鎌倉湘南チェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鎌倉湘南チェック(かまくらしょうなんチェック)とは、デジタルチェック(現・メタップスペイメント)が神奈川県鎌倉市湘南地区で導入していた地域密着型電子マネー[1]

概要[編集]

2006年磁気カード式の電子マネーとして実験的にサービス開始[1]。同年度の実験運用では磁気カードのセキュリティ対策としてデジタルチェックが金銭データなどを一元管理するシステムをとったため、通信回線を設置店舗に整備しなければならず、コストがかさんだ[1]。そこで2007年7月7日からはFeliCa搭載のICカードに変更、おサイフケータイにも対応したが、2008年1月6日の実験終了[1]をもってサービス終了となった。

鎌倉市の海の家や周辺の店舗など約150店で利用できた[1]。デジタルチェックは湘南鎌倉チェックの実験を通して、将来的な地域密着型電子マネーの売り込み、商店街ポイントプログラムマイレージサービスとの連携を模索していた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「地域・期間限定サービス デジタルチェック まず鎌倉で半年 非接触IC式電子マネー」日経流通新聞2007年6月20日付、7ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]