気象衛星センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

気象衛星センター(きしょうえいせいセンター)は、気象庁本庁に付属する施設等機関の一つで、気象衛星からの観測データ受信及び気象衛星の運用を行う機関である。

概要[編集]

元々は、国際気象観測情報の送受信を行う気象通信所を起源とする。1968年アメリカ海洋大気庁(略称:NOAA)の前身が打ち上げた極軌道気象衛星"ESSA-6号"の気象データ受信を開始。1977年4月1日付けで気象通信所を廃止して気象衛星センターに改組された。

気象衛星センターの主な業務は、極軌道及び静止軌道を周回する気象観測衛星のデータ受信を主たる任務とし、WMO条約に基づき日本で打ち上げ・運用を行う気象衛星の管理を行うことである。

沿革[編集]

組織[編集]

  • 総務部
  • データ処理部
  • 情報伝送部

一般見学[編集]

  • 地方自治体などからの視察の場合には、事前予約で可能。
  • 事前予約のいらない「特別公開」は、気象月間の最中に土曜・日曜を利用して実施。2008年度は、施設耐震工事によって足場が悪いため中止。

所在地[編集]

  • 東京都清瀬市中清戸三丁目235

アクセス[編集]

  • 西武池袋線清瀬駅北口から 徒歩約20分、または、バスで「気象衛星センター」下車すぐ。

附属施設[編集]

気象衛星通信所

  • 所在地:埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸1440-1 (近所にJAXA地球観測センターもある。)
    • データ処理部の電子計算機及び情報伝送部の施設。気象衛星センター本所とは専用線通信によって結ばれている。
    • 気象観測衛星のデータフォーマットは全て公開されている。なお、静止気象衛星「ひまわり1号」から「ひまわり6号」までは同一のフォーマットであるが、「ひまわり7号」は気象観測衛星の機能向上によってフォーマットが変更されているので注意が必要。詳しくは気象庁本庁のホームページ参照。

関連項目[編集]

管理運営機関[編集]

運用担当[編集]

歴史[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在も極軌道衛星に関しては、気象観測を目的として公開されている衛星の受信を行っている。

座標: 北緯35度46分36秒 東経139度31分57秒 / 北緯35.77667度 東経139.53250度 / 35.77667; 139.53250