住吉駅 (JR西日本・神戸新交通)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
住吉駅
JR Sumiyoshi sta Kobe01s2820.jpg
北口
すみよし
Sumiyoshi
所在地 神戸市東灘区住吉本町一丁目
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
神戸新交通駅詳細
テンプレートを表示

住吉駅(すみよしえき)は、兵庫県神戸市東灘区住吉本町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・神戸新交通である[1][2]駅番号はJR西日本がJR-A57、神戸新交通がR01

乗り入れ路線[編集]

JR西日本の東海道本線と、神戸新交通の六甲アイランド線(愛称「六甲ライナー」)の2路線が乗り入れている[1][2]。六甲アイランド線は当駅が始発駅である[2]

JR西日本の駅はアーバンネットワークエリア内であり、東海道本線は「JR神戸線」の路線愛称設定区間に含まれている。また特定都区市内制度における「神戸市内」エリアに属している。JR西日本の駅はICOCA、神戸新交通の駅はPiTaPaスルッとKANSAI協議会)および各種「スルッとKANSAI」対応カードの利用エリアに含まれている[3][4]

歴史[編集]

JR西日本[編集]

神戸駅 - 大阪駅間鉄道開業の20日後に駅は設けられた。開業当時の駅舎は、英国風の赤煉瓦を用いた駅舎であった。

駅開設当初は、駅南方には人家も多かったが北側には何もないという状況であった。しかし、駅の開設によって急速に発展し、住宅地が造成されるようになった。その後、1892年には駅設置に反対していた酒造家が、今度は貨物の積み下ろしに便利なよう南西側に移設して欲しいといった請願を行った。この結果、1912年に南よりの現在地に駅は移された。

1934年(昭和9年)7月20日吹田駅 - 須磨駅間で電気運転が開始されたが、当初は当駅に電車が停車せず、9月20日になってようやく電車の停車駅になった。

神戸新交通[編集]

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 住吉駅
すみよし
Sumiyoshi
JR-A56 摂津本山 (1.6 km)
(2.2 km) 六甲道 JR-A58
所在地 神戸市東灘区住吉本町一丁目2-9
北緯34度43分10.46秒 東経135度15分42.68秒 / 北緯34.7195722度 東経135.2618556度 / 34.7195722; 135.2618556 (JR 住吉駅)座標: 北緯34度43分10.46秒 東経135度15分42.68秒 / 北緯34.7195722度 東経135.2618556度 / 34.7195722; 135.2618556 (JR 住吉駅)
駅番号 JR-A57
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 東海道本線JR神戸線
キロ程 580.1km(東京起点)
大阪から23.7 km
電報略号 スミ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
29,169人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1874年明治7年)6月1日
備考 直営駅[1]
みどりの窓口
神 神戸市内
テンプレートを表示

島式ホーム2面4線(12両編成対応)を持つ地上駅であり、橋上駅舎を有している。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。

構内には自動体外式除細動器 (AED)が1台設置されている。駅スタンプは、改札外のみどりの窓口に設置されている。

JRの乗車券・定期券などで、券面の駅名が「(東)住吉」と表記されることがあるが、これは熊本県にある住吉駅三角線)との区別のためである。(東)は東海道本線の東を指す。

直営駅芦屋駅傘下の地区駅で駅長配置)。

のりば[編集]

のりば 路線 行先 備考
1 A JR神戸線 尼崎大阪京都方面[11] 朝の快速の一部
2  
3 三ノ宮姫路方面[11]  
4 平日朝の快速の一部
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記してある。
  • 当駅に停車しない特急・新快速・貨物列車は、1・4番のりばを通過していく。停車列車は後述の列車を除き2・3番のりばに停車するため、1・4番のりばは基本的にロープをかけている。
  • 1番のりばに停車する大阪方面の列車は、平日朝ラッシュ時のすべての快速と、土曜・休日ダイヤの朝の一部の快速のみである。
  • 4番のりばに停車する三ノ宮・姫路方面の列車は、平日の朝の快速のみで、土曜・休日ダイヤで4番のりばに停車する列車はない。

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間に12本(快速が4本、普通が8本)停車する。朝ラッシュ時は本数が多くなる。

神戸新交通[編集]

神戸新交通 住吉駅
すみよし
Sumiyoshi
(1.2 km) 魚崎 R02
所在地 神戸市東灘区住吉本町一丁目2[2]
駅番号  R01 
所属事業者 神戸新交通
所属路線 六甲アイランド線(六甲ライナー)
キロ程 0.0 km(住吉起点)
駅構造 高架駅[2]
ホーム 1面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
13,577人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1990年平成2年)2月21日[2]
テンプレートを表示

新交通住吉駅
配線図
2 1


uENDEa uENDEa
uSTR+BSl uSTR+BSr
uSTR+BSl uSTR+BSr
uABZg+l uABZgr
uABZgl uABZg+r
uSTRg uSTRf

魚崎駅

島式ホームを1面2線を持つ高架駅である[2]

JR住吉駅改札口とは、両線の切符売り場などを挟んでほぼ真横に位置しており、短い時間での乗換えが可能である。自動体外式除細動器 (AED) が1台設置されている。高架下の駐輪場(JR住吉駅4番線南側)には、当駅の歴史のパネルが展示されている。このパネルと当駅4番線の間にはレールを再利用した壁がある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 六甲ライナー マリンパーク方面
  • 2番線は原則として平日朝ラッシュ時のみ使用する[2]
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記してある。

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間に10本が発車する。朝夕は本数が多くなる。

阪神・淡路大震災による被害[編集]

JR西日本

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災により、盛り土式ホームの大阪寄りが倒壊し、神戸新交通の駅舎との接触で駅本屋外壁が破損するなどの被害を受けたが[12]、橋上駅舎やホームの一部は使用可能な状態であった[13]。震災発生と同時に、当駅を含む区間は運転見合わせとなった。

2月8日に、芦屋 - 当駅間の内側線が運転を再開し、当駅は一時的に大阪方面からの終端駅となった[13]。代替バスや阪急御影駅(同年2月13日に復旧)との乗換駅ともなり、大幅な混雑が予想されることから、崩壊した大阪寄りホームの代替として仮設ホームを神戸寄りに延伸するとともに外側線上にホーム幅の拡張を行った[13]。さらに、降車専用の改札口を上下ホームにそれぞれ設けることで混雑緩和を図った[13]。線路設備面では、もともと折り返し設備のない当駅が終端駅となったため、駅大阪寄りにJR難波駅の地下化工事で使用するものを流用したシーサスクロッシングを挿入することとなった[14]。混雑防止の点から乗降客分離が望ましいが、当駅神戸寄りは9‰の勾配となっていることや六甲道駅付近の高架橋被災の点から引き上げ線を設置する余裕がなかったためである[14]

当駅までの復旧により、各駅停車は当駅で折り返し運転を行った。同月14日に尼崎 - 芦屋間の外側線復旧以後は、当駅で各駅停車と新快速が折り返し運転を行うようになり、原則として2番のりばで各駅停車が、3番のりばで新快速が折り返す運用とした[14]。同年4月1日、最後まで不通となっていた - 当駅間が運転を再開した[15]

神戸新交通

2番線側橋桁が落下し、当駅東側の橋脚も傾斜するなどの被害を受けた[16]。その後、8月23日に当駅 - 魚崎駅間が復旧し、全線復旧となった[2]。これにより、神戸市内のロープウェイやケーブルカー以外の鉄道は全て復旧した[2]


利用状況[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)[編集]

「データで見るJR西日本」によると、2020年度の1日平均乗車人員29,169人で、これはJR西日本の駅の中では第18位である。また兵庫県内の同社の駅では6位であり、新快速が停車する芦屋駅加古川駅よりも利用客が多い[17][18]

神戸新交通(六甲ライナー)[編集]

「神戸市統計書」によると、2019年度の年間乗車人員は約4,969,000人で、一日平均乗車人員は13,577人となる。これは、六甲アイランド線内6駅中第1位であり、神戸新交通全線では三宮駅に次いで第2位となっている。

「神戸市統計書」(神戸市企画調整局総合計画課・編)及び「兵庫県統計書」[18]によると、1日あたり乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
JR西日本 六甲ライナー
1999年 34,180 [19]
2000年 34,600
2001年 34,883
2002年 35,049
2003年 35,101
2004年 35,351
2005年 36,083
2006年 36,527
2007年 36,908
2008年 36,882 12,893 [20]
2009年 35,565 13,288
2010年 35,164 12,986
2011年 34,727 12,676 [21]
2012年 34,715 12,521
2013年 35,096 12,438
2014年 34,547 12,715
2015年 35,663 13,132 [22]
2016年 35,979 13,238
2017年 36,075 13,348
2018年 35,843 13,499
2019年 35,612 13,577
2020年 29,169

駅周辺[編集]

阪神電鉄にも同じ名前の住吉駅があるが、約850m離れている。JR住吉駅周辺には東灘区総合庁舎や、阪神・淡路大震災以後の都市再開発事業により商業ビル等が並び、東灘区の中心市街地として発展している。

バス路線[編集]

国道2号線にある住吉駅バス停(神戸フェリーバス
神戸市交通局
神戸フェリーバス
阪神バス(国道2号上)
みなと観光バス

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
A JR神戸線(東海道本線)
新快速
通過
快速
芦屋駅 (JR-A54) - 住吉駅 (JR-A57) - 六甲道駅 (JR-A58)
普通(JR東西線学研都市線内で区間快速となる列車を含む)
摂津本山駅 (JR-A56) - 住吉駅 (JR-A57) - 六甲道駅 (JR-A58)
神戸新交通
六甲アイランド線(六甲ライナー)
住吉駅 (R01) - 魚崎駅 (R02)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、22頁。ISBN 9784343006028 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、246頁。ISBN 9784343006745 
  3. ^ ご利用可能エリア│ICOCA:JRおでかけネット”. web.archive.org (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。
  4. ^ ご利用エリア|PiTaPa.com”. web.archive.org (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。
  5. ^ 水源地が決壊、阪神沿線に濁流『東京朝日新聞』(昭和13年7月6日夕刊)『昭和ニュース辞典第6巻 昭和12年-昭和13年』p227-228 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  6. ^ 「JR年表」 『JR気動車客車情報 89年版』ジェー・アール・アール、1989年8月1日、142頁。ISBN 4-88283-110-4 
  7. ^ 「JR年表」 『JR気動車客車情報 89年版』ジェー・アール・アール、1989年8月1日、144頁。ISBN 4-88283-110-4 
  8. ^ “列車接近をメロディーで JR神戸線塚本-姫路間”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1997年3月11日) 
  9. ^ 琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線・大阪環状線の駅のホームで使用している「入線警告音」の音質を見直します:JR西日本”. web.archive.org (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。
  10. ^ 近畿エリアの12路線 のべ300駅に「駅ナンバー」を導入します!:JR西日本”. web.archive.org (2020年6月15日). 2020年6月26日閲覧。
  11. ^ a b 住吉駅|構内図:JRおでかけネット”. JRおでかけネット. 西日本旅客鉄道. 2022年9月9日閲覧。
  12. ^ 阪神・淡路大震災鉄道復興記録編纂委員会『よみがえる鉄路』山海堂、1996年、p.152、ISBN 4-381-00989-4
  13. ^ a b c d 阪神・淡路大震災鉄道復興記録編纂委員会『よみがえる鉄路』山海堂、1996年、p.173、ISBN 4-381-00989-4
  14. ^ a b c 阪神・淡路大震災鉄道復興記録編纂委員会『よみがえる鉄路』山海堂、1996年、p.185、ISBN 4-381-00989-4
  15. ^ 阪神・淡路大震災鉄道復興記録編纂委員会『よみがえる鉄路』山海堂、1996年、p.190、ISBN 4-381-00989-4
  16. ^ 阪神・淡路大震災鉄道復興記録編纂委員会『よみがえる鉄路』山海堂、1996年、p.391、ISBN 4-381-00989-4
  17. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2021年2月11日). 2021年4月21日閲覧。
  18. ^ a b 兵庫県統計書
  19. ^ 兵庫県/兵庫県統計書”. web.archive.org (2019年8月29日). 2020年6月26日閲覧。
  20. ^ 神戸市:第89回神戸市統計書 平成24年度版”. web.archive.org (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。
  21. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。
  22. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2020年6月26日). 2020年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]