加古川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加古川駅*
JR Kakogawa station04n4592.jpg
南口
かこがわ
Kakogawa
所在地 兵庫県加古川市加古川町篠原町30-1[1]
北緯34度46分4.23秒 東経134度50分21.89秒 / 北緯34.7678417度 東経134.8394139度 / 34.7678417; 134.8394139座標: 北緯34度46分4.23秒 東経134度50分21.89秒 / 北緯34.7678417度 東経134.8394139度 / 34.7678417; 134.8394139
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 カコ
駅構造 高架駅[1]
ホーム 3面6線[1]
乗車人員
-統計年度-
19,871人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1888年明治21年)12月23日[1]
乗入路線 2** 路線
所属路線 A 山陽本線JR神戸線
駅番号 JR-A79
キロ程 39.1km(神戸起点)
大阪から72.2 km
JR-A78 東加古川 (3.6 km)
(3.3 km) 宝殿 JR-A80
所属路線 I 加古川線
キロ程 0.0 km(加古川起点)
(2.3 km) 日岡
備考 直営駅[1]管理駅
みどりの窓口
加古川線ホームに中間改札有
** このほか高砂線(1984年廃止)
* 加古川線の駅は1915年まで加古川町駅
テンプレートを表示

加古川駅(かこがわえき)は、兵庫県加古川市加古川町篠原町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである[1]

概要[編集]

加古川市の中心駅であり、当駅の所属線[2]である山陽本線と、当駅を起点とする加古川線との接続駅となっている。このほか1984年までは高砂線が接続していた。山陽本線に関してはアーバンネットワークエリアに属しており、「JR神戸線」の路線愛称設定区間に含まれている。駅番号は山陽本線(JR神戸線)のみJR-A79が付与されている。

昭和のころは山陰や九州方面へ向かう急行列車が多数停車していたが、山陽新幹線開業に伴う急行列車廃止後はこの駅に年間を通して停車する優等列車はなくなった。1972年3月15日姫路駅乗り入れを開始した新快速は設定当初から当駅に停車している。当駅に停車する列車で特別料金が必要なものは、臨時特急の「かにカニはまかぜ号」と、特急「はまかぜ号」の一部の臨時停車のみであった[3]が、2019年3月16日のダイヤ改正より、通勤特急「らくラクはりま」とはまかぜ5号、スーパーはくと13号が定期列車として停車する[4]

駅長が配置された直営駅であり、管理駅として山陽本線(JR神戸線)の土山駅東加古川駅宝殿駅曽根駅の4駅と、加古川線のすべての途中駅を管理している。

JR神戸線と加古川線の乗り換えには、中間改札機を通る必要がある。

歴史[編集]

改札口正面にあるビエラ加古川入口

駅構造[編集]

2005年3月1日に連続立体交差事業がすべて完成し、高架駅となった。高架化に伴って取り壊された旧駅舎は、1910年に西成線(現在の桜島線)の桜島駅として建てられたものを1919年に移築したものであった[1]。新しい駅舎は加古川の清流と船・さざ波をイメージしてデザインされている。「ビエラ加古川」の入口の上にある時計の部分は、旧駅舎をモチーフとしている。

現在[編集]

北口
JR神戸線側の駅ホーム
改札口
2番のりばから発車する上り列車はここに記述されている

加古川駅
配線図

日岡駅/東加古川駅

6 5 4 3 2 1


STRg STRf
STR STRc2 ABZg3
STRq STR+r STR+c2 STR3+1 STR+c4
STRg ABZg+1 STRc4 STR
STRf STRc2 ABZg3 STR
STR+c2 STR3+1+c2
STR
STRc2
STR+1+c4 STR+c4 STR
STR+1 STR+c4 STR ABZg2 STRc23 ABZg3
STR STR STR STR+c1 ABZ+14 STR+c4
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
ENDEe KRWgl
STR+BSr STR+BSl STR+BSr
ENDEe STR2 STR+c3 STR2 STR+c3
STRc1 ABZg+4 STRc1 ABZg+4
ABZg2 STRc3 STR
STR+c1 STR2+4 STR+c3
STR STRc1 ABZg+4
STRg STRf

宝殿駅

12両編成対応(ホーム長:245 m[13]、ホーム幅:8 m[14])の島式ホーム2面4線、4両編成対応(ホーム長:85 m[13]、ホーム幅:6 m[14])の島式ホーム1面2線、合計3面6線のホームを持つ高架駅である。

1 - 4番のりばをJR神戸線が、5・6番のりばを加古川線が使用する。1番のりばが下り本線、2番のりばが下り待避線、3番のりばが上り本線、4番のりばが上り待避線となっている。加古川線は5番のりばが本線となっている。

ホームの使用状況
のりば 路線 方向 行先 備考
1・2 A JR神戸線 下り 姫路相生方面[15]  
3・4 上り 三ノ宮大阪方面[15] 一部の当駅始発列車は2番のりばから発車
5・6 I 加古川線 - 西脇市谷川方面[15]  
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(「JR神戸線」は愛称)で表記している。
付記事項
  • 当駅では新快速と普通が相互接続を行い、新快速は1・3番のりば、普通は2・4番のりばを使用する。なお、朝晩などに普通でも当駅で緩急接続を行わない列車は1・3番のりばに停車する設定がある。土曜・休日の朝8時台に、特急の通過待ちで2番のりばに停車する設定がある。2・4番のりばに停車する列車は、車内保温のため、ドア横の開閉ボタンを使って乗り降りする形となっていたが、現在は防疫の観点上全開運用となっている。特急・貨物列車などの通過列車は下りは1番のりば、上りは3番のりばを通過する(特急の臨時停車の場合も同様)。
  • 日中時間帯、大阪方面からくる普通(西明石 - 高槻間は快速)の半数は当駅を発着している。なお、客を降ろした後は次の宝殿駅まで回送され、改めて当駅で客を乗せる形となっている。
  • 4・5番のりばの西側に加古川線と山陽本線・姫路方面をつなぐ渡り線があり、主に加古川線の車両を網干総合車両所(またはその逆)へ回送する際や工事臨時列車などの運転時に使用される。6番のりばからは、明石方面に出ることができるがほとんど使われておらず、下り線から上り線、6番のりばへの線も敷設されているが、この渡り線もほとんど使われていない。そのため、線路が錆びている。なお、3番のりばは姫路方面への折り返しにも対応している。
  • 当駅から加古川線に乗車する場合、またはJR神戸線・加古川線の相互間の乗り換えを行う場合、乗り換え口にある中間改札を通る必要がある。その際、運賃に不足がある場合・加古川線で無人駅または北条鉄道の証明書で乗車した場合・ICOCAなどのICカードで乗車した場合は、乗り換え口で精算を行うことになる。日岡駅 - 西脇市駅間の各駅の場合、のりつぎ精算機にて精算する[注釈 1]新西脇駅 - 谷川駅間の各駅の場合、乗り換え口の駅員対応となる。なお、いずれの場合でもICOCAの残額で精算できる。また、加古川線経由で大阪近郊区間内の迂回乗車を行う場合も、有人窓口でその旨を伝える必要がある。2016年3月26日から当駅 - 西脇市駅間でICOCAが利用できるようになったため、この区間で利用する場合に残額が十分あれば中間改札でICOCAを触れるだけで乗車できるようになった。
  • 1 - 4番のりば(JR神戸線ホーム)の自動放送は2006年10月に「JR京都・神戸線運行管理システム」対応型放送に変更されているが、5・6番のりば(加古川線ホーム)の自動放送は固定音声のままとなっている。遅延表示はJR神戸線には出るが、加古川線では表示されない。
  • 当駅で使用されている接近メロディは、1997年2月16日からJR神戸線内各駅に導入されている「さざなみ」に加え、列車接近表示器から1・3・5番のりばはメリーさんの羊が、2・4・6番のりばは草競馬が流れる。
  • 南口前には2007年に但陽信用金庫から創業80周年記念として寄贈された彫刻「水の記憶/源流」(生形貴春作)が設置されている。
  • 2016年3月25日までは、昼間時(10 - 15時台)の当駅始発の普通(西明石駅から快速)は2番のりばからの発車であったが、翌26日の改正以降は宝殿駅まで回送して折り返し、4番のりばに入ってから上り方面の営業列車となり姫路始発の新快速から対面で乗り換えができるようになった。これによって2番のりばから出る上り列車は平日朝の当駅折返し普通電車(各駅停車)と毎日夜の当駅折返し西明石行きのみとなった。

連続立体交差事業[編集]

「JR山陽本線等加古川駅付近連続立体交差事業」として駅を含む山陽本線(2,377 m、神戸起点37K359m60 - 39K736m[13]) 、加古川線(953 m、加古川起点0m - 0K952m95[13])の高架化および気動車区の移転が行われた[16]。事業費は285億円とされた[16]。これの付帯事業として、「JR加古川橋梁改築事業」(事業区間1,778m、神戸起点39K736m - 41K514m[17])および駅周辺の区画整理事業が行われた[18]

事業開始前の駅構内[編集]

高架工事着工前の2番線に停車する、加古川始発の高槻行(1988年3月15日)
高架工事着工前の5番線に停車する加古川線キハ30(1986年12月)

1999年に高架化工事が着工される前はJR神戸線(山陽本線)が2面3線、高砂線と加古川線が1面2線(高砂線廃止後は加古川線のみが1面2線使用)の計3面5線で、1番のりばが単式、2 - 5番のりばが島式であった。

高架工事着工前のホームの使用状況
のりば 路線 方向 行先 備考
1 JR神戸線 下り 姫路相生方面  
2 下り
上り
姫路・相生方面
三ノ宮大阪方面
下りの待避列車や上りの当駅始発列車が使用
3 上り 三ノ宮・大阪方面  
4・5 加古川線 - 粟生西脇市方面  
付記事項
  • JR神戸線と加古川線のホームの間にホームなしの線路が敷設されており、南から4番線(上り待避線)、5番線、6番線となっていた。加古川線4番のりばは加1番線、5番のりばは加2番線であり、ホームなしとなる加3番線、加4番線も敷設されていた。国鉄時代には、1番のりばの南西側に貨物用側線、加古川線ホームの北側には貨車留置用の側線も多数敷設されていた。このほか、後述の加古川駅高架化までは加古川気動車区を備えるなど、広大な構内を持っていた。
  • 2番のりばは、姫路方面で新快速の待ち合わせを行う列車と当駅始発の神戸・大阪方面行きの列車が使用していた。この2番のりばは1985年3月13日までは使われておらず、1990年3月9日までは姫路方面の大半が1番のりばに停車していた。
  • 戦時中、1937年に開設された旧陸軍神野弾薬庫(現在の加古川刑務所)への爆弾や兵員を運ぶための延長3kmの引き込み線があった。加古川線・高砂線と一部線路を共用し、高砂線分岐地点より若干北側で加古川線と分岐していた。線路跡はほぼ道路に転用されており、緩やかなカーブから線路が引かれていたことを連想することができる。また、用水路に架かる橋には、専用線時代の橋を流用・改造して使用している。戦後に加古川刑務所となったためか、加古川刑務所専用線と呼称される場合もある。弾薬庫や工場など9棟が放置されていたが、2007年1月に加古川市によって解体・撤去された。

連続立体交差事業開始後[編集]

連続立体交差事業に伴い、加古川橋梁東側から加古川駅東側は高架建設用地を確保するために現在線の北側に仮線を敷設し、ホームも同様に移設することとなった[19]。加古川線仮ホームは現行の加古川線ホームのさらに北側、かつて貨物用側線があった箇所に移設し、その空いたスペースにJR神戸線仮ホームを設置した[14]。それ以外の加古川橋梁東側から西寄りと加古川駅から東寄りの区間は現行線路の南側に高架を建設した。

連続立体交差事業の進行に伴い、加古川鉄道部は1999年3月13日厄神駅付近に移転した[8]。そして、高架建設用地を確保するためにホームをかつての貨物用側線などが存在した北側にホームを移設することとなった[19]。山陽本線部分は、当駅で折り返し運転を行う列車が存在した都合上、2000年12月11日深夜に上り線下り線双方が一括で仮線に切り替えられた[19]。ホーム配置は切替後も同じ3面5線ではあるものの、すべてのホームが島式とされ、JR神戸線上り本線が4番のりば、加古川線が5・6番のりばになり、2・3番のりば(当駅で特急・新快速の待ち合わせを行う姫路方面の普通列車および当駅折り返しの大阪方面の列車が使用していた)が同じ線路を共用していた。

既設ホームを撤去したスペースにJR神戸線上下ホームを建設し、2003年5月に高架ホームに切り替えた。そしてJR神戸線仮設ホームを撤去し、そのスペースに加古川線ホームを建設、2004年12月に高架ホームに切り替えた。

駅弁[編集]

加古川駅独自の駅弁はないが、姫路駅同様にまねき食品えきそば店があり、弁当も売っている。

利用状況[編集]

2021年(令和3年)度の1日平均乗車人員19,871人である。これはJR西日本の駅では第36位である。 「加古川市統計書」(加古川市総務部総務課・編)及び「兵庫県統計書」によると、年間乗車人数及び1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 年間
乗車人数
左記の内
定期利用者
1日平均
乗車人員
1998年 8,169千 5,503千 22,380
1999年 7,964千 5,358千 21,760
2000年 7,747千 5,213千 21,223
2001年 7,605千 5,149千 20,835
2002年 7,502千 5,132千 20,555
2003年 7,609千 5,196千 20,789
2004年 7,614千 5,215千 20,861
2005年 7,675千 5,241千 21,026
2006年 7,876千 5,386千 21,579
2007年 7,950千 5,430千 21,721
2008年 7,999千 5,488千 21,915
2009年 7,919千 5,531千 21,697
2010年 7,961千 5,569千 21,810
2011年 8,033千 5,613千 21,949
2012年 22,174
2013年 22,669
2014年 22,523
2015年 23,256
2016年 23,791
2017年 24,065
2018年 23,993
2019年 23,989
2020年 19,251
2021年 19,871

駅周辺[編集]

駅前広場とヤマトヤシキ

バス路線[編集]

3番乗場(かこバス)
プリンセスロード号(神姫バス)

特記のない限り神姫バスの路線。かこバスは加古川市コミュニティバス。1 - 5番乗場は駅南口にある。2012年6月15日からは関西国際空港行リムジンバスも駅北口に乗り入れ開始した。

1番乗場
イオン加古川前経由
土山駅南口行(大半が東加古川駅経由)
東加古川駅・県立加古川医療センター経由甲南加古川病院行
一部は新在家交差点をそのまま左折し、医療センターに立ち寄らずに甲南加古川病院に向かう。
水足経由
上新田北口行
県立加古川医療センター経由上新田・稲美町役場・六甲バター北行[20]
2番乗場
市役所経由安田東行
3番乗場(かこバス)
市役所・長砂経由東加古川駅行
水道局前・鶴林寺経由別府・海洋文化センター行
市役所・稲屋・尾上の松駅経由尾上公民館行
市役所・北備後・尾上の松駅・大崎経由別府行
4番乗場
加古川簡易裁判所南経由加古川西団地方面加古川駅行[循環]
5番乗場
加古川簡易裁判所南・船頭経由
都台行
東神吉小学校東・ウェルネスパーク行
平津・宝殿駅
北口
中津経由
新神野行
加古川営業所行
県立加古川医療センター行
県立加古川医療センター・甲南加古川病院経由、神野駅行
高速バスなど
東京(東京駅秋葉原)・東京ディズニーランド行き(ハートライナー、神姫観光バスが運行)
関西国際空港行(リムジンバス)(神姫バス・関西空港交通南海バスが運行)
神戸三田プレミアム・アウトレット
神戸三田プレミアム・アウトレット経由、関西記念墓園行 ※不定期運行
神戸製鋼所加古川製鉄所通勤バス(一般客乗車不可)

その他[編集]

深夜特急バス「はくろムーンライト号」(毎週 木・金曜日のみの運行) [21]
  • 下り:JR大阪駅前 - 三宮東急イン前 - 明石国道2号線沿い・旧ダイエー前 - 西明石駅前東加古川駅前加古川駅前 - JR姫路駅OS前
    • 以前運行していた大阪線・神戸線の運行を見直しての運行再開。

※ 加古川駅前は、下りのみ通過と毎週(木・金)のみ運行。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
A JR神戸線(山陽本線)
新快速
西明石駅 (JR-A74) - 加古川駅 (JR-A79) - 姫路駅 (JR-A85)
普通(明石駅以東は快速となる列車を含む)
東加古川駅 (JR-A78) - 加古川駅 (JR-A79) - 宝殿駅 (JR-A80)
  • 運行区間の全駅に停車する各停 (普通電車) (7両編成)は当駅発着で、東加古川駅方面のみの運転。
I 加古川線
加古川駅 - 日岡駅

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道
高砂線
加古川駅 - 野口駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 設置当初は、乗り継ぎ精算機は「日岡まで」「神野まで」「厄神まで」の3台のみ設置されており、市場 - 谷川の各駅まで乗車する場合は窓口での対応となっていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、51頁。ISBN 9784343006028 
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  3. ^ 交通新聞社『JR時刻表』2015年10月号
  4. ^ JR西日本2018年12月14日のプレスリリースより
  5. ^ 『JR全駅ものしりガイド』183頁
  6. ^ “列車接近をメロディーで JR神戸線塚本-姫路間”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1997年3月11日) 
  7. ^ “JR加古川駅付近 連続立交化に着手 車両基地は厄神に移転”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1998年10月2日) 
  8. ^ a b c 「RAILWAY TOPICS(「JR」◆加古川駅高架化の山陽本線部分が完成)」『鉄道ジャーナル』第37巻第8号、鉄道ジャーナル社、2003年8月1日、 93頁。
  9. ^ JR時刻表 2005年3月号
  10. ^ カニ列車で行こう(平成17年10月27日)加古川市
  11. ^ 琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線・大阪環状線の駅のホームで使用している「入線警告音」の音質を見直します
  12. ^ 近畿エリアの12路線 のべ300駅に「駅ナンバー」を導入します!
  13. ^ a b c d 東播都市計画都市高速鉄道、JR山陽本線等(加古川駅付近)連続立体交差事業、兵庫県・加古川市・西日本旅客鉄道(株)加古川駅高架工事パンフレット
  14. ^ a b c JR山陽本線等加古川駅付近連続立体交差事業第19回全国街路事業コンクール応募資料
  15. ^ a b c 加古川駅|構内図”. 西日本旅客鉄道. 2022年8月31日閲覧。
  16. ^ a b 「第19回全国街路事業コンクール」の結果について (PDF) 都市と交通 通巻70号、日本交通計画協会
  17. ^ 特定構造物改築事業、JR山陽本線加古川橋梁改築、国土交通省近畿地方整備局姫路工事事務所・西日本旅客鉄道(株)大阪建設工事事務所パンフレット
  18. ^ 「平成17年度全建賞受賞! JR加古川駅付近連続立体交差事業 (PDF) 兵庫県
  19. ^ a b c 『日本鉄道施設協会誌』第39巻第7号、p.580
  20. ^ 平成29年10月 ダイヤ改正について (PDF)
  21. ^ はくろバス案内

参考文献[編集]

  • 藤本清克・尾崎大史(JR西日本大阪建設工事事務所)「山陽本線加古川駅付近高架化に伴う仮線切替工事」『日本鉄道施設協会誌』第39巻第7号、日本鉄道施設協会、2001年7月、 578 - 580頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]