神戸地方気象台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神戸地方気象台

神戸地方気象台(こうべちほうきしょうだい)は、兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通一丁目にある地方気象台であり、大阪管区に属する。2013年までは気象庁直轄の神戸海洋気象台であり、海洋気象台としては日本で最も古い歴史を誇っていた[1][2]2005年7月に神戸空港出張所が開設されたが、2006年4月に関西航空地方気象台の出張所へ移管した。

兵庫県気象観測等の業務を行っている[2]1920年大正9年)8月25日に、海洋気象台として創設[1][2]神戸海洋気象台を経て現在の組織となっている。

沿革[編集]

  • 1887年(明治20年):気象台測候所条例が公布 [3]
  • 1896年(明治29年):中央区の宇治野山に兵庫県神戸測候所ができ、地方天気予報や警報を発表 [3]
  • 1918年(大正7年):兵庫県知事清野長太郎が、海洋気象台建設のため海運業者に出資を諮る。 [3]
  • 1920年8月:神戸測候所の敷地内に、日本初の海洋気象台が誕生[3]海洋気象台として観測および予報業務を開始[2]
  • 1922年12月:船舶向け気象情報の無線送信開始。
  • 1923年1月:北太平洋天気図の作成開始。
  • 1927年3月:観測船春風丸I世竣工。海洋観測開始。
  • 1939年(昭和14年):気象官署官制の施行に伴い、先の神戸測候所は海洋気象台に合併 [3]
  • 1942年8月:函館海洋気象台の発足を機に [3]、神戸海洋気象台と改称。宇田道隆、神戸海洋気象台長(恩師藤原咲平中央気象台長の懇請による)。[4]
  • 1995年1月:兵庫県南部地震で庁舎一部損壊[2]
  • 1996年1月:神戸海洋気象台長 菊地正武 一般社団法人日本船主協会誌「せんきょう」199601号に「随想 神戸海洋気象台の歴史 震災および転居」を投稿[5]
  • 1999年9月:現在の神戸防災合同庁舎に移転[2]
  • 2001年4月:観測船啓風丸配置。
  • 2010年4月:啓風丸が再び本庁へ移管。
  • 2013年1月29日:神戸海洋気象台が神戸地方気象台となり、大阪管区気象台の管轄に入ることが閣議決定された[6][7][2][8][9][10][11][12]。なお、改変後も業務上の変更点は特にないとしている[8]
  • 2013年10月1日:神戸地方気象台へ改組[2][9]

兵庫県南部地震[編集]

1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)では、818galという大きい加速度が観測された(この観測波形は「JMA神戸波」として、建物等の耐震試験に用いられている)。 庁舎に大きな被害はなく一部損壊ですんだものの[2]、気象台と大阪管区気象台の専用回線L-アデスに障害が発生し、当初の震度情報の提供に遅れを生じました。 このため地震発生当初の地震報道では、京都彦根・豊岡の震度5が最大震度であった。「神戸震度6」の情報がVHF通信で大阪管区気象台に伝えられ、マスコミに流れたのは地震発生から約30分後のことだった。 結果、災害対策の初動が遅れたとの指摘もあり、以降バックアップ体制の強化が全国的に執り行われた。

所在地[編集]

  • 651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通一丁目4-3 神戸防災合同庁舎内[2]
  • (1999年の移転まで)神戸市中央区中山手通7-14[2]

兵庫県の地方区分[編集]

北部[編集]

南部[編集]

管理する地域気象観測所[編集]

  • 豊岡特別地域気象観測所
  • 姫路特別地域気象観測所
  • 洲本特別地域気象観測所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「海洋気象台」の名前 消滅へ[リンク切れ] 関西テレビ 2013年1月30日12:05最終更新 2013年2月1日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k 消える神戸「海洋」気象台 「地方」に改編へ 神戸新聞 2013年1月29日22:42配信 2013年1月30日閲覧
  3. ^ a b c d e f 「神戸海洋気象台(含む、創設時(大正11年)の海洋気象台写真)」 KOBEの本棚 第51号 神戸ふるさと文庫だより 神戸市立中央図書館 平成17年(2005)10月20日  2013年8月8日閲覧
  4. ^ アーカイブズ宇田道隆文庫 東京海洋大学附属図書館 http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/
  5. ^ 「せんきょう」 バックナンバー1990~201003号 http://www.jsanet.or.jp/report/geppo.html ]
  6. ^ 「海洋気象台」、組織改編で消滅 10月から  日経電子版 2013年1月30日10:11配信 配信日に閲覧
  7. ^ 舞鶴海洋気象台 9月廃止 「日本海海洋気象センター」に 京都新聞 2013年01月30日09:20配信 配信日に閲覧
  8. ^ a b “全国の「海洋気象台」消える 神戸は90年の歴史に幕”. 長崎新聞 (長崎新聞社). (2013年1月29日). オリジナル2013年4月23日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/p8Ncm 2013年1月30日閲覧。 
  9. ^ a b “全国の「海洋気象台」消える”. デイリースポーツオンライン (神戸新聞社). (2013年1月29日). オリジナル2013年1月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130130055707/http://daily.co.jp/society/science/2013/01/29/0005704137.shtml 
  10. ^ 平成25年度気象庁予算案の概要について(組織及び定員関係)報道向けPDF 気象庁 2013年1月29日配布
  11. ^ 舞鶴海洋気象台 9月廃止 「日本海海洋気象センター」に 京都新聞 2013年01月30日09:20配信 配信日に閲覧
  12. ^ 全国の「海洋気象台」消える 神戸は90年の歴史に幕[リンク切れ] 河北新報 2013年01月29日配信 配信日に閲覧

座標: 北緯34度41分51.5秒 東経135度12分46秒 / 北緯34.697639度 東経135.21278度 / 34.697639; 135.21278