りんくうプレミアム・アウトレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りんくうプレミアム・アウトレット
Rinku Premium Outlets
Rinku premium outlets02s3200.jpg
店舗概要
所在地 598-8508
大阪府泉佐野市りんくう往来南3-28[1]
北緯34度24分23秒東経135度17分45.9秒
開業日 2000年(平成12年)11月23日[2]
施設所有者 三菱地所・サイモン[3]
施設管理者 三菱地所・サイモン[4]
敷地面積 開業時~第2期増設:約42,000m²[1]

第3期増設後:約59,000m²[1]

第4期増設後:約86,500[1]
商業施設面積 開業時:約16,900m²[1]

第2期増設後:約23,500m²[1]

第3期増設後:約30,000m²[1]

第4期増設後:約39,400[1]
店舗数 開業時:79店舗[1]

第2期増設後:119店舗[1]

第3期増設後:153店舗[1]

第4期増設後:208店舗[5]
営業時間 10:00~20:00[1](8月のみ21:00)
駐車台数 約2,900台[1]
外部リンク 公式サイト
りんくうゲートタワービルの南に位置するりんくうプレミアム・アウトレット

りんくうプレミアム・アウトレット(英文名称:Rinku Premium Outlets)は、大阪府泉佐野市に所在するアウトレットモールである[4]

概要[編集]

2000年(平成12年)11月23日の開業で[2]三菱地所グループの三菱地所・サイモンが運営する[4]

2002年(平成14年)3月8日に第2期増設[1]2004年(平成16年)12月3日に第3期増設[1]、2012年(平成24年)7月12日に第4期増設が行われて[5]神戸三田プレミアム・アウトレットと並ぶ関西2大アウトレットモールの一つとなった[6]

関西国際空港の対岸に位置するりんくうタウンの一角にあり[7]、三菱地所・サイモンが運営する施設の中で海外客の利用が最も多い[4]

そのため、関空からシャトルバスが運行されており、また、関空でのトランジット客向けツアーも催行されている[8]

また、2013年(平成24年)10月にはイスラム教徒向けの礼拝室を設置するなどイスラム系の外国人客への対応も強化している[3]

いわゆる日本国内観光の「ゴールデンルート」[注釈 1]における最終日の航空機出発時刻までの時間調整に利用できる[要出典]

関西圏のみ周遊する国際観光客にとっても、京都・奈良を初めとする近畿地方の観光地や大阪都心部との途上に位置し利便性が高い。 また、四国中国地方からの日本人向けツアーも実施されている[要出典]

外観は、チャールストン(米国南部の港町)をイメージして造られている[10]

年間来客者数は約500万人[11]

交通アクセス[編集]

※ 一時期(バーゲン時等)、大阪梅田から「りんくうプレミアム・アウトレット号(直行ショッピングバス)」(阪急観光バス)も運行されていた[12]。(阪急観光バス#ツアーバスの項参照。)

周辺施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “りんくうプレミアム・アウトレット 国内最大の駅近アウトレットへ 2012年7月12日 第4期増設オープン 出店ブランド発表 2012年12月 さらに神戸三田プレミアムアウトレット第3期増設計画発表”. チェルシージャパン. (2012年3月8日)
  2. ^ a b “チェルシージャパン りんくうプレミアム・アウトレット西日本最大級モール大阪府泉佐野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年12月21日)
  3. ^ a b 加賀谷和樹 (2013年10月19日). “エコノ探偵団 「イスラム」仕様広がる 16億人の成長市場に的”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社)
  4. ^ a b c d “今年の訪日外国人、最多に、中国人客、消費回復下支え、百貨店やアウトレット、「御殿場」2.3倍”. 日経MJ(日本経済新聞社). (2013年11月22日)
  5. ^ a b “りんくうプレミアム・アウトレット 7月増設オープン”. 大阪日日新聞(新日本海新聞社). (2012年5月22日)
  6. ^ “合計約430店舗の関西2大アウトレット チェルシージャパン(株) 大阪府泉佐野市 りんくうプレミアム・アウトレット 兵庫県神戸市 神戸三田プレミアム・アウトレット”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2012年4月19日)
  7. ^ “大阪府、りんくうタウンで新商業用地貸し出し”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2010年11月5日)
  8. ^ a b “関空でトランジットツアー始まる、外客に周辺観光提案”. 週刊観光経済新聞(観光経済新聞社). (2008年5月31日)
  9. ^ “視察と同時に観光も タイ教育関係者に注力 横浜市とビューロー”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2014年7月10日)
  10. ^ ええトコ!泉佐野「りんくうタウン」泉佐野市役所ホームページ2015年1月31日閲覧
  11. ^ ホスピタリティに満ちたクールな日本の玄関口へ ~りんくうタウンのさらなる活性化に向けたまちづくり戦略プラン~ 大阪府
  12. ^ 平成20年8月22日放送分毎日放送「ちちんぷいぷい」ホームページ

注釈[編集]

  1. ^ 東京と大阪の間を旅行し、その間に富士山などを観光する国際観光客定番のルートで、中国からの観光客などアジア系の外国人客に人気がある[9]


外部リンク[編集]