新三田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新三田駅
駅舎(2020年4月)
しんさんだ
Shin-Sanda
JR-G61 三田 (3.2 km)
(2.8 km) 広野 JR-G63
地図
所在地 兵庫県三田市福島字道野上[1]
北緯34度54分36.4秒 東経135度12分30.07秒 / 北緯34.910111度 東経135.2083528度 / 34.910111; 135.2083528座標: 北緯34度54分36.4秒 東経135度12分30.07秒 / 北緯34.910111度 東経135.2083528度 / 34.910111; 135.2083528
駅番号 JR-G62
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 G 福知山線(JR宝塚線)
キロ程 36.9 km(尼崎起点)
大阪から44.6 km
電報略号 シサ
駅構造 地上駅[1][2]
ホーム 2面4線[1][2]
乗車人員
-統計年度-
10,465人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1986年昭和61年)11月1日[1][2]
備考 直営駅[1]
みどりの窓口
テンプレートを表示

新三田駅(しんさんだえき)は、兵庫県三田市福島にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線である[1]。駅番号はJR-G62

概要[編集]

「JR宝塚線」の愛称区間に含まれており、1986年11月1日の福知山線全線電化と同時に開業した[2]大阪支社管轄駅では最北端かつ最西端に位置し、運行上の境界駅の一つとなっている。

直営駅宝塚駅の被管理駅)で、ICOCAや相互利用対象のICカードが使える。

福知山線は大阪駅から篠山口駅までがアーバンネットワークに属しているが、隣の広野駅以北は福知山管理部に属するため、福知山線のJR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システムによる運行管理は、当駅が北限である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

プラットホーム(2014年5月)

島式2面4線のホームを持つ地上駅[1][2]。駅舎はペンション風の三角屋根になっている[2]。ホームは盛土上にあり[1]、コンコースとホームは地下道[1]や跨線橋で結ばれている。バリアフリーの一環として、跨線橋にエレベーターが設置されている。

外側の2線(1番のりば・4番のりば)が本線、内側の2線(2番のりば・3番のりば)が下り副本線で、当駅で折り返す列車はすべて内側の2・3番のりばを使用する。篠山口駅・福知山駅を発着する列車は、朝のラッシュ時を除いて外側の1・4番のりばに停車(または通過)する。

JR東西線の開業と同時に、篠山口側に留置線が設置された。

改札外にはキヨスクハートインコンビニエンスストア)があったが、キヨスクは2014年12月28日限り閉店し、ハートインはセブンイレブンに改装されるため2015年10月28日限り閉店、2016年1月10日に再オープンした。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1・2 G JR宝塚線 下り 篠山口方面[6]  
3・4 上り 大阪尼崎方面[6] 一部2番のりば
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。
  • 3番のりばからは篠山口方面への発車も可能。
  • 夜間滞泊の設定もある。

ダイヤ[編集]

日中は1時間に区間快速4本が停車するが、うち2本は当駅で大阪方面へ折り返す。一部は当駅で特急の待ち合わせを行う。

朝晩には丹波路快速・快速・普通も運行されており、JR東西線や学研都市線に乗り入れる列車もある。朝ラッシュ時には当駅始発で大阪方面・JR東西線へ直通する快速が多数設定されている。また、特別料金が必要な列車の特急『こうのとり』は通勤利用客向けに朝の新大阪行き上りと夕方以降の福知山行きの下りが停車する(一駅隣の三田駅には全便停車)。

始発列車は4時台である。

利用状況[編集]

利用客数は隣の三田駅とほぼ同じで、福知山線内では5番目に多い。

ウッディタウンなどの北摂三田ニュータウンからバスやマイカー、バイクや自転車(原付含む)などで当駅まで出て、大阪方面へと向かう住民が多い(駅周辺には駅を利用する住民のための駐車場や駐輪場も多数ある)。当駅が始発となる列車が多く、おおむね座って大阪方面に行くことができるため、神戸電鉄公園都市線経由で三田駅に出るよりも利便性に優れる。所要時間も短く、運賃も安い。混雑時には送迎のマイカーが多く見られる。

なお、近隣の工業団地テクノパークなどの開発などもあり、朝の下り列車、夕方以降の上り列車への通勤客の利用も多い。

「兵庫県統計書[7]」及び「三田市統計書[8]」によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
1995年 11,114
1996年 11,481
1997年 11,963
1998年 12,452
1999年 12,760
2000年 13,210
2001年 13,501
2002年 13,513
2003年 13,670
2004年 13,882
2005年 13,844
2006年 14,277
2007年 14,413
2008年 14,650
2009年 14,600
2010年 14,782
2011年 14,753
2012年 14,756
2013年 15,020
2014年 14,639
2015年 14,802
2016年 14,694
2017年 14,749
2018年 14,440
2019年 13,991
2020年 10,292
2021年 10,465

駅周辺[編集]

駅前

国鉄末期に開業した当時[2]、周囲にはほとんど何もなかったが[2]、三田市のニュータウン開発によりウッディタウン・カルチャータウン等の玄関口として急激に発展していった[1]

三田市の、三田駅周辺を主核、ニュータウンを副核と位置付ける都市計画により、その他の地域では開発が抑制され、新三田駅周辺も市街化調整区域に指定されて開発が行われなかった。このため駅周辺には農地が広がり、立ち寄るような施設は何もない。しかし乗降客からの要望もあり三田市が方針転換し、2016年(平成28年)春に駅周辺の土地が市街化区域に指定変更され、商業施設やオフィスの集積地となるように開発が行われることになった。2017年(平成29年)9月に土地区画整理事業が認可され、2018年(平成30年)1月に着工し、5.3ヘクタールの土地を10億5600万円を投じて開発し、2021年(令和3年)3月の工事完成を見込んでいる[9]

下記の施設等へは、ほとんどの場合バスやタクシーへ乗り継ぐことになる。駅前には大規模な立体駐輪・駐車場があり、パークアンドライドを行う利用客も少なくない。マイクロバス用の駐車スペースもあり、送迎バスなども発着している。

バス路線[編集]

神姫バスの新三田駅バスターミナルがあり、6つののりばといくつかのおりばが設けられている。同社の主要停留所の1つとなっており、定期券発売所やタクシー用ののりばも併設されている。当バスターミナルはニュータウンへの玄関口として機能しており、朝の上りは便数がかなり多く設定される。

  • 1番のりば:すずかけ台方面 / 三田市民病院・三田駅方面
  • 2番のりば:あかしあ台方面 / 学園7丁目方面
  • 3番のりば:ゆりのき台方面
  • 4番のりば:けやき台・センチュリープラザ前・ゆりのき台4丁目方面 / 学園7丁目方面
  • 5番のりば:関西学院大学・学園7丁目 / つつじが丘方面
  • 6番のりば:テクノパーク方面 / 渡瀬方面 / 上津台方面

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
G JR宝塚線(福知山線)
丹波路快速・ 快速・ 区間快速・ 普通
三田駅 (JR-G61) - 新三田駅 (JR-G62) - 広野駅 (JR-G63)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、110頁。ISBN 9784343006028 
  2. ^ a b c d e f g h i 鉄道ジャーナル』第21巻第1号、鉄道ジャーナル社、1987年1月、69-82頁。 
  3. ^ a b 石野哲 編『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』(初版)JTB、1998年10月1日、126頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  4. ^ 「JR年表」『JR気動車客車編成表 '98年版』ジェー・アール・アール、1998年7月1日、186頁。ISBN 4-88283-119-8 
  5. ^ ~駅のホームの安全性向上にむけて~ 鉄道駅バリアフリー料金制度によるホーム柵、 ホーム安全スクリーン整備計画について”. JR西日本グループ (2023年6月14日). 2023年6月16日閲覧。
  6. ^ a b 新三田駅|構内図:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2023年1月19日閲覧。
  7. ^ 兵庫県統計書
  8. ^ 三田市統計書
  9. ^ 新三田駅前、第2の玄関口へ 区画整理が本格着工”. 神戸新聞NEXT (2018年1月12日). 2018年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]