阪神大水害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水害で被害を受ける神戸市加納町三丁目付近

阪神大水害(はんしんだいすいがい)は、1938年(昭和13年)7月3日から7月5日にかけて、神戸市及び阪神地区で発生した水害

同地域では、阪神・淡路大震災1995年(平成7年)1月17日)と並び語られる自然災害である。

概説[編集]

6月末に太平洋岸に形成された顕著な梅雨前線が7月3日に瀬戸内海を通過、3日の夕方から降り始めた激しい雨は4日夕刻に一時収まったが、5日午前1時から5日13時23分まで大豪雨となった[1]。この3日間で降水量が最も多い時には60.8mm/h、総降水量は六甲山で616mm、市街地の神戸海洋気象台でも461.8mmに及び、阪神間の広い地域で400mmを超えた。六甲山南麓(いわゆる甲南地域)には芦屋川住吉川石屋川など、急峻な山地から一気に海へと流れ下る川が多いため、各河川流域で決壊、浸水、更に土石流などの土砂災害が相次いだ。交通網・通信網も寸断され、都市機能は麻痺した。

被害[編集]

豪雨によって六甲山の各所で山腹が崩壊したため、各河川は土石流を伴う大氾濫を起こした。被害は六甲山南側の神戸市が最も多かったが、六甲山の東部や北部でも死傷者が出た。六甲山の山崩れ箇所数は表六甲の主要11河川[2]で2,727カ所、市内への土石流の堆積量は357万立方m、そのうち住吉川の堆積量が最も多く154万3千立方mであった[3]。神戸市は当時の全人口の72%、全家屋の72%が被災した。

阪神大水害の地域別被害(地域名は当時のもの)[4]
地域名 死者・行方不明者  家屋の流失・倒壊・埋没 家屋の半壊 浸水家屋 橋梁喪失
神戸市 616人 5,054戸 6,776戸 79,625戸 52カ所
西宮市、精道村(現芦屋市)、良元村(現宝塚市) 38人 253戸 932戸 22,124戸 23カ所
武庫郡(現神戸市東灘区) 48人 352戸 888戸 7,343戸 8カ所
有野村山田村(現神戸市北区) 13人 73戸 34戸 251戸 47カ所
合計 715人 5,732戸 8,630戸 109,370戸 130カ所

背景[編集]

六甲山の花崗岩は構造運動の影響を強く受け、岩盤は数cmから数十cm間隔の割れ目(節理)が顕著で脆く崩壊しやすい[5]。また江戸時代から経済活動が活発だった地域のため六甲山の森林は建材や燃料として、徹底的に利用されてはげ山となっていた。明治以降六甲山に植林が行われるようになったが、大水害当時では不十分であった[6]。このため大雨により上流で土砂崩れが起こりこれが土石流と化し、巨岩や大木を交えて甲南地域に押し寄せ、河道を塞いだり、中下流の堤防を破壊するなどしたのである。また砂防政策の遅れも原因としてあった。この水害を機に、甲南地域の治水・砂防事業は兵庫県から国に移管されることになり、国は水害直後の9月内務省六甲砂防事業所(現:国土交通省六甲砂防事務所)を設置。以後、太平洋戦争による中断期間を除いて一貫して国による治水・砂防事業が実施されている。

その他の災害[編集]

1938年は、例年に比べて大雨や集中豪雨が多く、それによる水害が全国各地で起きた。阪神大水害と同じ頃、関東地域でも同様の集中豪雨に見舞われ那珂川[7]桜川[8]利根川江戸川印旛沼[9]と関東各地で決壊・氾濫・水害が発生し甚大な被害を齎した。また大水害からほぼ1か月後の7月28日8月1日には同様の集中豪雨が四国から東海地域にかけて起こり徳島県那賀川が決壊[10]、8月末から9月頃には台風による水害被害も重なった。

また、大水害を受けた治水・砂防事業にも拘わらず、同地域は1961年(昭和36年)昭和36年梅雨前線豪雨で兵庫県内の死者41名[11]1967年(昭和42年)昭和42年7月豪雨で同死者100人を出した大規模な水害[12]に見舞われている。

脚注[編集]

  1. ^ 六甲砂防六十年史p101
  2. ^ 兵庫県立工業学校昭和13年調べ、芦屋川、天井川、住吉川、石屋川、都賀川、西郷川、生田川、宇治川、天王・石井川、苅藻川、妙法寺川
  3. ^ 六甲砂防六十年史p119
  4. ^ 六甲砂防六十年史p102
  5. ^ 六甲砂防六十年史p38
  6. ^ 六甲砂防六十年史p40
  7. ^ 4. 水害と治水事業の沿革 - 国土交通省
  8. ^ 霞ヶ浦の洪水
  9. ^ 4. 水害と治水事業の沿革 - 国土交通省
  10. ^ 四国水害アーカイブス - 昭和13年の水害
  11. ^ 六甲砂防六十年史p109 神戸市内の死者は29名
  12. ^ 六甲砂防六十年史p111 神戸市内の死者は72名

阪神大水害について触れた作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『阪神大水害調査報告』 昭和13年7月5日 災害科學研究所編 災害科學研究所 1938
  • 『阪神大水害写真』 岡田豊一 1938
  • 『神戸新聞社での生活四十年』 篠原菊治 1958
  • 『六甲砂防六十年史』 六甲砂防工事事務所 2001年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]