itappy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

itappy(イタッピー)とは、伊丹市交通局が発行する非接触型ICカード方式による乗車カードの名称である。

概要[編集]

従来、伊丹市交通局では伊丹市バスカード、一日乗車カード、スルッとKANSAIカード、Jスルーカード(2007年10月31日取り扱い終了)などでバスに乗車が出来るように便宜を図ってきたが、2008年(平成20年)4月1日よりICカード化することとなった。

名前の由来は、伊丹 (itami) とhappy(幸福)を掛けあわせた造語である。

歴史[編集]

  • 2007年6月1日29日 - 広報や伊丹市のサイトにて愛称公募。
  • 2007年10月1日 - 広報にて愛称がitappyに決定と発表される。
  • 2007年10月31日 - itappy導入による機器の取替え準備のためJスルーカードの取り扱いを終了。
  • 2008年4月1日 - itappy導入。

利用方法[編集]

JR西日本ICOCA、スルッとKANSAI協議会のPiTaPaなど他社のICカード乗車券のように乗降の際にitappyをICカード読み取り機に軽くタッチするだけで事前チャージ(入金)から自動的に乗車料金が精算される。正常にICカードを接触し認証された場合「ピッ」と音が鳴る。

またおとな用と子ども用があるが精算額が子ども運賃となる以外のチャージ額や利用方法などは変わらない。

購入・チャージ方法[編集]

伊丹市交通局(広畑営業所)と阪急伊丹駅前総合案内所の各窓口、JR伊丹駅前と塚口いかりスーパー3階の自動発売機で販売される。

チャージ額に対して一定のプレミア額が付与される。

  • 2,000円チャージで200円(合計2,200円利用可)
  • 4,000円チャージで500円(合計4,500円利用可)
  • 7,000円チャージで1,000円(合計8,000円利用可)

新規販売の際にはデポジット(預かり金)として500円がさらに必要となる。デポジットは運賃としての利用はできないが、itappyを返却する際にはカード残額からプレミア額と手数料(200円)を差し引いた額にデポジットを加算した額が返金される。カード残額からプレミア金額を差し引いた額が200円に満たない場合は、デポジットのみの返却となる。

チャージは窓口・自動発売機・バス車内でできるが、バス車内では1,000円紙幣2枚の2,000円のみの取り扱いとなる。

他社線片利用[編集]

相互利用関係(2013年6月22日現在、クリックで拡大)

itappyそのものは他会社での利用はできないが、ICOCA・PiTaPaがitappyエリアでの利用ができる。 またPiTaPa利用の際、以下のように独自の割引がある(itappy・ICOCA利用の際にはこれらのサービスはない)。

  • PiTaPa 利用額割引
    • 毎月3,000円を超える利用額に対して、段階的に5%・10%・15%の割引を適用する。ただし毎月の利用額によってはitappyのチャージに対するプレミアよりはお得額が少ない。
  • PiTaPa 1か月乗り放題
    • 事前登録が必要で毎月の定額料を支払えば1か月市バスが乗り放題になるサービス。連続で毎月利用すると毎月の定額料が割り引かれる。一度も利用しなかった月には定額料は発生しないが、連続利用の月数はリセットされる。

外部リンク[編集]