神戸新交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸新交通株式会社
Kobe New Transit Co., Ltd.
神戸新交通ロゴマーク
神戸新交通本社ビル
神戸新交通本社ビル(神戸市中央区)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 新神交、KNT、新交通、ポートライナー、六甲ライナー
本社所在地 日本の旗 日本
650-0045
兵庫県神戸市中央区港島六丁目6番地の1
設立 1977年昭和52年)7月18日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業(第1種鉄道事業者)、販売事業、賃貸事業、建設事業 他
代表者 代表取締役社長 川野理
資本金 242億6,600万円(2015年3月期)
発行済株式総数 485万3,200株
売上高 68億0,726万円(2015年3月期)
営業利益 6億7,914万円(2015年3月期)
経常利益 4億0,992万円(2015年3月期)
純利益 2億6,108万円(2015年3月期)
純資産 40億7,147万円(2015年3月期)
総資産 337億8,591万円(2015年3月期)
従業員数 167人(2015年3月期)
決算期 毎年3月31日
主要株主 神戸市 77.16%
外部リンク http://www.knt-liner.co.jp/
テンプレートを表示

神戸新交通株式会社(こうべしんこうつう、: Kobe New Transit Co., Ltd.)は、兵庫県神戸市で2つの新交通システム路線を運営している、神戸市などの出資による第三セクター方式の鉄道会社である。本社は神戸市中央区港島六丁目6番地の1。

スルッとKANSAIでカードに印字される符号はKSであり、略字は新神交である。

歴史[編集]

  • 1977年(昭和52年)7月18日 設立。
  • 1981年(昭和56年)2月5日 ポートアイランド線が開業。日本初の実用的な新交通システムおよび世界初の自動無人運転方式。
  • 1990年(平成2年)2月21日 六甲アイランド線が開業。
  • 2006年(平成18年)
    • 2月2日 ポートアイランド線が神戸空港まで複線化・延伸開業。運賃を均一制から対キロ区間制に変更。
    • 7月1日 ICカード「PiTaPa」がポートアイランド線・六甲アイランド線で利用可能になる。
  • 2014年(平成26年)3月1日 交通系ICカード全国相互利用サービス対応開始(詳細は「運賃」の節を参照)[1]

路線[編集]

日本国内で唯一、複数の新交通システム路線を運営している。車両基地を除く全線が高架構造で、自動列車運転装置 (ATO) による自動無人運転が行われている。路線の免特許上は軌道法に基づく軌道区間と鉄道事業法に基づく鉄道区間(第一種鉄道事業)とが混在している。

車両[編集]

新交通システムの特性上、いずれの車両も急曲線・急勾配および自動無人運転に対応できる設計となっており、車輪にゴムタイヤを使用して高加速・高減速性能をもつ。全車両が川崎重工製であり、特にポートアイランド線では同社の技術が採用された。

公式な形式表記は「系」「形」ではなく「」を使用しており、日本の鉄軌道事業者ではまれなケースである。車体側面には「KNT-○○○○」と車両番号が付けられており、車両番号の付与方法は、千の位で型式を、百の位で号車番号を、十ならびに一の位で編成番号を示す。

運用中の車両[編集]

  • 2000型(ポートアイランド線)
  • 1000型(六甲アイランド線)

過去の車両[編集]

  • 8000型(ポートアイランド線)

導入予定の車両[編集]

  • 形式未定(六甲アイランド線)- 2017年度に導入。川崎重工業で製造され、2023年度までに現在の1000型を全て置き換える計画である。[2][3]

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児は半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定。

区数 運賃(円)
1区(初乗り2km) 210
2区(3 - 5km) 250
3区(6 - 8km) 280
4区(9km) 330

ポートアイランド線の南公園駅中埠頭駅・北埠頭駅は運賃計算上、みなとじま駅と同一とみなされているほか、みなとじま駅を経由する定期券に関しても、南公園駅・中埠頭駅・北埠頭駅でも乗降可能である。中公園駅、市民広場駅発着の運賃についても、みなとじま駅発着とみなして計算した場合の運賃と比較して安い方となっている。

2006年2月1日まではポートアイランド・六甲アイランド両線とも240円均一となっていた。ポートアイランド線が神戸空港まで延伸された翌2日から両線とも距離制に改定されたが、その際は既存区間が値上げにならないように配慮された。この結果近距離では値下げとなった。

交通系ICカードは、全国相互利用対応カードPiTaPaICOCAKitacaSuicaPASMOmanacaTOICAnimocaはやかけんSUGOCA)が利用できる。

付帯事業[編集]

テナント[編集]

  • ステラ三宮ビル
  • 市民病院前ビル
  • ステーションパーク ヴィアーレ
  • リオス

イベント[編集]

  • K・N・T ライナーウォーク
  • ポートライナーフェスティバル
  • 六甲ライナーフェスティバル

など

経営状況について[編集]

現在は、単年度収支では毎年黒字を計上しており、その意味では健全な経営状況と言える。しかし、全体で見れば健全とは言えず、これまでの累積赤字が、年々減少しているものの依然重い負担となっていると言われる[4]。現在の累積赤字はおよそ201億円強にのぼっており[5]、これは2006年度決算段階で見れば、神戸市の外郭団体の中で最も大きな累積赤字額である[4][6]北海道夕張市の財政破綻問題を受けて制定された自治体財政健全化法により、自治体本体のみならず外郭団体も財政健全化の対象としてチェックされるようになったことから、財務体質の改善は大きな課題となっている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 3月1日より、神戸新交通(ポートライナー・六甲ライナー)で全国相互利用サービス対応開始! - PiTaPa.com、2014年3月1日(インターネット・アーカイブによる2014年4月2日のアーカイブ)
  2. ^ 神戸新交通六甲アイランド線 車両製造者の決定について - 神戸新交通、2015年3月26日
  3. ^ 神戸新交通六甲アイランド線 車両製造者の決定について (PDF) - 神戸新交通、2015年3月26日
  4. ^ a b 赤字「外郭」見直しへ/神戸市 神戸高速鉄道譲渡神戸新聞、2007年10月25日掲載、2012年4月21日閲覧。
  5. ^ 神戸新交通が公表している平成26年度の決算 (PDF) (現在公表されているものとしては最新)によれば、利益剰余金が-201億9,243万円計上されている。
  6. ^ その順位は、前掲神戸新聞の記事において累積赤字額で神戸新交通に次ぐ第2位とされていた海上アクセスが、2010年度末の時点で約167億円と、増加してこそいるものの上回っていないことから、現在も変わらないと思われる。ただし、両社とも多額の累積損失を抱えているが、海上アクセスが資産額が少ない(平成22年度決算で7億円強)ところに多額の負債(平成22年度決算で139億円弱)を抱える債務超過状態で、それに加えて純資産もマイナス(資本金が35億円しかない)という極めて不健全性の強い財務状態であるのに対し、神戸新交通は同じく多額の負債も抱えているが資産額がそれを上回る資産超過状態で(駅や軌道などの設備が固定資産に計上されていることが大きい)、なおかつ純資産も資本金が多額であることからプラスを維持している。なお、海上アクセスは最終的に民事再生による再建の道を選択している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]