神姫バス西神営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神姫バス > 神姫バス西神営業所

神姫バス西神営業所(しんきバス せいしんえいぎょうしょ)は、神姫バスの営業所の一つ。営業所の略号は「西」。

主に神戸市西区明石市を管轄する。

概要[編集]

地下鉄西神・山手線ターミナル駅である西神中央駅を基点に神戸市西区内(主に押部谷町方面)を回る路線を初め、明石営業所と共同で明石駅発着の路線も多く担当している(路線図も明石営業所と同・大久保出張所で共通)。

運行開始当初から、系統番号も明石営業所と通しで、60番台までが明石駅、70・80番台が西神中央駅、90番台が西明石駅発着の路線と分けられていた。しかし、明石営業所が明石市営バス2012年3月16日に運行廃止)や神戸市バスから路線を譲り受けたことにより系統数が増え、現在は複数エリアの路線や明石・西神中央各駅の双方に発着する路線が混在するなど、やや曖昧になっている。

西神中央駅発着の系統番号は、2017年10月現在以下のように分けられている。

  • 10から40番台 - 明石駅・大久保駅方面(17・20系統のみ例外)
  • 70番台 - 高和・押部谷(栄)方面
  • 80番台 - 三木市方面
  • 90番台 - 西明石駅方面
所在地
  • 兵庫県神戸市西区狩場台2-35-1

所管路線[編集]

西神中央駅でののりばは、17系統は8番、20・20A系統は11番、その他は10番である。2003年以前は、83系統の 西神中央駅 - 母里- 水足- 加古川駅線も担当していた。

17系統
  • 西神中央駅 - 寺谷 - 神戸複産団地東 - 木津駅前 - 産団協前
    • 西神中央駅と神戸複合産業団地・木津駅を結ぶ路線。2017年に新設された。
    • 平日朝5本(うち2本は神戸複産団地東先行循環)、平日昼夕方7本(4本は産団協前先行循環、3本は産団協前始発)運行。
    • 土曜・日曜・祝日朝2本は産団協前行、土曜・日曜・祝日夕方2本は産団協前始発運行。
20・20A系統
  • 西神中央駅 - 農業公園 - 桜ヶ丘 - 栄駅前 - 押部谷(栄)
    • 西神中央駅と桜ヶ丘・秋葉台を結ぶ路線。1994年に新設された。
    • 当初は神戸市バス神姫ゾーンバスとの共同運行であったが、前者は2005年3月末に撤退した。
    • 日中の本数は毎時2本程度で、大半は神姫ゾーンバスが担当する。当営業所が担当するのは朝晩が主体。
    • 神姫ゾーンバス担当便のほとんどは栄駅前から美穂が丘・月が丘を巡回してから、押部谷(栄)に行く。この便は「20A系統」と名乗っている。
    • なお、明石営業所にも同じ「20系統」を名乗る路線(王子線)があるが、経由地は全く重ならない。
70系統
  • 西神中央駅→西神工業会館前→高和→押部谷駅前→押部谷中学校下→押部谷(栄)
    • 西神中央駅と押部谷町を結ぶ路線。73系統と違って、月が丘を経由しない。西神工業団地の中央部を縦貫する。
    • 現在は西神中央駅発の一方向、朝のみの運行である。三木営業所との共同運行。
73系統
  • 西神中央駅 - 西神工業会館前 - 高和 - 押部谷駅前 - 美穂が丘1丁目 - 栄駅西 - 押部谷(栄)
    • 西神中央駅と押部谷町・美穂が丘団地を結ぶ路線。西神工業団地の中央部を縦貫する。
    • 本数は毎時1本前後で、74・76系統と合わせてほぼ30分間隔(毎時2本)となり、80系統も合わせるとほぼ15分間隔(毎時4本)で運行する。三木営業所との共同運行。2014年7月1日より神姫ゾーンバスとの共同運行が追加された。
74系統
  • 西神中央駅 - 食品団地前 - 高和 - 押部谷駅前 - 押部谷中学校下 - 押部谷(栄)
    • 73系統と同様に押部谷町・美穂が丘団地を結ぶ路線で、西神工業団地の北端を通る。
    • 本数は1日5往復(土曜日の押部谷行は4本)。三木営業所との共同運行。2017年10月1日より神姫ゾーンバスとの共同運行が追加された。
76系統
  • 西神中央駅 - 養田 - 高和 - 押部谷駅前 - 美穂が丘1丁目 - 栄駅西 - 押部谷
    • 73系統と同様に押部谷町・美穂が丘団地を結ぶ路線で、養田を経由する。2004年の4月に新設された。
    • 元々養田地区には三木営業所による82系統(西神中央 - 養田 - 三木)や、明石と当営業所による35系統(明石 - 押部谷)が通っていたが、長大路線である35系統が日中に設定されなくなり、82系統も日中のみ和田経由に変更されたため、その穴を埋める形で73 - 75系統の一部の経由地を変更して新設された。
    • 上記の事情により日中のみの運行で、日中以外は35系統・82系統が代替する。本数は1日3往復。三木営業所との共同運行。2017年10月1日より神姫ゾーンバスとの共同運行が追加された。

休止中[編集]

71系統
  • 西神中央駅 - 食品団地前 - 高和 - 押部谷駅前 - 押部谷中学校下 - 押部谷(栄)
    • 74系統から美穂が丘を経由しない設定とした系統。
72系統
  • 西神中央駅 - 農業公園 - 高和 - 押部谷駅前 - 押部谷中学校下 - 押部谷(栄)
    • 75系統から美穂が丘を経由しない設定とした系統。
75系統
  • 西神中央駅 - 農業公園 - 高和 - 押部谷駅前 - 押部谷中学校下 - 押部谷(栄)
    • 72系統から美穂が丘を経由する設定とした系統。

車両[編集]

2009年5月現在、三菱ふそう製が大多数を占めている。

ワンステップ車が多く、特にエアロスターの「PKG-MP35UM」は11両と神姫バスの全営業所で最も多い。

ノンステップ車は「KL」・「PJ」・「PKG-AA」が2両ずつ、ツーステップ車は全て「KC-MP317M」で、西日本車体工業製が6両、純正が2両である。

また中型車も3両持ち、うち1両は後述する特定貸切用との共通予備車となっている。

いすゞ製の所有台数も神姫バスの全営業所で最も多く、12両が在籍するが、2008年に投入された1両(PKG-LV234N2)を除き、全て淡路交通からの移籍車である。

この他に日野製も3両所有しており、全て神戸市交通局から移籍したハイパワーのエアサス車である。

特定貸切車として、マイクロバス三菱ふそう・ローザのスーパーロングを2両配置。西神工業団地内の企業送迎で使用されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]