徳島バス南部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徳島バス南部株式会社
Tokushima Bus Nanbu Company, Limited
Tokushima bus Nanbu 0053.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 南部バス(なんぶばす)
本社所在地 日本の旗 日本
771-5408
徳島県那賀郡那賀町吉野字川口18-10
設立 1985年8月8日
業種 陸運業
法人番号 1480001007020
事業内容 路線バスによる旅客輸送
貸切バスによる旅客輸送
代表者 代表取締役社長 吉岡正俊
資本金 1,000万円(2010年3月31日現在)
主要株主 徳島バス株式会社(100%)
外部リンク 徳島バス南部株式会社 Webサイト
テンプレートを表示
牟岐営業所

徳島バス南部株式会社(とくしまバスなんぶ)は、徳島県路線バス貸切バス事業者。南部バスの通称がある。徳島バスの子会社である。

概要[編集]

徳島バスが運行していた徳島県海部郡内(徳島バス阿南担当路線をのぞく)と那賀郡の末端区間のローカル路線を、1985年より引き継いで運行している。一部高知県に乗り入れる。

事業所所在地[編集]

主な路線[編集]

以下の系統の路線がある

  • 1番 :徳島バス川口営業所(徳島バス南部本社) - 日和佐駅
  • 2番 :徳島バス川口営業所(徳島バス南部本社) - 谷山車庫(川俣行きであるが運行上は川俣上まで、川俣から谷山車庫までは予約制) ※路線車は日野リエッセを使用。
  • 3~5番:徳島バス川口営業所(徳島バス南部本社) - 日和田(海川経由(上海川は経由しない)、市宇経由、市宇/上海川経由(北川止まり))
    5番には出原上 - 北川と出原上 - 日和田の区間系統路線もある
  • 6~7番:徳島バス川口営業所(徳島バス南部本社) - 林谷口(市宇経由、上海川/市宇経由)
  • 8番 :徳島バス川口営業所(徳島バス南部本社) - 上海川
  • 9番  :牟岐駅前 - 海南高校前 - 宍喰 - 甲浦新道経由 - 甲浦駅
  • 10番 :牟岐駅前 - 海南高校前 - 宍喰 - 竹ヶ島 - 甲浦旧道経由 - 甲浦 - 甲浦駅前
  • 11番 :牟岐駅前 - 海南高校前 - 宍喰駅前 - 竹ヶ島 - 甲浦旧道経由 - 甲浦 - 甲浦駅前
  • 12番 :牟岐駅前 - 海南高校前 - 宍喰 - 甲浦旧道経由 - 甲浦 - 甲浦駅前
  • 13番 :宍喰祇園通 - 宍喰駅前 - 竹ヶ島 - 甲浦新道経由 - 甲浦駅前
  • 14番 :牟岐駅前 - 海南病院 - 海南高校前 - 宍喰 - 甲浦新道経由 - 甲浦駅前
  • 15番 :牟岐駅前 - 海南病院 - 海南高校前 - 宍喰 - 竹ヶ島 - 甲浦旧道経由 - 甲浦 - 甲浦駅前
  • 16番 :牟岐駅前 - 海南病院 - 海南高校前 - 宍喰 - 宍喰駅前 - 竹ヶ島 - 甲浦旧道経由 - 甲浦 - 甲浦駅前
  • 17番 :牟岐駅前 - 海南病院 - 海南高校前 - 宍喰 - 竹ヶ島 - 甲浦新道経由 - 甲浦駅前
  • 18番 :牟岐駅前 - 海南病院 - 海南高校前 - 宍喰 - 宍喰駅前 - 竹ヶ島 - 甲浦新道経由 - 甲浦駅前

乗換え[編集]

  • 川口(南部バス本社)からは徳島バス丹生谷線に乗り換えることができる。
  • 牟岐線は、宍喰駅前・海南駅前・甲浦駅前から阿佐海岸鉄道に乗換可能。
  • 牟岐線の海南病院前・海南文化村からは轟の滝行き海南町営バス(現・海陽町営バス[1])に乗換可能。
  • 牟岐線の甲浦駅前からは高知東部交通バスに乗換可能。
  • 牟岐線の甲浦・宍喰温泉前(ホテルリビエラししくい)・海部駅前・浅川駅前・牟岐駅前(南部バス牟岐営業所)、川口線の日和佐(道の駅ひわさ)からは徳島バスの高速バスEDDY号(室戸 - 大阪)に乗換できる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]