神姫グリーンバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神姫グリーンバス株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
679-2413
兵庫県神崎郡神河町中村39-1
本店所在地 670-0913
兵庫県姫路市西駅前町1番地[1]
設立 1997年10月1日
業種 陸運業
法人番号 8140001059270
代表者 本間和典(代表取締役
資本金 3,000万円
売上高 8億8,600万円(2011年度)
主要株主 神姫バス
外部リンク http://www.shinkibus.co.jp/info/group/bus/green.html
テンプレートを表示

神姫グリーンバス株式会社(しんきグリーンバス)は、神姫バスの子会社。乗合バス貸切バスの運行、自家用バスの運転保守管理及び旅行代理業を営む。

神姫バスの路線網から兵庫県神崎郡神崎町大河内町(現・神河町)及び朝来郡生野町(現・朝来市)の事業を分離し、それまでの粟賀(あわが)営業所を引き継ぐ形で1997年10月1日に設立された。本社は兵庫県神崎郡神河町中村39-1。  

2009年7月1日より篠山市(現在の丹波篠山市)・丹波市地域の神姫バス三田営業所篠山出張所、2012年10月1日より西脇市多可町地域の神姫バス西脇営業所の路線をそれぞれ譲受して自社路線となった[2]。このため3営業エリアはそれぞれ独立しており、これらを結ぶ路線は運行されていない。

また、神姫バスから姫路営業所北条出張所・西脇営業所社出張所の管理を受託している。

各営業所所在地[編集]

( )内は営業所・出張所の略号。

  • 粟賀営業所(粟)
  • 粟賀営業所生野車庫(粟)
  • 北条営業所(北:自社路線はなく、神姫バス姫路営業所北条出張所の路線の管理受託のみ)
    • 兵庫県加西市玉丘町字宮ノ前地蔵西748番地
以上、姫路ナンバー
  • 西脇営業所(脇)
  • 西脇営業所鍛冶屋車庫(脇)
  • 西脇営業所鳥羽車庫(脇)
    • 兵庫県多可郡多可町加美区鳥羽
  • 西脇営業所大屋車庫(脇)
    • 兵庫県多可郡多可町八千代区大屋
  • 社営業所(社:自社路線はなく、神姫バス西脇営業所社出張所の路線の管理受託のみ)
  • 篠山営業所清水車庫(篠:神姫バス西脇営業所社出張所清水車庫(社)と共用)
    • 兵庫県加東市平木
  • 篠山営業所(篠)
  • 篠山営業所福住車庫(篠)
    • 兵庫県丹波篠山市福住
  • 篠山営業所草山温泉車庫(篠)
    • 兵庫県丹波篠山市遠方
  • 篠山営業所坂尻車庫(篠)
    • 兵庫県丹波市山南町坂尻47-1
  • 篠山営業所佐治車庫(篠)
    • 兵庫県丹波市青垣町佐治
  • 篠山営業所野瀬車庫(篠)
    • 兵庫県丹波市春日町野瀬
  • 篠山営業所柏原車庫(篠)は廃止になった。
以上、神戸ナンバー

一般路線[編集]

粟賀地区[編集]

神河町内[編集]

全路線が神河町コミュニティバスとして1乗車200円均一で運行されており、1日乗り放題パスポートも400円で販売されている。

親会社である神姫バスは福崎駅前 - 神崎総合病院・粟賀の系統で神姫グリーンバスと接続していたが、2010年末で運行を休止している。

環状線

粟賀営業所-神崎総合病院-福本-福山団地・岡野-支庁舎-新野駅-神河町役場-寺前駅-粟賀営業所

  • 粟賀営業所-寺前駅・新野駅-粟賀営業所間の区間便も多数運行されているため、純粋な環状線としての運行は平日の2往復だけである。
作畑新田線

新野駅 -神崎総合病院-(粟賀町公民館)-(粟賀営業所)-吉祥寺-(グリーンエコー笠形)-中岩屋-東別-(越知谷小学校前)-上越知・-作畑新田-ふるさと村

  • 中岩屋-上越知・ふるさと村間はフリー乗降区間である。
  • 東別-上越知間、越知谷小学校経由便は平日のみの運行。
  • グリーンエコー笠形は土休日のみ経由。
生野線

新野駅-(支庁舎前)-(神崎総合病院)-(粟賀営業所)-猪篠-奥猪篠集会所前・(ヨーデルの森)-生野駅西口

  • 市庁舎前・神崎総合病院で環状線に接続する。
  • 猪篠-奥猪篠集会所前間は平日のみの運行。また同区間はフリー乗降区間である。
上小田線

粟賀営業所-(支庁舎前)-神崎総合病院-新野駅-神河町役場前-寺前駅-日和-峰山口-峰山高原

  • 寺前駅-峰山口間の区間便も運行されている。なお、この区間便は4月1日~11月30日の土休日に限り、峰山口から峰山高原まで延長される。
  • 日和-峰山高原間はフリー乗降区間である。
川上線

粟賀営業所-神崎総合病院-支庁舎前-神河町役場前-寺前駅-長谷- 長谷駅-渕北・川上

  • 長谷-渕北・川上間はフリー乗降区間である。

市川町コミュニティバス[編集]

瀬賀-神崎総合病院線

神崎総合病院-甘地駅-市川町役場-河内口-寺家-リフレッシュパーク市川-河内口

  • 火曜日・金曜日のみ1日2往復の運行。
浅野-神崎総合病院線

神崎総合病院-神崎公民館-甘地駅-市川町役場-御舟坂下-浅野-法雲寺

  • 月曜日・木曜日のみ1日2往復の運行。

この他、朝来市よりコミュニティバスアコバス」の一部路線の運行を受託している。詳細は当該項を参照。

西脇・多可地区[編集]

神姫バス西脇営業所を参照。

篠山・丹波地区[編集]

現行路線[編集]

公会堂前バス停に停車中の清水寺行き
篠山口駅発着
  • 篠山口駅-(図書館前)-篠山営業所
    • 元西日本JRバスの路線である。篠山市中心部へ向かう路線で、篠山営業所の中では最も運転本数が多い。なお図書館前を経由するのは日中のみ。
  • 篠山口駅→コミセン前→ライオン公園→篠山口駅
    • 一方向の循環路線で、運賃は160円均一となっている。
    • コミセン前→篠山口駅、篠山口駅→ライオン公園の区間便も運行されている。
    • 土休日は区間便のみが運行される。
  • 篠山口駅-藍本駅
    • 全便土休日運休である。
  • 篠山口駅-西紀支所-柏原駅
    • 平日5往復・休日3往復の運行。
  • 篠山口駅-西紀支所-草山温泉
    • 平日6往復・休日3往復の運行。
  • 篠山口駅-こんだ薬師温泉兵庫陶芸美術館前
  • 4月・5月、9~11月の土休日のみ運行。標記の停留所以外には停車しない。
篠山営業所発着
  • 篠山営業所-国道古市-和田寺口-市原
    • 1日1往復の運行で、市原側を基準としてダイヤが組まれているため、篠山営業所からバスを利用してその日のうちに市原まで往復することはできない。
  • 篠山営業所-東中学校-福住-奥原山[3]
    • 篠山営業所-福住・東中学校-奥原山間の区間便もある。
    • 福住で京阪京都交通の園篠線(園部駅-福住)と接続し、篠山線の廃止代替路線・西日本JRバス園篠線の代替バスとしての役割も担う。
  • 篠山営業所-東中学校-後川(しつかわ)奥
    • この路線は後川奥を基準としてダイヤが組まれているため、篠山営業所からバスを利用してその日のうちに後川奥まで往復することはできない。
  • 篠山営業所-東中学校-丹波細工所-大芋(おくも)-立金(たつがね)[3]
    • 東中学校-立金間の区間便もある。
    • この路線は2018年4月に大芋地区の市町村運営有償運送の導入に伴ってそれまでの2往復から1往復に減便され、これに伴って篠山営業所からバスを利用してその日のうちに立金まで往復することはできなくなった。
相野駅発着
  • 相野駅 - 藍小学校 - 釜屋 - 兵庫陶芸美術館前
    • 相野駅-兵庫陶芸美術館の直行便もある(土休日のみ運行)。
  • 相野駅 - 藍小学校 - 東立杭 - 兵庫陶芸美術館前 - 和田寺口 - こんだ薬師温泉 - 市原 - 木津 - 清水 - 清水寺
    • 相野駅-こんだ薬師温泉間の区間便もある。
  • 相野駅 - 藍小学校 - 東立杭 - 立杭公会堂前 - 間新田 - 木津 - 清水
    • 1日2往復の運行。この他、清水→相野駅間1本の区間便がある(土休日運休)。
柏原駅発着
  • 柏原病院-柏原駅石生駅-(コープ柏原)-丹波市役所-東町-(関西記念墓園)-大塚病院前(御油)-青垣小学校前-青垣住民センター・佐治
    • 柏原病院-柏原駅・柏原駅-関西記念墓園間の区間便も運行されている。
    • 青柿小学校前-青垣住民センター間は土休日運休である。
    • かつては佐治から先に文室(ふむろ)-大名草(おなざ)上-大名草公民館前間にも路線を延ばしていたが、デマンド式乗合タクシーに転換されて廃止された。
  • 柏原駅 - 石生駅前 - 黒井駅 - 三井庄 - 野瀬
    • 大半が黒井駅-野瀬間の運行となる。
谷川駅発着
  • 谷川駅 - 山南農協 - 和田下町 - 坂尻
    • 他の篠山市・丹波市地域路線とは接続していない孤立路線である。

この他に、丹波篠山市よりコミュニティバスコミバスハートラン」の運行を受託、篠山エリア臨時バスや彼岸・大型連休・年末年始に運行される柏原駅~石生駅~関西記念墓園急行バスも担当している。

廃止路線[編集]

  • 小柿-後川下-後川上-籠の坊
    • 小柿で神姫バスの三田-小柿線と接続していた。
    • 1953年(昭和28年)から運行されてきたが、篠山市の公共交通運行の見直しに伴って籠坊地区に市町村運営有償運送が導入されたため2018年3月限りで廃止された。[4]
  • 丹波細工所 - 貝田橋 - 福住
  • 篠山営業所 - 本篠山 - 真南条上 - 国道古市 - 草野

NicoPaについて[編集]

神姫バスは2006年にICカード乗車券『NicoPa』が導入されたが、神姫グリーンバスではこれまで導入が見送られた。しかし、先述の通り2009年7月に篠山市・丹波市地域路線[5]が、2012年10月に西脇市・多可町地域路線[2]が、それぞれ本体から同社に移譲されたことに伴ってNicoPaが利用できるようになった。

なお、粟賀営業所管内ではNicopa・ICOCAなどのICカード乗車券は一切使用できない。

関連記事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウエスト神姫国税庁法人番号公表サイト
  2. ^ a b 西脇市・多可町、及びその周辺地区発着の一部神姫バス路線を平成24年10月1日(月)より神姫グリーンバスが運行いたします。 (PDF)”. 神姫バス. 2013年3月16日閲覧。
  3. ^ a b 篠山市のスクールバス混乗で運行される。
  4. ^ 60年余のバス路線廃止 住民ら感謝と別れ神戸新聞NEXT 2018年3月31日 2018年5月24日閲覧
  5. ^ 篠山市・丹波市地域の神姫バス路線を、7月1日(水)より、神姫グリーンバスが運行いたします。(PDF)

外部リンク[編集]