谷川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷川駅
駅舎(2007年2月17日)
駅舎(2007年2月17日)
たにかわ
Tanikawa
兵庫県丹波市山南町池谷字中道坪129-1
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 タニ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
473人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1899年明治32年)5月25日
乗入路線 2 路線
所属路線 G 福知山線
キロ程 73.0km(尼崎起点)
下滝 (4.3km)
(7.0km) 柏原
所属路線 I 加古川線
キロ程 48.5km(加古川起点)
◄*久下村 (2.2km)
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* この間に近畿統括本部福知山支社境界標あり(当駅は福知山支社管内)
テンプレートを表示
福知山線ホーム。(2013年3月22日)
加古川線ホーム。右側が1番のりば。(2007年2月17日)

谷川駅(たにかわえき)は、兵庫県丹波市山南町池谷字中道坪にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

地元では「たにわ」と濁って発音されることもある[1]大阪近郊区間の終端駅の1つである。

概要[編集]

当駅はジェイアール西日本福知山メンテックが駅業務を受託する業務委託駅篠山口駅の被管理駅)で、以下の2つの路線が接続する。

両線の乗り継ぎは考慮されていない。これは、両線を管轄する支社が異なることや、両線をまたぐ利用者が極めて少ないことが理由である。ただし阪神・淡路大震災により東海道本線山陽本線が寸断された折には、迂回ルートとして接続が図られていた。

なお、当駅は福知山線側の福知山支社(かつては福知山鉄道管理局)の管轄で、加古川線側の近畿統括本部(かつては大阪鉄道管理局、神戸支社)は隣の久下村駅以南を管轄する。両社の支社標は当駅の場内信号機ではなく、久下村方にある道路との立体交差をくぐった地点(加古川駅起点で47.8km)にある。そのため当駅構内だけでなく、閉塞区間の当駅方の約200mの間も福知山支社の管理に置かれている。

歴史[編集]

  • 1899年明治32年)5月25日 - 阪鶴鉄道の篠山駅(現在の篠山口駅) - 柏原駅間延伸により開業。旅客・貨物取扱開始。
  • 1902年(明治35年)12月16日 - 公衆電報取扱開始。(官報1902年12月13日号より)
  • 1907年(明治40年)8月1日 - 阪鶴鉄道国有化。国有鉄道の駅となる。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。阪鶴線所属駅となる。
  • 1912年(明治45年)3月1日 - 線路名称改定。阪鶴線の福知山駅以南が福知山線に改称し、当駅もその所属となる。
  • 1924年大正13年)12月27日 - 加古川線が野村駅(現・西脇市駅)から延伸し、当駅に乗り入れ。
  • 1982年昭和57年)10月3日 - 貨物取扱廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
  • 1992年平成4年)4月1日 - 篠山口鉄道部発足により、その管轄となる。
  • 2009年(平成21年)6月1日 - 篠山口鉄道部廃止に伴い福知山支社直轄に戻され、篠山口駅による被管理駅となる。

駅構造[編集]

福知山線用の2面2線の相対式ホームに、加古川線用の切欠き式ホームが1線、合計2面3線を擁する地上駅

駅舎は1番のりば側にあり、反対側の2番のりばへは跨線橋で連絡している。4番のりばは、1番のりばの福知山寄りにある。 現在は、4番のりばが廃番となり、のりばの名称が加古川線のりばと変更されている。

駅舎は1938年昭和13年)に建築されたもので、運転取扱の規模拡大により度々増改築されている。現在では、待合室・改札口・窓口と事務室の一部だけが使用されており、待合室の一角にはキヨスクが営業していたが2017年頃閉鎖された。みどりの窓口1995年より設置され、マルスによる発券をしているが、企画きっぷなどは一部のみの取り扱いである。窓口の営業時間は6時10分~17時50分(途中休止時間あり)。

自動改札機はなく、ICOCA等のICカード読み取り端末も設置されていない。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1・2 G 福知山線 下り 福知山方面 2番のりばは特急列車のみ
上り 篠山口三田方面 2番のりばは原則として特急列車が使用
4 I 加古川線 西脇市加古川方面

福知山線は2番のりばを本線とする一線スルーの配線だが、普通や丹波路快速は行き違いがない場合、両方向とも副本線の1番のりばに停車する。普通・丹波路快速同士で行き違いがある場合、福知山方面行きの下り列車が1番のりば、篠山口・大阪方面行きの上り列車が2番のりばに入る。特急は行違いがない場合、両方向とも本線の2番のりばに停車(通過)する。かつては2面3線で、2番のりばの反対側に3番のりばがあった。

福知山線と加古川線の線路は駅の西側でつながっているが、行き来するには久下村方の引き上げ線に入り、入換作業をしなければならない。そのため、阪神・淡路大震災の迂回輸送の際にも両線を通した直通輸送は行われなかった[3]

ダイヤ[編集]

福知山線では、日中は篠山口駅発着の普通列車が1時間あたり1本停車し、大半の特急『こうのとり』は通過する。ただし、朝晩は大阪駅発着の列車もあり、ラッシュ時には一部の特急『こうのとり』も停車する。

加古川線の列車は1日9本(土曜・休日は8本)のみで、すべて西脇市行きである。

利用状況[編集]

「兵庫県統計書[4]」によると、2015年(平成27年)度の1日平均乗車人員473人である。

当駅は円応教本部の最寄駅で、信者の一定の利用がある。教団の行事が行われる毎月6日には、特急の臨時停車や当駅止まりの臨時快速が運行されていたことがある。

また、鉄道利用促進を図るべく、2007年度には近距離利用時の特急料金の一部を自治体が助成する社会実験が行われ、当駅もその対象となった。

しかし駅周辺の人口の減少や、モータリゼーションの進展もあって、利用者は年々減少傾向にある。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 828
1999年 757
2000年 717
2001年 683
2002年 682
2003年 646
2004年 628
2005年 594
2006年 578
2007年 559
2008年 559
2009年 547
2010年 541
2011年 523
2012年 528
2013年 548
2014年 494
2015年 473

駅周辺[編集]

おおむね田園地帯だが、住宅街も形成されている。また、近隣には旅館や食堂などがある。 なお観光案内所は閉鎖された。

男女別水洗の公衆トイレ

バス路線[編集]

駅前に神姫グリーンバスが発着している(バス停の名称は「谷川駅」)。

運行本数が僅少のため、利用時は要注意(2013年10月現在、平日5本、土曜・休日3本)。

神姫グリーンバスや神姫バスの他の路線とは接続していない(飛び地路線)。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
G 福知山線
丹波路快速・普通
下滝駅 - 谷川駅 - 柏原駅
I 加古川線
久下村駅 - 谷川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当駅から南約400m(篠山川を越えた)先の地名に「山南町谷川(たにわ)」が存在する。
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  3. ^ 西日本旅客鉄道『阪神・淡路大震災 鉄道復旧記録誌』交通新聞社、p.834、1996年
  4. ^ 兵庫県統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]