南海辰村建設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南海辰村建設株式会社
Nankai Tatsumura Construction Co., Ltd.
Nankai group logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証2部 1850
本店所在地 日本の旗 日本
556-0011
大阪市浪速区難波中3丁目5番19号
設立 1944年(昭和19年)6月30日
(岸和田工業株式会社)
業種 建設業
法人番号 3120001039386
事業内容 総合建設業(土木・建築・管・電気および電気通信工事・その他建設工事全般)、設計業、不動産所有売買
代表者 代表取締役社長 猪崎光一
資本金 20億円
発行済株式総数 288,357千株
売上高 単体:419億92百万円
連結:436億59百万円
純利益 単体:12億45百万円
連結:12億21百万円
純資産 単体:80億5百万円
連結:84億74百万円
総資産 単体:376億93百万円
連結:386億25百万円
従業員数 単体:423人
決算期 3月31日
主要株主 南海電気鉄道株式会社 57.69%
住之江興業株式会社 4.06%
株式会社大林組 3.83%
主要子会社 南海建設興業株式会社
株式会社京阪電気商会
日本ケーモー工事株式会社
関係する人物 川勝傳
外部リンク www.nantatsu.co.jp
特記事項:経営指標は 2016年3月 第73期 有価証券報告書
テンプレートを表示

南海辰村建設株式会社(なんかいたつむらけんせつ)は、大阪市浪速区に本社を置く南海グループの建設会社である。

概要[編集]

高層鉄筋コンクリート造構法システムや南海辰村建設免震構法などの独自の技術を有する。また、外断熱工法に力を注いでいる。岸和田発祥のゼネコンで岩出建設、才門建設とともに泉州名産である玉葱を評してタマネギJVと呼ばれていた。

過去の営業所[編集]

基本理念[編集]

「南海辰村建設は、人とともに、街とともに、お客様とともに、『WELLNESS(健康)、WORLD(地球・環境)、WORTH(価値)、WILL(情熱)、WITH(~と共に)』の5つの“W”で新しい時代にマッチした豊かな環境を創造します。」

沿革[編集]

1944年、大阪府岸和田市において岸和田工業株式会社として設立される。1947年に商号を西田工務店に変更した。1963年には大証2部に上場し、岸和田No.1ゼネコンという地場ゼネコンにとどまらず北海道から九州にいたるまで受注していた。しかしながら、1974年に社長が株式投資に失敗し、会社の経営が悪化する。1975年に南海電鉄の子会社南海建設に吸収合併され、本社を岸和田市から大阪市に移転する。1995年には売上高1000億円を目指し、当時経営難であった辰村組と対等合併した。しかし、景気の悪化、公共事業の縮減もあり経営難となり親会社である南海電気鉄道の支援を受け、支店・営業所の統廃合を実施、資本金を減資し、首都圏と関西圏に資本を集約し、2005年黒字に転換し、経営再建の見通し。

  • 1923年(大正12年)3月 - 西田勝三郎が個人事業として、土木建築請負業を創業。(辰村組の設立は1883年)
  • 1944年(昭和19年)6月 - 岸和田工業株式会社設立。(大阪府岸和田市)
  • 1947年(昭和22年)5月 - 株式会社西田工務店に社名変更。
  • 1949年(昭和24年)11月 - 建設業法により、大阪府知事登録を受ける。
  • 1952年(昭和27年)6月 - 建設業法により、建設大臣登録を受ける。
  • 1962年(昭和37年)6月 - 西広建設株式会社(現:南海建設興業株式会社)を設立。 (連結子会社)
  • 1963年(昭和38年)5月 - 大阪証券取引所第二部上場。
  • 1969年(昭和44年)7月 - 宅地建物取引業法により、大阪府知事より免許を受ける。
  • 1972年(昭和47年)8月 - 建設業法の改正により、特定建設業者として建設大臣許可の許可を受ける。
  • 1972年(昭和47年)8月 - 宅地建物取引業法により、宅地建物取引業者として建設大臣免許の免許を受ける。
  • 1975年(昭和50年)5月 - 南海建設株式会社と合併し、商号を南海建設株式会社に変更。
  • 1975年(昭和50年)5月 - 本社を岸和田市から大阪市浪速区馬淵町23番地へ移転。
  • 1988年(昭和63年)9月 - 本社を大阪市浪速区難波中3丁目5番19号へ移転
  • 1991年(平成3年)5月 - 甲容工業株式会社(後の南海電設株式会社)を買収。
  • 1995年(平成7年)10月 - 株式会社辰村組と合併し、同時に商号を南海辰村建設株式会社に変更。
  • 2006年(平成18年)6月- 立体交差急速施工(TN80工法)高田機工とともに開発。
  • 2007年(平成19年)1月 - 明豊エンタープライズと業務提携。
  • 2009年(平成21年)8月 - 資本金を2,000百万円に減資。
  • 2010年(平成22年)4月 - オリエンタル白石より全株式を取得し、日本ケーモー工事株式会社を買収。(連結子会社)
  • 2013年(平成25年)7月 - 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物株市場統合に伴い、東京証券取引所第二部に指定替え。
  • 2013年(平成25年)10月 - 株式会社京阪電気商会を買収。(連結子会社)
  • 2016年(平成28年)4月 - 南海建設興業株式会社が南海電設株式会社を吸収合併。

大津マンション問題[編集]

地元デベロッパー大覚が売主で、南海辰村建設が施工した滋賀県大津市のマンションにおいて、引き渡し後に見つかった数多くの施工不良により訴訟に発展した[1]。以下に現在までに発覚した問題点及び不審な点を挙げる。

  • 南海辰村建設は合計1350箇所以上ある手直し工事を現在に至るまで完了していない。
  • 南海辰村建設は未入居の49戸分の鍵を現在に至るまで引渡していない。
  • 耐震構造に欠陥があり、建物倒壊の危険がある。人命にかかわる問題である
  • 屋上に増打ちコンクリートを過大に打設 (250トン)
  • 基礎梁コンクリート鉛直打継ぎ部が柱と一体化していない基礎梁が4本ある
  • 基礎梁設備配管貫通孔補強筋無し(100φ以上)
  • 耐震スリットの位置の施工不良 (約80か所)
  • 基礎梁の水平打継ぎ不良(一体化していない)箇所が多くある
  • コンクリート不良(クラックジャンカ)が300ヶ所以上ある
  • 各階床レベルのコンクリート打継ぎ部が一体化されていない
  • 日常生活ができない
  • 地下立体駐車場ピットが地下水の漏水により水没し、駐車場が使えない(現在も漏水は止まらず、累計3m以上水が溜まった)
  • 屋上防水の施工ミスで最上階(14階)全戸に漏水した
  • 管理人室の床下に汚水ピットがあり、臭気がエントランスホールに漏れる
  • 設備が非常に危険な状態。事故が起こってからでは遅すぎる
  • 高圧の電気室内に排水管があり非常に危険(6600ボルト)
  • 電気工事の施工不備
  • 避雷針固定方法に不備
  • ずさんな工事が原因で台風18号により防風スクリーンが落下
  • 建築基準法違反
    • JIS規格でない違法なコンクリートを使用していた(国土交通大臣認定なし)
    • 屋上コンクリート増し打ち工事に関して、工事計画変更の建築確認申請をしていない
  • 契約違反
    • 南海辰村建設は契約図面とは異なる図面で施工していた
  • 設置品目の品質が落とされている
  • ダウングレードされたキッチンと洗面化粧台
  • クローゼットシステムからウォークインクロゼットに無断で変更していた
  • 2階集会室仕の施工方法や材料、品質を無断で落としていた

グループ会社[編集]

提携・共同開発会社[編集]

その他[編集]

1985年阪神タイガースが優勝した日に「ランディ・バースに似ている」との理由から道頓堀川・戎橋で胴上げされた上に同川に落とされたカーネル・サンダース像は、2009年に大阪市の同川の工事に従事していた南海辰村建設の社員によって発見されている。

脚注[編集]

  1. ^ 欠陥だらけ?大津マンション訴訟合戦

関連項目[編集]

外部リンク[編集]