海部郡 (徳島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徳島県海部郡の位置(1.牟岐町 2.美波町 3.海陽町 薄黄:後に他郡に編入された区域)

海部郡(かいふぐん)は徳島県阿波国)の

人口19,733人、面積525.07km²、人口密度37.6人/km²。(2017年10月1日、推計人口

以下の3町を含む。

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記3町のほか、那賀郡那賀町の一部(川俣、深森、古屋、大戸、平谷、白石、大殿、木頭各町より南西)にあたる。

上灘・下灘[編集]

江戸時代から見える海部郡の広域通称名。現在の美波町牟岐町にわたる群北東部一帯を上灘(かみなだ)と称し、現海陽町の一帯を下灘(しもなだ)という。

歴史[編集]

平安時代末期に那賀郡の南部が分立した。

原始・古代[編集]

  • 海部郡は那賀郡から分離・独立して成立したが、阿波志によると海部郡には「和名抄」に記されてある那賀郡海部郷・和射郷が含まれていたという説がある。
  • 阿波国郡史によると、阿南市福井町椿地にある寿永四年(元暦二年、1185年)正月二八日の線刻弥勒菩薩坐像銘に「阿波国海部郡福井里大谷」とあり、海部郡は同年以前に成立していたものと思われる。

中世[編集]

  • 宍咋庄、福井庄、海部郷、浅河郷、牟岐郷、日和佐保などがその頃には成立する。

近世以降の沿革[編集]

中村、牟岐浦、内妻村、浅川村、浅川浦、阿部浦、伊座利浦、東由岐浦、西由岐浦、志和岐浦、田井村、北河内村、西河内村、赤松村、奥河内村、山河内村、橘村、辺川村、河内村、川長村、灘村、四方原村、大里村、鞆浦、奥浦、高園村、野江村、芝村、熟田村、吉野村、多良村、富田村、吉田村、大井村、中山村、櫛川村、相川村、若松村、神野村、平井村、小川村、宍喰浦、久保村、日比原村、尾崎村、芥附村、広岡村、角坂村、塩深村、船津村、久尾村、小谷村、平谷村、古屋村、木岐浦、木岐村、海川村、南宇村、助村、折宇村、出原村、北川村、和無田村、西宇村

町村制以降の沿革[編集]

1.阿部村 2.三岐田村 3.日和佐村 4.赤河内村 5.牟岐村 6.浅川村 7.川東村 8.川西村 9.鞆奥村 10.川上村 11.宍喰村 12.下木頭村 13.中木頭村 14.上木頭村 15.奥木頭村(紫:美波町 桃:海陽町 赤:那賀郡那賀町 青:合併なし)
  • 明治22年(1889年10月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。郡役所の所在地が日和佐町となる。(15村)
    • 阿部村 ← 阿部浦、伊座利浦(現・美波町)
    • 三岐田村 ← 西由岐浦、志和岐浦、西由岐村[2]、東由岐浦、木岐浦、木岐村、田井村(現・美波町)
    • 日和佐村 ← 日和佐浦[3]、奥河内村、恵比須浜村[4](現・美波町)
    • 赤河内村 ← 北河内村、西河内村、山河内村、赤松村(現・美波町)
    • 牟岐村 ← 河内村、辺川村、橘村、牟岐浦、灘村、川長村、中村、内妻村(現・牟岐町)
    • 浅川村 ← 浅川村、浅川浦(現・海陽町)
    • 川東村 ← 大里村、四方原村、多良村、吉野村、熟田村(現・海陽町)
    • 川西村 ← 高園村、野江村、芝村、中山村、櫛川村、吉田村、富田村、大井村(現・海陽町)
    • 鞆奥村 ← 鞆浦、奥浦(現・海陽町)
    • 川上村 ← 平井村、小川村、神野村、若松村、相川村(現・海陽町)
    • 宍喰村 ← 宍喰浦、久保村、日比原村、尾崎村、久尾村、船津村、塩深村、角坂村、芥附村、広岡村、小谷村(現・海陽町)
    • 下木頭村 ← 古屋村、小計村[5]、大戸村[5]、深森村[5]、川俣村[5](現・那賀郡那賀町)
    • 中木頭村 ← 成瀬村[6]、符殿村[6]、丈ヶ谷村[6]、御所谷村[6]、大殿村[6]、平谷村、白石村[6](現・那賀郡那賀町)
    • 上木頭村 ← 海川村、出原村、和無田村、助村(現・那賀郡那賀町)
    • 奥木頭村 ← 南宇村、折宇村、北川村、西宇村(現・那賀郡那賀町)
  • 明治24年(1891年4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治40年(1907年1月1日 - 日和佐村が町制施行して日和佐町となる。(1町14村)
  • 明治44年(1911年)10月1日 - 上木頭村の一部(和無田・出原)が奥木頭村に編入。
  • 大正4年(1915年11月10日 - 牟岐村が町制施行して牟岐町となる。(2町13村)
  • 大正11年(1922年4月17日 - 三岐田村が町制施行して三岐田町となる。(3町12村)
  • 大正12年(1923年
    • 1月1日 - 鞆奥村が町制施行して鞆奥町となる。(4町11村)
    • 4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正13年(1924年8月10日 - 宍喰村が町制施行して宍喰町となる。(5町10村)
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)7月1日 - 下木頭村が那賀郡宮浜村に編入。(5町9村)
  • 昭和8年(1933年)1月1日 - 奥木頭村が改称して木頭村となる。
  • 昭和26年(1951年)1月1日 - 中木頭村・上木頭村・木頭村の所属郡が那賀郡に変更。(5町6村)
  • 昭和30年(1955年
    • 2月11日 - 三岐田町が阿部村を編入のうえ改称して由岐町となる。(5町5村)
    • 3月31日(6町1村)
      • 鞆奥町・川西村が合併して海部町が発足。
      • 浅川村・川東村・川上村が合併して海南町が発足。
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 赤河内村が日和佐町を編入のうえ町制施行して赤河内町となる。赤河内町が即日改称して日和佐町となる。(6町)
  • 平成18年(2006年)3月31日(3町)
    • 海南町・海部町・宍喰町が合併して海陽町が発足。
    • 由岐町・日和佐町が合併して美波町が発足。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 布達は前年12月6日だが、本項では実施日とした。
  2. ^ 西由岐浦のうち村方。本項では村数に数えない。
  3. ^ 「旧高旧領取調帳」では北河内村・西河内村・奥河内村・山河内村に含む。本項では村数に数えない。
  4. ^ 日和佐浦のうち。本項では村数に数えない。
  5. ^ a b c d 古屋村のうち。本項では村数に数えない。
  6. ^ a b c d e f 平谷村のうち。本項では村数に数えない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
那賀郡
行政区の変遷
(不明) -
次代:
(現存)