神姫バス三田営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神姫バス > 神姫バス三田営業所

神姫バス三田営業所(しんきバス さんだえいぎょうしょ)は、神姫バスの営業所の一つ。

所属車両に付される略号は「」である(「三」は三木営業所が使用)。

概要[編集]

主に、三田市内の鉄道駅と郊外を結ぶ路線や、北神地区に乗り入れる路線を運行している。

一般路線を初め、みっきぃよかたんバスの運行を三木市から受託している他、中距離の特急三ノ宮線もこの営業所が担当している。

所在地
  • 兵庫県三田市ゆりのき台6丁目2番地

系統番号の振り方[編集]

所管路線[編集]

特急三ノ宮線[編集]

神姫バスの同形式車両(画像は西脇営業所所属車)

三田市内から六甲北有料道路阪神高速7号北神戸線阪神高速32号新神戸トンネルを経て、神戸市の中心部である三宮とを結ぶ路線。一部は舞鶴若狭自動車道に乗り入れ、丹波市関西記念墓園に向かう。

系統番号として「特急38系統」が割り当てられているが、現地の標柱や広告等では番号を使わずに「特急三宮線」・「三宮特急バス」などと表記されている。種別に「特急」とあるが、全便自由席座席定員制で、事前の予約は不要。

基本的に全便が高速線用のエアロエースエアロバスセレガHDで運行されている(4列リクライニングシート・補助席付き、トイレなし)。 2000年代初め頃までは、主にワンロマ車が使用されていたが、利用客の増加などにより、徐々に上述のハイデッカ-車両に置き換えられていった。

三宮では、乗車は高速線と同様にをJR三ノ宮駅高架下の神姫バス三宮バスターミナル(駐車場形式)となっており、降車は三宮バスターミナル(ミント神戸1階)となっている。

三宮 - 新神戸駅間では、下りは乗車のみ、上りは降車のみの扱いとなる。また神戸空港に乗り入れる便もあるが、上りの降車のみの扱いである。

運賃の支払いも、一般路線と同様にICカードNicoPaおよび全国相互利用対応ICカード)や環境(エコ)定期券制度が利用可能。

沿革[編集]

運行系統[編集]

  • 神戸三田プレミアム・アウトレット行き
    • 三宮 - 新神戸駅 - (阪神高速32号新神戸トンネル・阪神高速7号北神戸線・六甲北有料道路) - 神戸三田プレミアム・アウトレット
  • 三田駅行き(イオンモール神戸北経由)
  • 三田駅行き(フラワータウン経由)
    • (神戸空港 ← )三宮 - 新神戸駅 - (阪神高速32号新神戸トンネル・阪神高速7号北神戸線・六甲北有料道路) - フルーツパーク(土・日曜日の一部のみ停車) - フラワータウンセンター - 市立図書館前 - 三田駅
  • 学園7丁目(関西学院大学)行き
    • (神戸空港 ← )三宮 - 新神戸駅 - (阪神高速32号新神戸トンネル・阪神高速7号北神戸線・六甲北有料道路) - フラワータウンセンター - えるむプラザ前 - 住宅展示場前 - センチュリープラザ前 - ゆりのき台4丁目 - 関西学院前 - 関西学院大学(関西学院大学行きのみ) - 学園7丁目
    • 『ウッディエクスプレス』…新神戸駅 - えるむプラザ前間ノンストップ。
    • 『関学エクスプレス』…三宮または新神戸駅 - 関西学院大学キャンパス前間ノンストップ。
    • 平日朝には、フラワータウンセンター始発の便もある[1]
  • つつじが丘北口行き
    • 三宮 - (学園7丁目行きと同一) - ゆりのき台4丁目 - テクノパーク - 相野駅 - ガーデンタウン口 - つつじが丘北口
    • 『ウッディエクスプレス』…新神戸駅 - えるむプラザ前間ノンストップ。
  • 関西記念墓園行き
    • 三宮 - (学園7丁目行きと同一) - ゆりのき台4丁目 - (舞鶴若狭自動車道) - 関西記念墓園

0番台[編集]

1系統
2系統
  • 三田駅 - (京口/さんだ市民センター前/天神3) - 武庫が丘6 - フラワータウンセンター - 弥生が丘5 - 富士が丘6
3系統
  • 三田駅 - 狭間が丘3 - フラワータウンセンター - 富士が丘5 - センチュリープラザ前 - けやき台3 - 三田市民病院 - 新三田駅
3-2系統
  • 三田駅 - 武庫が丘6 - フラワータウンセンター - 弥生が丘5 - センチュリープラザ前 - けやき台3 - 三田市民病院 - 新三田駅
    • 1・2系統は、三田駅 - フラワータウンを運行する系統。3・3-2系統は、1・2系統を延長する形で運行している。
    • 三田駅発車時刻が19時以降の便はフラワータウンセンターを通過する。また、三田駅発車時刻が20時以降の便は経路上に存在する降車専用停留所が利用可能となる。
6系統
  • 三田駅 - さんだ市民センター前 - 畑中 - 三田幼稚園前 - 福祉保健センター - 三田市民病院 - 新三田駅
    • 三田市が2001年11月~2002年11月にかけて1年間試験運行した『さんだ循環バス』を継承している。継承と同時に、エリア内の運賃が150円均一となった。
    • 全便ノンステップバスでの運行。
8系統
  • 三田駅 - 三田大橋 - 馬渡
    • 馬渡への路線。以前は馬渡、北谷を経て渡瀬まで運行していた。2001年11月改正で渡瀬発着便が三田駅方向の片道1本を残し三田駅~北谷を運行する系統となった。その後、渡瀬~北谷間の完全休止、馬渡~北谷間の休止を経て2016年10月現在は平日のみ1往復。
9系統
  • 三田駅 - 三田学園前 - 市野瀬 - 吉川庁舎前 - 渡瀬
    • 10系統の区間便。

10番台[編集]

10系統
  • 三田駅 - 三田学園前 - 市野瀬 - 吉川庁舎前 - 渡瀬( - 兵庫教育大学前) - 天神
    • 三田駅と加東市社地区を結ぶ路線。一部は社病院を経由する。
    • 社発着便は西脇営業所・社出張所の担当がほとんどだが、2往復のみ当営業所が担当。
11系統(準急)
  • 新三田駅 - センチュリープラザ前 - 関西学院前 - 吉川庁舎前 - みなぎ台 - (吉川総合公園) - 渡瀬
13系統
14系統
15系統
16系統
17系統
  • 三田駅 - 市立図書館前 - 鹿の子台小学校前 - 物流センター
18系統
美奈木台仕様の神姫バス車両
高速塗装で側面にMINAGIDAIの文字が入っている。廃車が進み当路線から姿を消した。
  • 三田駅 - フラワータウンセンター - (中国自動車道) - みなぎ台
  • 三田駅 - フラワータウンセンター - 赤松台 - みなぎ台(※一般道経由)
19系統
  • 三田駅 - (中国自動車道) - みなぎ台(直行)
    • 18系統19系統共に、美奈木台線用塗装のワンロマ車が当初より長年使われていたが、2013年現在では全てシートベルト付き一般車両に置き換えられている。
    • 両系統はルート上の一部停留所を通過し、途中(赤松台経由の便を除き)神戸三田インター - 吉川インターの間の中国自動車道を走行するが、優等種別の設定はない[2]。ただ19系統は18系統と区別する為、方向幕に「直通」表記が付けられている。
    • 当初「美奈木台」としていた表記が、2015年10月の改正で「みなぎ台」へと改められた。

20番台[編集]

20系統
21系統
  • (市役所前 - ) 三田駅北口 - 上野台中学 - 高平小学校前 - 小柿
22系統
  • (市役所前 - ) 三田駅北口 - 上野台中学 - 高平小学校前 - 波豆川
23系統
  • (市役所前 - ) 三田駅北口 - 上野台中学 - 波豆川
24系統
  • (三田市民病院/市役所前 - ) 三田駅北口 - 上野台中学 - 小野 - 乙原バレイ - 母子
    • 一部便を除き乙原バレイで乗り換えとなるが、運賃は通算される。
25系統
  • 三田駅 - 上野台中学 - 波豆 - 東部
    • 25系統は阪急田園バスとの共同運行で、午前に阪急田園バス、午後に神姫バスが運行。ただし、2010年4月以降は土・休日の神姫バス担当分が廃止され、午前の阪急田園バス担当分のみ運行されている。高速バスを除く路線で唯一宝塚市を結んでいる。
    • 21系統は小柿で篭坊行きに接続する(同便は平日の数往復のみ)。

30番台[編集]

32系統
  • 三田駅 - 三田市民病院 - 新三田駅 - 福島 - 広野口 - 上青野
  • 新三田駅 - 三田市民病院 - センチュリープラザ前 - 広野駅前 - 広野口 - 上青野
  • 三田駅 - 三田市民病院 - 新三田駅 - 福島 - 広野口 - 上青野
    • いずれも平日のみの運行
33系統
  • 三田駅 - 福島 - 広野口 - 幡尻西
    • 平日のみの運行
34系統
  • 三田駅 - 福島 - 広野口 - 須磨田
    • 平日のみの運行
36系統
  • 三田駅 - 総合文化センター前 - 福島 - 藍本駅
    • 平日のみの運行
38系統(特急三ノ宮線

40番台[編集]

41系統
42系統
43系統(急行便あり 急行便は連節バスで運行)
44系統
45系統(各停)
  • 新三田駅 - けやき台3丁目 - ウッディタウン中央駅 - 関西学院前 - 学園7丁目
46系統(快速)
  • 新三田駅 - 南ウッディタウン駅 - 三田西陵高校前 - 関西学院前 - 学園7丁目
46系統(急行)
  • 新三田駅 - センチュリープラザ前 - 関西学院前 - 関西学院キャンパス前・学園7丁目
    • 一部は「KG Link」と題した新三田駅 - 関学キャンパス間ノンストップ便。この便には一部連節バスで運行される。
47系統(一部は急行で、連節バスで運行)
  • 新三田駅 - 上井沢 - テクノ東 - テクノパーク
    • 一部は循環して新三田駅へ戻る運行形態となる。
48系統(各停)
  • 新三田駅 - 南ウッディタウン駅 - 三田西陵高校前 - 関西学院前 - 学園7丁目

50番台[編集]

51系統
  • 相野駅 - ガーデンタウン口 - つつじが丘北口・大川瀬大滝
52系統
53系統
  • つつじが丘北口 - 相野駅 - テクノパーク - 三田西陵高校前 - 北摂三田高校前(往路のみ)
55系統(準急)
  • 新三田駅 - センチュリープラザ前 - 三田西陵高校前 - 関西学院前 - 相野駅 - つつじが丘北口
  • 北摂三田高校前 - ゆりのき台中学校前 - 三田西陵高校前 - 関西学院前 - 相野駅 - つつじが丘北口

60番台[編集]

62系統(急行)
64系統
  • 三田駅 - 市立図書館前 - 上津台6丁目(復路は上津公園前始発)
66系統(快速)
  • 三田駅 - 市立図書館前 - 鹿の子台南町2丁目 - 北神星和台 - 京地1丁目
67系統
68系統
  • イオンモール神戸北 - 神鉄道場駅 - 北神星和台 - 岡場駅
  • 三田駅 - 下小名田 - 岡場駅
    • 全線通しの他、前者については北神星和台 - 岡場駅の区間便もある。以前神戸市バスは区間便に限り運行していたが、現在は神姫バスの単独運行。
69系統
  • 有馬温泉 - 岡場駅 - フルーツパーク - 神戸三田プレミアム・アウトレット - イオンモール神戸北
    • 岡場駅を基点に、観光地や商業施設を巡る路線。
    • 岡場駅 - フルーツパークの区間便がメインで、全線通しはイオンモール神戸北行きの1本だけである。
    • 有馬温泉へは、土曜日・休日のフルーツパーク発の1本のみ乗り入れる。
    • 以前神戸市バスは区間便に限り運行していたが、現在は神姫バスの単独運行。

70番台[編集]

種別は全て「急行」。

70系統(一部は連節バスで運行)
  • 三田駅 - 市立図書館前 - (フラワータウンセンター) - 関西学院大学
71系統
  • 武庫が丘6丁目 - フラワータウンセンター - 関西学院大学
72系統
  • 富士が丘6丁目 - フラワータウンセンター - 関西学院大学
73系統
  • 三田駅 - 市立図書館前 - 池尻下 - 学園小学校前 - 関西学院大学

140番台[編集]

143系統
  • 新三田駅 - けやき台3丁目 - けやき台5丁目 - ゆりのき台公園前 - 三田営業所
145系統
  • 新三田駅 - けやき台5丁目 - ゆりのき台公園前 - 学園7丁目

番号なし[編集]

  • 藍小学校 - 藍本駅 - 日出坂北
  • 相野駅 - 藍小学校(直通)
  • 三宮 - (新神戸トンネル) - 淡河本町北 - 吉川庁舎前

車両[編集]

かつては車種を問わず、大半が日野製で占められていた。

現在のツーステップ車三菱ふそう製、純正ボディまたは西日本車体工業架装車を中心に、淡路交通からの中古車であるいすゞ・キュービックエルガ、中型の日野・レインボーが存在する。

特急三ノ宮線用には、前述した通りエアロエース・エアロバス・セレガHDが在籍している。

三宮 - 吉川線用として使われているワンロマ[3]は、2018年3月をもって運用から退くこととなった。[4]

三木市内にて運行するみっきぃよかたんバス用に、三木営業所より転籍した北播磨総合医療センター直通バスカラー(緑色)の日野・ポンチョ が用いられている。

現在は、所属する一般路線用の全車の方向幕LED化されている。

なお、2009年7月1日篠山市丹波市地域の路線が神姫グリーンバスによる運行となったため、篠山出張所のうち、三田市にある母子・小柿車庫は篠山出張所から三田営業所に変更、加東市にある清水車庫は社出張所・神姫グリーンバス篠山営業所の共用に変更された。

2013年4月1日からは西日本では初めてのメルセデス・ベンツ製の連接バスメルセデス・ベンツ・シターロ)「オレンジアロー 連 SANDA号」が2台導入され、運行を開始している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸(三ノ宮)~ 三田・三木恵比須・西脇 神姫バス
  2. ^ 同社内では、姫路営業所管内にて同様に一般車両で山陽自動車道を経由する急行・姫路駅 - SPring-8線が急行として設定されている例がある
  3. ^ 当初は美奈木台線で使用され、2016年現在ワンロマ車として1台だけ残る車両。三菱ふそう製、社番4690
  4. ^ ありがとう!4690号!!「神姫バスさいごのワンロマ急行車」 神姫バス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]