岬町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みさきちょう
岬町
Misaki-koen.jpg
Flag of Misaki Osaka.JPG Symbol of Misaki Osaka.svg
町旗 町章
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
泉南郡
市町村コード 27366-0
法人番号 6000020273660 ウィキデータを編集
面積 49.18km2
総人口 14,720[編集]
推計人口、2020年8月1日)
人口密度 299人/km2
隣接自治体 阪南市
和歌山県和歌山市
町の木 マツ
町の花 ツツジ
岬町役場
町長 田代堯
所在地 599-0392
大阪府泉南郡岬町深日2000番地1
北緯34度19分1秒東経135度8分31.7秒座標: 北緯34度19分1秒 東経135度8分31.7秒
町役場位置

Osaka Misaki town-office.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

岬町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

岬町(みさきちょう)は、大阪府泉南地域に位置し、泉南郡に属するである。

地理[編集]

大阪府の西南端に位置し、背後に和泉山脈を見る。大阪湾に面して対岸に淡路島を望み、古くから紀伊国淡路国四国へ渡る南海道の交通の要衝であった。

  • 山:和泉山脈
  • 河川:番川、大川、東川、西川
  • 海:大阪湾(古名を「茅淳(ちぬ)の海」)大阪府内で唯一残る長松自然海浜がある。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

合併をめぐる議論[編集]

平成の大合併をめぐる議論が提起され法定協議会が設置されたが破談となった。

  • 2001年(平成13年):泉州南広域行政研究会を設置(泉南市阪南市、岬町の2市1町)
  • 2002年(平成14年):泉州南広域行政研究会を設置(泉佐野市田尻町が加入し、3市2町)。
  • 2003年(平成15年):泉州南合併協議会を設置、2005年9月に5市町で合併し新市名を「南泉州市」とすることで合意。
  • 2004年(平成16年):泉佐野市を除く4市町で住民投票実施、岬町のみ賛成多数となるが他の3市町では合併反対が多数を占める。この結果を受け、泉州南合併協議会は解散し合併構想は白紙撤回される。

地域[編集]

人口[編集]

平成27年国勢調査により前回調査からの人口増減をみると、8.95%減の15,938人であり、増減率は府下43市町村中40位、72行政区域中69位[1]

Demography27366.svg
岬町と全国の年齢別人口分布(2005年) 岬町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岬町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

岬町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

町長[編集]

  • 町長:田代堯(たしろ たかし) (2009.10.9 - )

町議会[編集]

  • 議長:奥野学(おくの まなぶ)(2019.5.14 ‐ )

定数は12人。2019年5月14日時点での会派構成は以下の通り。

会派名 議席数 所属党派
大阪維新の会 1 日本維新の会
公明党 1 公明党
日本共産党 1 日本共産党
無所属 9

経済[編集]

産業[編集]

  • 漁業
  • 農業
  • 林業
  • 瓦の生産(「谷川瓦」の名で有名となった)

金融・郵便[編集]

町内には池田泉州銀行・紀陽銀行・JA大阪泉州の支店がある。

郵便局[編集]

岬町内の郵便番号は「599-03xx」(岬郵便局が集配を担当)である。

  • 岬郵便局(淡輪) - 集配局、ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局(2019年1月現在)
  • 岬深日郵便局(深日)
  • 岬多奈川郵便局(多奈川谷川)
  • 岬淡輪郵便局(淡輪)
  • 岬緑ケ丘郵便局(深日)
  • 岬孝子簡易郵便局(孝子)

教育[編集]

交通[編集]

みさき公園駅
ミニループバスみさき

空港[編集]

町内に空港は無い。なお、最寄りの空港は関西国際空港である。

鉄道[編集]

路線バス[編集]

かつて南海電気鉄道(のちに南海ウイングバス南部)が路線バスを運行していたが不採算路線のため撤退し、2001年4月から町内巡回バス「ミニループバスみさき」を運行している。

道路[編集]

道の駅[編集]

港湾[編集]

本四架橋以前は淡路島や四国への航路があったが廃止された。近年では町および兵庫県洲本市などが洲本航路の復活を目指す取り組みを進めており、社会実験航路として高速旅客船「深日洲本ライナー」が期間を定めて運航されている[2]
  • 淡輪漁港
  • 深日漁港
  • 小島漁港

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名勝・公園
施設
旧跡等

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 総務省統計局「平成27年国勢調査」
  2. ^ 航路再生に向けて - 深日洲本ライナー(2020年3月31日閲覧)

外部リンク[編集]