イオンモールりんくう泉南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモールりんくう泉南
AEON MALL RINKŪ-SENNAN‎
ÆON MALL Rinkusennan.jpg
地図
店舗概要
所在地 590-0535
大阪府泉南市りんくう南浜3-12
座標 北緯34度22分50.8秒 東経135度16分4.5秒 / 北緯34.380778度 東経135.267917度 / 34.380778; 135.267917座標: 北緯34度22分50.8秒 東経135度16分4.5秒 / 北緯34.380778度 東経135.267917度 / 34.380778; 135.267917
開業日 2004年 (平成16年) 11月12日
敷地面積 157,000 m²
延床面積 156,000 m² (容積率99%)
商業施設面積 76,000 m²[1]
中核店舗 イオンりんくう泉南店
店舗数 170
営業時間 8:00 - 23:00
駐車台数 4,700台
商圏人口 約50万人、約16万世帯
最寄駅 岡田浦駅樽井駅
最寄IC りんくうIC
外部リンク イオンモールりんくう泉南
AEON MALL logo.svg

イオンモールりんくう泉南 (イオンモールりんくうせんなん) は、大阪府泉南市に立地するイオンモール運営のモール型ショッピングセンター

2004年 (平成16年) 11月12日開業。2007年9月22日に、名称を「イオンりんくう泉南ショッピングセンター」から上記名称に変更した。

概要[編集]

イオンモール初の関西施設で、イオンなどのイオングループ関連店舗などのほか、170の専門店テナントが出店している。大阪湾に面した2階西側にはフードコートの外部スペースとして展望デッキ「サンセットテラス」が設けられ、対岸の関西国際空港を発着する航空機を見ることができる。

当モールはりんくうタウンの敷地を定期借地権により大阪府から借り受けたものである。開業と前後して、周辺部に企業の事務所や工場が建設されている。

当モールとりんくうプレミアム・アウトレットの開業により、沿線道路の府道泉佐野岩出線の交通量が増加し、休日に激しい渋滞を引き起こす要因にもなっている。

2017年4月には全体の75%を刷新するという大規模なリニューアルを行った。[2]

テナント[編集]

2017年10月23日現在[3]

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

アクセス[編集]

路線バス[編集]

りんくうタウン駅からの路線バス (南海ウイングバス南部)

南海ウイングバス南部によりりんくうタウン駅和泉砂川駅 (一部樽井駅経由) ・尾崎駅からの路線が運行されている。このほか、土曜日・休日に和歌山バス那賀により岩出駅からの路線が運行されている。

運行時刻の詳細は公式サイト「電車・バスのアクセス」を参照。

鉄道[編集]

徒歩圏内の最寄駅は南海線樽井駅である。同駅の難波寄りにある踏切は元は集合住宅地 (現在の倉庫敷地) に通じる一般踏切であったが、東洋クロス樽井事業所の業務拡大による用地確保の関係で同事業所の構内踏切とされたため通行できない。その代替として南海線を跨ぐ歩道橋が建設されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC一覧 (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会 (2017年12月). 2018年7月1日閲覧。
  2. ^ “イオンモールりんくう泉南/大規模リニューアル、132店舗刷新”. 流通ニュース http://ryutsuu.biz/store/j031311.html. (2017年3月22日) 
  3. ^ 公式サイト「[1]」による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]