関西空港交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関西空港交通株式会社
Kansai Airport Transportation Enterprise Co., Ltd.
KATE selega-GD.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 関西空港バス、関空交通、KATE
本社所在地 日本の旗 日本
598-0048
大阪府泉佐野市りんくう往来北2-3
設立 1991年(平成3年)4月1日
業種 陸運業
法人番号 7120101039588
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
旅行業
代表者 中谷 靖(取締役社長)[1]
資本金 9,600万円 [1]
従業員数 197名 [1]
主要株主 南海電気鉄道 100%
外部リンク http://www.kate.co.jp/
テンプレートを表示
路線車
貸切車

関西空港交通株式会社(かんさいくうこうこうつう)は、南海電鉄グループのバス会社で、主に関西国際空港と近畿圏、東海圏、中国・四国地方を結ぶリムジンバス貸切バスを運行している。

概要[編集]

1991年4月に南海電気鉄道と当時のいわゆる航空3社(日本航空全日本空輸日本エアシステム)の出資により設立。1994年9月の関西国際空港開港に伴い、運行を開始した。英訳名はKansai Airport Transportation Enterprise Co., Ltd.で、その略称からKATE(ケイト)と呼ばれている。近畿地方の他、中国・四国地方へも運行される。

その1994年の開港以来、リムジンバス運賃は据え置かれて来たが、近年の燃料費高騰や関空利用者の減少などから、2009年2月1日より一部を除く各路線の運賃が値上げされた(USJ線は3月1日より値上げ)。

一方、近年ではPeach Aviationを初めとする格安航空会社の就航により早朝・深夜時間帯に関空を発着する便が増加しており、これを背景にしてリムジンバスに於ける深夜・早朝便の新設などに積極的に取り組むようになってきている。そして2015年7月1日、関空から大阪駅前に向かう便について、日本初となるリムジンバス24時間運行を実現させた[2]。この実現には、関空側からの運行要請も背景にあるとされている[3]

また、2015年にANAホールディングスが保有していた株式を南海電鉄に譲渡したため、現在は南海電鉄の完全子会社となっている[4]

なお、同社および共同運行の各社ともに、関西国際空港発着のリムジンバス(南海バス単独運行のSoraeも含めて)に於いては、スルッとKANSAI対応カードやPiTaPaICOCAなどの乗車カードは利用できないので、注意が必要である。

事業所[編集]

  • 本社・りんくう営業所 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-3
  • 空港運行事業所 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1
  • 羽倉崎支所 大阪府泉佐野市羽倉崎1丁目4-7

路線[編集]

  • 全路線、関西国際空港旅客ターミナル発着。出発は1階、到着は4階となる。
  • 方面の後の(括弧内)は共同運行会社。
  • ☆マークの路線は、一部便が第2ターミナルに乗り入れる路線

大阪市内発着[編集]

大阪府発着[編集]

※大阪市内は上記参照


兵庫県発着[編集]

京都府発着[編集]

奈良県発着[編集]

和歌山県発着[編集]

  • 高野山方面(関西空港交通の単独運行)
    • 高野山

岡山県徳島県香川県発着[編集]


過去の路線[編集]

乗継割引[編集]

以下の路線同士を太字停留所にて当日に乗り継ぐ場合、出発地にて乗継割引乗車券を購入できる。

車両[編集]

  • 日野自動車三菱ふそう・日産ディーゼル(現・UDトラックス)の大型ハイデッカー車が中心である(UD車は富士重工業製、西日本車体工業製両方を採用)。空港旅客のため大型のトランクルームを備えた車両としている。大阪市内向けなど短距離のものは定員重視のトイレなし車を使用、距離の長い路線向けにはトイレを設置する。1994年の運行開始当時は、3列シート(1-2人掛け)としたものが採用されたが定員確保のため4列シート化された。車体の塗装は開業時から採用されて続けているが、以前は共同運行の近鉄バス和歌山バス大阪市営バス1996年から1999年までOCAT線を運行)も同一塗装としていた。

その他[編集]

  • 関西国際空港が主催する定期観光バス「わくわく関空見学プラン」を運行している。
  • 羽倉崎支所では、泉佐野市内の幼稚園保育園の送迎バスの運行を受託している。
  • かつては展望見学ホールへの無料送迎バスをエアロプラザから運行していたが、現在は南海バスが一般定期バスとして運行している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ハンドブック南海 2015年度版 - グループ会社一覧 南海電気鉄道 2016年5月17日閲覧 (PDF)
  2. ^ “LCC増便 関空リムジンバス24時間運行に”. 関西テレビ放送. (2015年7月1日). オリジナル2015年7月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/3TeGZ 2015年7月1日閲覧。 
  3. ^ “リムジンバス「大阪駅前~関西空港線」が、7月から早朝便を増便し24時間運行を開始!”. NEWS for Travel (フォートラベル). (2015年6月19日). http://news.4travel.jp/9323/ 2015年7月1日閲覧。 →アーカイブ
  4. ^ 第98期定時株主総会招集ご通知 南海電気鉄道 2015年8月31日閲覧 (PDF)

外部リンク[編集]