札幌管区気象台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

札幌管区気象台(さっぽろかんくきしょうだい)は、北海道札幌市中央区北2条西18丁目にある管区気象台。北海道全域の気象情報の発表や地震・火山などの観測を行っている。

道内の気象情報を発表するのに必要な地域区分については、従来支庁単位であったが、北海道が行政改革で支庁を廃止したことに伴い、2010年度からは、他の都府県と同様に「地方」単位へ再編した。

管内の地方気象台・海洋気象台[編集]

地方気象台
  • 釧路地方気象台
  • 網走地方気象台
  • 稚内地方気象台
航空測候所
  • 新千歳航空測候所
  • 航空気象観測所
    • 利尻・礼文(休止中)・稚内・紋別・女満別・旭川・中標津・釧路・帯広・函館・奥尻
  • 丘珠空港気象連絡室

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度3分37.7秒 東経141度19分43.9秒 / 北緯43.060472度 東経141.328861度 / 43.060472; 141.328861