ
導入 2014年
通貨 日本円 (最高チャージ金額30,000円)
プリペイド機能 あり
有効期限 10年
自動チャージ なし
取扱事業者
  • Okinawa City Monorail Logo.png沖縄都市モノレール
    (ゆいレール)
販売場所
  • 自動券売機
  • 沖縄都市モノレール各駅窓口
ウェブサイト info.okica.jp

OKICA(オキカ)は、沖縄県沖縄本島)の鉄道・バス事業者で導入されている非接触型ICカード乗車券である。

「タッチ&ゴー」の動き

概要[編集]

沖縄都市モノレールと沖縄本島内の主要バス事業者4社(琉球バス交通沖縄バス那覇バス東陽バス)で使用できる乗車カード(交通系ICカード)である。2014年10月20日より沖縄都市モノレールで先行導入され、2015年4月27日にバス4社での運用を一斉に開始し、本格運用を開始した。沖縄県内で交通機関に使用できる初めての交通系ICカードである[1][注釈 1]

「OKICA」の名称は「OKINAWA IC CARD」の略である[3]。また「沖縄が変わる」という意味も含まれている[3]

システム開発はモバイルクリエイト(本社・大分市[4]、発行・運営は沖縄都市モノレールやバス会社が出資する「沖縄ICカード株式会社」が行い、ICカード読み取り機・自動改札機などの導入に必要な費用は沖縄県からの補助金にてまかなう[5]。2014年10月20日から沖縄都市モノレール線(ゆいレール)で先行導入し、2015年4月27日始発より県内路線バス事業者4社での利用が一斉に開始された[6]。初年度の発行枚数は3万4千枚を予定している[6]。2016年7月現在の総発行枚数は16万枚。

他地区ICカード乗車券との関係[編集]

OKICAはICカード乗車券の主流である「サイバネ規格」を採用していない[注釈 2]。これは、導入費用や維持費用が割高になることと、沖縄県内の公共交通機関は路線バスがメインであり、頻繁に路線の変更・新設があり、サイバネ規格ではその申請に時間がかかるという理由からである[7]。そのため現在のところSuicaPASMOSUGOCAなどの他の交通系ICカードとの相互利用や片利用はできないが[5]、2020年をめどに利用できるようにする方向で検討が進められている[注釈 3]

運営「沖縄ICカード株式会社」[編集]

沖縄ICカード株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
〒901-0152
沖縄県那覇市小禄1831番地1 沖縄産業支援センター5階
設立 2013年11月22日
業種 サービス業
事業内容 乗車用ICカード「OKICA」の運営
外部リンク info.okica.jp
テンプレートを表示

沖縄ICカード株式会社乗車用ICカード「OKICA」を運営する株式会社である。カードの取扱いを主たる業務とし、カードのポイントの管理業務も行なっている。またフィギュア付を除くOKICAは他の多くの乗車用ICカードと同様に売却・譲渡ではなく貸与の形式であるため、カードの所有権は沖縄ICカード株式会社にある。

利用範囲[編集]

沖縄都市モノレールの路線全線と、琉球バス交通沖縄バス那覇バス東陽バスの全バス路線[注釈 4]が利用可能となっている。

当初は導入後2年をめどに、船舶タクシー商業施設への利用拡大も検討されていたが[1]、2017年現在は目立った動きはない。

種類[編集]

  • 無記名OKICA - 個人情報を登録しない(紛失しても再発行できない)
  • 記名OKICA - 個人情報を登録する記名式カード。紛失しても再発行はできる。
  • 小児用OKICA - 6歳以上小学生以下が対象の記名式カード。満12歳になる年度の3月31日まで有効。
  • 障がい者用OKICA - 障害者手帳所持者が対象の記名式カード。年1回更新が必要。
  • 学生用OKICA - 中学生以上の学生が対象の記名式カード。付与ポイントが通常のOKICAより高い。毎年度初めに更新が必要。
  • フィギュア付きOKICA - 沖縄観光親善使節[9]でOKICA推進大使を兼ねるキャラクター「花笠マハエ」のフィギュアで、台座にはICチップが入ったコイントークンが内蔵されており[10]、ICカードとして使用できる。2015年4月27日に路線バスへの導入を記念し5000個限定で発売した。フィギュア付きの交通系ICカードは全国初[11][注釈 5]。OKICAカードと異なりゆいレールの券売機に挿入できない形状であるため、券売機による入金や乗車券購入はできない。したがって入金はゆいレールの窓口(有人改札)、バス営業所及びバス運賃箱に限られる。

ポイントサービス[編集]

「OKICA」導入にともない、1か月(毎月1日-月末。暦どおり)のOKICA利用額に応じて、翌月6日にポイントが付与される。ただしOKICA以外での乗車(現金支払い、回数券、定期券での乗車、ゆいレールの「おとなりきっぷ[注釈 6]」)はポイント対象外となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 沖縄県内ではSuicaPASMO・SUGOCAなど交通系全国相互利用ICカードを利用できる商業施設も多い。また交通系でないICカードが交通機関で利用できる例として、那覇バスの市内線では2012年5月19日よりiDでの支払いが可能となっている[2]
  2. ^ サイバネ規格を採用していない交通系ICカードには伊予鉄道の「ICい~カード」やとさでん交通など高知県の事業者で使える「ですか」がある。
  3. ^ 全国相互利用のICカードはOKICAエリアでは片利用での対応となり、OKICAは引き続きOKICAエリアのみでの利用となる見込み[8]
  4. ^ 高速バスを含み、那覇空港リムジンバス・定期観光バス・市町村から委託を受け運行するコミュニティバスを除く。
  5. ^ 日本国外では香港の八達通や台湾の悠遊卡など、交通機関で利用できるフィギュア型IC乗車券がある[12][13]
  6. ^ 隣駅まで110円。特別運賃扱い。

出典[編集]

  1. ^ a b “来月20日から「オキカ」稼働 モノレールのIC乗車券”. 琉球新報. (2014年9月1日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230943-storytopic-4.html 2017年12月2日閲覧。 
  2. ^ “那覇バス「iD」導入 全国初 運賃後払い”. 琉球新報. (2012年5月19日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-191372-storytopic-4.html 2015年5月19日閲覧。 
  3. ^ a b 草町義和 (2014年8月28日). “沖縄本島のICカード、名前は「OKICA」…2015年度導入へ”. レスポンス (イード). http://response.jp/article/2014/01/29/215984.html 2017年12月2日閲覧。 
  4. ^ “沖縄本島IC乗車券システムを運営する沖縄ICカード株式会社の設立記者会見が行われました” (PDF) (プレスリリース), モバイルクリエイト, (2013年11月28日), http://www.mcinc.jp/wp/wp-content/uploads/2015/08/沖縄本島IC-乗車券システムを運営する沖縄IC-カード株式会社の設立記者会見が行われました.pdf 2017年12月2日閲覧。 
  5. ^ a b “IC乗車券、来年10月開始 モノレール先行”. 琉球新報. (2013年11月26日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215807-storytopic-4.html 2017年12月2日閲覧。 
  6. ^ a b “沖縄のIC乗車券は「OKICA(オキカ)」に決定。2014年10月から順次導入”. BENRISTA. (2014年1月29日). http://card.benrista.com/trend/15473/ 2017年12月2日閲覧。 
  7. ^ “沖縄県初の交通系ICカード「OKICA」が独自の規格を採用した理由とは?”. ペイメントナビ (TIプランニング). (2016年10月26日). http://www.paymentnavi.com/paymentnews/60895.html 2017年12月2日閲覧。 
  8. ^ “Suica 沖縄県内利用も 国交省検討 観光客の利便性向上”. 琉球新報. (2017年5月13日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-495138.html 2017年12月2日閲覧。 
  9. ^ 活動内容 - 企画総務部”. 沖縄観光コンベンションビューロー. 2015年5月19日閲覧。
  10. ^ 沖縄ICカードOKICAご利用ガイド (PDF)”. 沖縄ICカード. p. 7. 2015年5月19日閲覧。
  11. ^ “フィギュア付きIC乗車券「花笠マハエ」限定販売”. 琉球新報. (2015年4月19日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241969-storytopic-4.html 2015年5月19日閲覧。 
  12. ^ Choose Your Octopus”. 2015年5月19日閲覧。
  13. ^ 悠遊典蔵館”. 2015年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

カテゴリ