市島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市島駅
駅舎
駅舎
いちじま
Ichijima
黒井 (6.5km)
(4.2km) 丹波竹田
所在地 兵庫県丹波市市島町市島字姥田117-1
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 G 福知山線
キロ程 94.0km(尼崎起点)
電報略号 チマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
243人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1899年明治32年)7月15日
備考 簡易委託駅
POS端末設置
テンプレートを表示
市島川裾祭のある日の夜の市島駅

市島駅(いちじまえき)は、兵庫県丹波市市島町市島字姥田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームを持つ地上駅で、列車交換が可能。

駅舎は南東の1番のりば側にあり、反対側の2番のりばへは南端の跨線橋で連絡している。

なお、当駅は駅業務を丹波市が受託する簡易委託駅で、篠山口駅の管理下にある。窓口の営業時間は7時から16時30分(但し、乗車券などの発売は16時20分)までで、POS端末による発券を行う。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 G 福知山線 上り 篠山口三田方面
下り 福知山方面 原則としてこのホーム
2 一部列車のみ

2番のりばを上下本線とした一線スルーの配線となっているため、特急は基本的に上下線とも2番のりばを通過する。

行き違いがない普通・丹波路快速は上下線とも駅舎側の1番のりばに停車する。普通・快速同士の行き違いの場合は、篠山口・大阪方面行きの上り列車が1番のりば、福知山方面行きの下り列車が2番のりばを使用する。

ダイヤ[編集]

市島駅改札口
駅前に建つ神池寺の石碑

日中は1時間当たり、篠山口駅発着の普通が1本停車する。朝晩には大阪駅発着の列車の設定もある。

かつては特急北近畿』も停車していたが、2011年(平成23年)3月12日のダイヤ改正を機に取り止められた[1]

利用状況[編集]

兵庫県統計書によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
1999年 361
2000年 360
2001年 352
2002年 324
2003年 295
2004年 289
2005年 305
2006年 303
2007年 297
2008年 280
2009年 269
2010年 257
2011年 248
2012年 267
2013年 275
2014年 247
2015年 243

駅周辺[編集]

駅前通り
毎年7月に行われる川裾祭り

線路沿いや国道沿いを中心に住宅街が形成されているが、おおむね田園地帯が広がる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
G 福知山線
丹波路快速・普通
黒井駅 - 市島駅 - 丹波竹田駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西日本旅客鉄道福知山支社プレスリリース 2010年12月17日

外部リンク[編集]