美波町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなみちょう
美波町
Minami Motage2.jpg
Flag of Minami Tokushima.JPG Minami Tokushima chapter.JPG
町旗 町章
2006年3月31日制定
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
海部郡
市町村コード 36387-1
法人番号 9000020363871 ウィキデータを編集
面積 140.80km2
総人口 6,398[編集]
推計人口、2019年10月1日)
人口密度 45.4人/km2
隣接自治体 阿南市那賀郡那賀町、海部郡海陽町牟岐町
町の木 ウバメガシ
町の花 サクラ
町の鳥 イワツバメ
美波町役場
町長 影治信良
所在地 779-2305
徳島県海部郡美波町奥河内字本村18番地1
北緯33度44分4.6秒東経134度32分7.9秒座標: 北緯33度44分4.6秒 東経134度32分7.9秒
Minami town hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

美波町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

美波町(みなみちょう)は、徳島県南部に位置する四国霊場薬王寺に参拝する遍路で門前町は賑わい、室戸阿南海岸国定公園でもある海岸ではアカウミガメが産卵に訪れる。世界的にも珍しい施設とする日和佐うみがめ博物館などウミガメで町おこしを行っているほか、後述の漁村留学による地域おこしの成功例や、「美波ふるさと創造戦略」の取り組みの成果が全国から注目されている。

概要[編集]

美波町日和佐地区の中心部
薬王寺の東側にある古くからの商店街
奥河内字寺前で撮影
山間部の集落
赤松字高瀬で撮影

総じて落ち着いた美しい街並みで新日本観光地100選に選ばれているほか、吹き筒花火などでも知られる赤松地区は美しい日本のむら景観百選に選ばれている。四国地方NHKテレビ天気予報では、徳島県南部を代表して「美波」が予報地として報じられる。

明治期にアメリカ船ノースアメリカン号が志和岐沖で座礁した時には、村民総出で救出し、それを聞いたアメリカ大統領から、銀メダルや賞状、250ドルを送られたという逸話がある。

近年は足湯もある道の駅日和佐が新たな県南部の交流拠点・情報発信基地になっているほか、日和佐道路の開通で従来不便だった由岐地域との連絡も改善された。

2007年平成19年)7月に徳島県内では初めて、美波町内の商店からレジ袋の有料化を実施し、年内に海部郡3町にも拡大するなど先駆的に環境意識が高まっている。

同協議会は2007年(平成19年)11月23日、農林水産省による農林水産祭 むらづくり部門の最優秀賞の天皇杯を受賞した。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

合併以来人口減少の一途を辿っていたが、2014年平成26年)には初めて6人の転入超を成し遂げた[1]

Demography36387.svg
美波町と全国の年齢別人口分布(2005年) 美波町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 美波町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

美波町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


気候[編集]

太平洋側気候に属する。全国でも上位1割に入るほどの降水量を誇る多雨地域である。[2]

美波町日和佐(1976年 - 2018年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 19.4
(66.9)
23.3
(73.9)
23.9
(75)
27.8
(82)
31.1
(88)
33.3
(91.9)
37.4
(99.3)
37.6
(99.7)
35.5
(95.9)
31.8
(89.2)
26.2
(79.2)
23.4
(74.1)
37.6
(99.7)
平均最高気温 °C (°F) 11.7
(53.1)
12.2
(54)
15.1
(59.2)
19.9
(67.8)
23.6
(74.5)
26.4
(79.5)
30.0
(86)
31.7
(89.1)
29.0
(84.2)
24.1
(75.4)
19.1
(66.4)
14.4
(57.9)
21.5
(70.7)
平均最低気温 °C (°F) 2.4
(36.3)
2.8
(37)
5.6
(42.1)
10.1
(50.2)
14.5
(58.1)
18.7
(65.7)
27.7
(81.9)
23.6
(74.5)
21.1
(70)
15.6
(60.1)
10.0
(50)
4.8
(40.6)
12.7
(54.9)
最低気温記録 °C (°F) −4.9
(23.2)
−8.3
(17.1)
−4.0
(24.8)
0.7
(33.3)
4.3
(39.7)
10.5
(50.9)
15.6
(60.1)
17.7
(63.9)
12.9
(55.2)
5.5
(41.9)
−0.3
(31.5)
−4.1
(24.6)
−8.3
(17.1)
降水量 mm (inch) 76.5
(3.012)
110.7
(4.358)
179.9
(7.083)
239.1
(9.413)
269.3
(10.602)
344.0
(13.543)
290.7
(11.445)
247.6
(9.748)
315.9
(12.437)
199.1
(7.839)
146.1
(5.752)
76.5
(3.012)
2,516.9
(99.091)
平均月間日照時間 173.9 164.7 179.9 194.6 185.5 144.4 183.8 212.9 163.1 170.7 165.1 182.0 2,120.5
出典 1: 気象庁 [統計 1]
出典 2: 気象庁 [統計 2]

歴史[編集]

原始[編集]

古代[編集]

阿波国那賀郡中男海藻六斤 和射」[4]
日和佐を中心とする漁村が「和射(わさ)」と呼ばれ、「ワカメ」を献上していた(海部郡は未だ成立していない)。
  • 935年承平5年)1月22日から1月26日にかけて土佐日記の作者『紀貫之』が土佐から京都への帰る途中、日和佐に阿波国内では最長の4泊停泊。恵比須浜港に停泊したという説が有力である。日和佐港は阿波国外にも良港として知られていた。

中世[編集]

  • 中世に成立していたとして、日和佐保があった。日和佐保は1379年(康暦元年)5月日の記念銘をもつ日和佐八幡神社旧蔵の朱漆足付盤に以下の記述があるだけである。
阿波国海部郡日和佐保八幡宮」
  • 中世に成立していた荘園として日輪之荘があった。日輪之荘は現在の美波町木岐地区周辺にあったと考えられる。
「阿州日輪之庄岐々之村(1456年(康正2年)旦那願文案/二階堂氏文書/徴古雑抄)」
  • 平家物語」に結城の浦との記述があるが、旧由岐町のことであると考えられる。
阿波国結城の浦より小舟にのり、鳴戸浦をこぎとほり、紀伊路(平家物語 巻一○横笛)
「中二モ阿波ノ雪ノ湊ト云浦二ハ、俄ニ太山ノ如ナル潮漲来テ、在家一千七百余宇、悉ク引塩ニ連テ海底ニ沈シカバ、家々ニ所有ノ僧俗・男女、牛馬・鶏犬、一モ不残底ノ藻屑ト成ニケリ」(太平記 巻三十六)

近世[編集]

日和佐肥前守の子孫の濱氏が阿波藩蜂須賀氏奉行格80余を知行。また薬王寺寺領として十五石を給わった。

近代以降[編集]

美波町章
2006年3月31日制定

美波町誕生後[編集]

地域[編集]

大字[編集]

由岐地区[編集]

郵便番号 大字名
779-2101 西の地
779-2102 港町
779-2103 西由岐
779-2104 東由岐
779-2105 志和岐
779-2106 阿部
779-2107 伊座利
779-2108 木岐
779-2109 田井

日和佐地区[編集]

郵便番号 大字名
779-2301 赤松
779-2302 北河内
779-2303 恵比須浜
779-2304 日和佐浦
779-2305 奥河内
779-2306 西河内
779-2307 山河内

行政[編集]

町長[編集]

代位 町長氏名 任期
就任年月日 退任年月日
初代 藤井格 2006年平成18年)5月 2009年(平成21年)7月
第2代 影治信良 2009年(平成21年)8月24日 現職

自治体交流[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

特別支援養護学校[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

日和佐駅

町役場の最寄駅は日和佐駅である。特急列車は由岐駅と日和佐駅に停車する。田井ノ浜駅は海水浴シーズンのみ営業する。

阿南市) - 由岐駅 - (臨時駅:田井ノ浜駅) - 木岐駅 - 北河内駅 - 日和佐駅 - 山河内駅 - (牟岐町

バス[編集]

旧由岐地区 - 旧日和佐地区を相互に結ぶバス路線は無い。

道路[編集]

美波町中心部を縦断する国道55号
奥河内字寺前で撮影
一般国道
地域高規格道路
県道
道の駅

特徴[編集]

集落再生に成功[編集]

漁村地域の伊座利(いざり)地区では、地域の人口減少・廃校問題に危機感を持った住民が主体的に、「学校の灯火を消すな!」を合言葉に「伊座利の未来を考える推進協議会」を結成、家を用意して家族ぐるみの県外からの漁村留学に取り組んだ。その結果、6年間で地区の人口を100人から130人へと130%に増加させており、地方自立や地方分権のあり方・ヒントとして全国的注目を浴びている[9]

「美波ふるさと創造戦略」の取り組み[編集]

“にぎやかそ” にぎやかな過疎の町 美波町[編集]

2018年12月1日、美波町は、人口減少や過疎化が進もうとも、活気あふれるにぎや かな町であり続けることを目指し、まちづくりのキャッチフレーズを「“にぎやかそ” にぎ やかな過疎の町 美波町」と定めた。

徳島県美波町は、少子高齢化や人口流出による深刻な過疎化への対策として、2015 年に地方創生総合戦略「美波ふるさと創造戦略 ~共創によるまちづくり~」を定め、美波町ら しさを活かした地域振興策を進めてきた。 都市部のベンチャー企業等を誘致するサテライトオフィス誘致政策や、学童の多拠点就学 を可能とするデュアルスクール制度を日本で初めて実現するなど、先駆的な取り組みを進めた結果、徳島県内最多となるサテライトオフィス企業の進出・集積(2018年年 11 月末時点) や、若者移住者の増加、また、古民家を活用した飲食店などのサービス業が次々と開業する など、町には変化が生まれ、あらたな“にぎわい”が生まれつつある。こうしたにぎや かな過疎地の姿は、地方創生や若者の新たな生き方を描いた、映画「波乗りオフィスへよう こそ」のモデルと舞台となるなど、人口減少の続く過疎地でも可能な地域振興モデルとして 全国からも注目を集めている。 こうした流れをさらに拡げるべく、美波町が目指すまちづくりのあり方を、町内外に明確 に伝えるキャッチフレーズ「“にぎやかそ” にぎやかな過疎の町 美波町」をこのたび策定した。 高齢化率が 45%を超す美波町では、今後も人口減少局面が続くことが予想されている。 こうした厳しい現実にしっかりと向き合いながら、人口減少の進む過疎の町であっても、内 外から人が集い、開業や起業が相次ぐにぎやかな町を、このキャッチフレーズとロゴのもと、 関係者一丸となって目指すことを宣言する。

美波町HP     プレスリリース


2拠点就学/他拠点就学を可能とする「 デュアルスクール 」を日本ではじめて実施(2016年)

徳島県教育委員会「デュアルスクールについて

デュアルスクール公式HP


経済産業省「地方版IoT推進ラボ」認定自治体となる(2017年8月認定)

地方版IoT推進ラボ「美波町IoT推進ラボについて」

  • 地方自治法70周年記念総務大臣表彰(美波町)
  • 第6回プラチナ大賞ライフデザイン賞・プラチナシティ認定(美波町)
  • MCPC award 2018特別賞(株式会社Skeed)他


美波町を舞台に、地方創生の取り組みをモデルとした映画「波乗りオフィスへようこそ」が製作される(2019年4月公開)

映画オフィシャルサイト


地域創生 主な実績(2018年)[編集]

2014年に施行された「まち・ひと・しごと創生法」を踏まえ、地方が直面する様々な問題に真っ向から立ち向かおうと、美波町は2015年度に「美波ふるさと創造戦略」を5カ年計画として策定した。その後半期が始まった2018年、ひとりひとりが自分事として住民総参加で地方創生を進めることを提唱する「美波ふるさと創造戦略~共創によるまちづくり~」を策定した。この2018年には、美波町の地方創生の取り組みの具体的な成果として、以下の実績が挙げられる。

以下の実績リストは、2019年1月発行の美波町広報誌に掲載されている。「広報みなみ2019年1月号」 [1]

■ 株式会社イーツリーズ・ジャパンが日和佐小学校でプログラミングワークショップを実施

■ 美波町を舞台にした映画「波乗りオフィスへようこそ」の制作が決定

■ コワーキングスペース「ミナミマリンラボ」がオープン

■ 韓国放送公社KBS が美波町の地方創生を取材、報道番組にて放映

■ TV 東京「ロンブー淳のニッポンの優しいまち」でサテライトオフィス企業を紹介

■ 桜町商店街に複合施設「at Teramae」がオープン

■ 株式会社エリセカンパニー(東京都)が阿部地区にサテライトオフィス開設

■ ミナミマリンラボを利用し、株式会社VQSが遠隔塾の実証実験を実施

■ 映画「波乗りオフィスへようこそ」約1ヶ月の美波町ロケ実施

■ 株式会社兵頭デザインが日和佐小学校でデザインワークショップを実施

■ 門前町再生化事業として桜町商店街に「藍庵」がオープン

■ IT 技術者UIJターン支援サイトにて美波町サテライトオフィス企業特集

■ 阿南高専インターンシップ、プロコン開発合宿をサテライトオフィス企業が支援

■ 美波町避難訓練にて日和佐地区の一部で、昨年に引き続き減災実証実験を実施

■ 日和佐小で、デュアルスクール本年度4 例目、5 例目、6 例目を受け入れ

■ 日和佐八幡神社秋祭りでサテライトオフィス関係者(移住者)の地区責任者抜擢(2 例目)

■ 戎野朗生建築設計事務所(大阪府)が西河内地区にサテライトオフィスを開設

■ 株式会社リクルート「2019年トレンド予測」でデュアルスクールがトレンド入り

■ サテライトオフィス開設数18 社(2018年12 月現在)

■ まちづくりの新キャッチフレーズ「にぎやかそ」発表

三大都市圏からの転入超過回数が全国最上位15市町村のひとつに[編集]

国土交通省国土政策局が総務省統計局の「住民基本台帳人口移動報告(H24~H29)」から作成したデータでは、美波町が取り組んできた「美波ふるさと創造戦略」「美波町人口ビジョン」の成果とも言える結果が現れている。

美波町は、三大都市圏からの転入超過回数が全国最上位15市町村のひとつとなっている。「にぎやかそ にぎやかな過疎の町 美波町」では、今後訪れる人口減少社会の中でより多くの若者、優秀な人材にこの町を選び、移住してもらうことを目指している。その美波町は、三大首都圏を除く1,264市町村の中でベスト15だということになる。

また三大都市圏からの転入超過が4回以上あった市町村のうち、美波町は最上位の6回以上となっている。(4回以上の転入超過は89自治体、5回以上の転入超過は僅か37自治体)


国交省発表「移住等に関する定量分析」(2018年9月25日 国土審議会計画推進部会第 11 回住み続けられる国土専門委員会)

「広報みなみ 2019年3月号」

人口推計に現れた「美波ふるさと創造戦略」の成果[編集]

「美波ふるさと創造戦略」とともに策定された「美波町人口ビジョン」は、人口減少傾向に歯止めをかけようとする国や県の計画と同様に、2060年を見据えている。

ここ数年で急に耳にするようになった「人口減少社会」という言葉。国勢調査の結果から算出したところ、2015年から日本は人口減少に転じ、2060年には8,000 万人台までに。都市部を含めた全ての地域が、深刻な人手不足になると予測されている。

国立社会保障・人口問題研究所(社人研)からは5年ごとに未来の人口予測が発表されていますが、2018年分において、美波町は前回の2013年分との比較で大きく上向いた予測を見ることができた。

徳島県内24市町村のうち、前回よりもプラスとなったのは10市町。県南部は美波町を除いて全てがマイナス、つまりさらに減少が進むとの結果となっている中、元々の人口規模や日本の全人口の未来予測から考えれば、プラス9%は驚異的なアップ率である。

2013年から2918年は、美波町では地方創生・地域振興事業を加速させ、「美波ふるさと創造戦略」「美波町人口ビジョン」を策定した時期と合致する。住民みなが大切にする“ふるさと”である美波町の魅力を再発見し、磨きをかけて新たな“価値”を創造し、未来の扉を拓いていくために、住民や企業、町などみんなの総参加のもと“共創(協奏)”して取り組む。過疎であってもにぎやかな町、『にぎやかそ』を目指した結果が、今回の数字となってあらわれ始めていると言えるのではないか。


国立社会保障・人口問題研究所発表推計データに基づく

『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)』 『日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)』

「広報みなみ 2019年7月号」

サテライトオフィス企業の誘致数が日本一に[編集]

2019年8月総務省発表の最新統計では、サテライトオフィス開設数全国1位(同数1位:北海道)である徳島県の中でも最多数となる、19社が美波町にサテライトオフィスを開設している。(2018年度末時点)

これは、美波町が注力してきたICT関連企業の積極的かつ継続的な誘致の成果と言える。

SDGsへの取り組み[編集]

  • 国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の視点から住み続けられるまちづくりを一緒に考えていくため、昭和女子大と連携協定を締結 (2019年7月4日)
  • 7月6日 SDGsに関する講演会を実施 リンク
  • 8月に昭和女子大、明治大学の協力を得、美波町在住中高生が「住み続けられるまちづくり」を考えるSDGsに関するフィールドワークを実施 リンク
  • SDGs(持続可能な開発目標)に係る昭和女子大学共同研究調査報告会を開催 リンク


地域支援企業の誕生[編集]

美波町には、自社が美波町にサテライトオフィスを開設して以降、自社事業推進と同時に美波町を支援することに事業を拡大し、さらなるサテライトオフィス企業や事業者を町に呼び込むという好循環が起きている。

一例として株式会社あわえなどがある。

株式会社あわえ 公式HP

特産品[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡
名勝
博物館など
催事
  • 由岐天神祭り(7月日曜)
  • 由岐の連続秋祭り(9月中旬)
  • 伊勢エビ祭り(10月日曜)
  • 赤松地区の吹筒花火(10月)
  • うみがめ祭り(7月中旬)
  • ひわさうみがめトライアスロン(うみがめ祭りの翌日)
  • 八幡神社秋季例祭(秋祭り)日和佐地区(10月)

出身有名人[編集]

縁のある人物[編集]

ゆかりのある放送[編集]

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113

脚注[編集]

  1. ^ 漁師町にITオフィス 「東京よりかっこいい」:読売新聞
  2. ^ 年降水量(平年値)ランキング”. weather.time-j.net. 2019年6月26日閲覧。
  3. ^ 徳島県立埋蔵文化財総合センター - とくしま埋文資料集成
  4. ^ 中男とは養老令で17 - 20歳の男子を指し、また海藻はワカメのことである。
  5. ^ 下中直人、徳島県の地名、第37巻、日本歴史地名大系、2000年2月25日、p692-p693
  6. ^ 図典 日本の市町村章 p191
  7. ^ 『日和佐高跡地に建設 防災ヘリポート 完成祝い式典』徳島新聞2013年3月28日 18面 地域面 ワイドとくしま
  8. ^ 八角健太 (2016年2月16日). “津波に備え、病院が標高23メートルの高台に 美波町、完成し記念式典”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 徳島全県版 
  9. ^ 2006年(平成18年)8月20日日本経済新聞社説2007年(平成19年)10月20日徳島新聞社説ほか
  10. ^ ファミリーヒストリー 蛭子能収〜伝説の漁師集団 父は死の海にこぎだす〜”. gooテレビ番組. 2019年10月6日閲覧。
  11. ^ 平成21年度後期の連続テレビ小説は「ウェルかめ」です!”. 日本放送協会 (2009年1月8日). 2019年10月6日閲覧。

統計資料[編集]

  1. ^ 平年値(年・月ごとの値)1981-2010”. 気象庁. 2019年6月26日閲覧。
  2. ^ 観測史上1〜10位の値1976-2019”. 気象庁. 2019年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]