住吉駅 (阪神)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
住吉駅
駅舎
駅舎
すみよし
Sumiyoshi
HS 23 魚崎 (0.8km)
(0.5km) 御影 HS 25
所在地 神戸市東灘区住吉宮町五丁目1番1号
駅番号 HS 24
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 24.6km(梅田起点)
駅構造 高架駅[1]
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,559人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1905年明治38年)4月12日[1]
テンプレートを表示
階段の丸窓

住吉駅(すみよしえき)は、兵庫県神戸市東灘区住吉宮町五丁目にある、阪神電気鉄道本線[1]。駅番号はHS 24

西隣の御影駅とは駅間距離がわずか500mしか離れておらず、阪神本線では最も短い[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム
下り線にある直結軌道

相対式2面2線を有する高架駅[1]分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。改札口は1か所のみで地上部にあり、ホームは2階にある[1]。ホームにはベンチが並べてあるだけで、待合室は設置されていない。改札内コンコースからホームへの階段は、ホーム梅田寄りに通じる。またエレベーターエスカレーターは設置されていない。駅員は昼間に勤務しているものの、常駐しているわけではない。

1929年(昭和4年)に高架駅となり、ほぼ当時の形態を残している[1]。そのため、当駅の階段には、昭和初期のデザインを思わせる意匠の丸窓がつけられ、特徴の一つとなっている[1][6]

また下り線の西方には、短区間ながら地上線では珍しい「直結軌道」が存在する[7]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 本線 上り 尼崎大阪(梅田)難波奈良方面
2 下り 神戸(三宮)明石姫路方面

実際には構内に上記ののりば番号表記はないが、公式サイトの構内図では上りホームが1番線、下りホームが2番線とされている。普通のみの停車であり、ホーム有効長は4両編成分(約80m)である。

住吉駅配線略図

梅田方面
住吉駅配線略図
三宮・元町方面
凡例
出典:[8]


利用状況[編集]

2004年度の1日の乗降客数は2,741人で、阪神本線の駅では最も利用客の少ない駅となっている[1]

駅周辺[編集]

駅前風景

駅周辺には住宅地が広がる。駅すぐ南の国道43号を越えると工場や倉庫が多く立地する。

JR神戸線東海道本線)・神戸新交通六甲アイランド線にも同名の「住吉駅」があるが、当駅とJR神戸線・六甲アイランド線の住吉駅までは約1km離れている[1]。六甲アイランド線への乗換駅は上り線次駅の魚崎駅であり、JR神戸線への乗り換えは神戸三宮駅(JR線は三ノ宮駅)となる。

発着バス路線[編集]

神戸市バス

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
本線
直通特急・特急・区間特急・快速急行・急行
通過
普通
魚崎駅 (HS 23) - 住吉駅 (HS 24) - 御影駅 (HS 25)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、35頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ 阪神全体に当てはめれば、武庫川線東鳴尾駅 - 洲先駅間の400mが最短。
  3. ^ a b 『不死鳥レールウェイ』 神戸新聞総合出版センター、2010年1月17日、124-126頁。ISBN 978-4-343-00537-3
  4. ^ “阪神「三宮」を「神戸三宮」に駅名変更、駅ナンバリングを導入し、すべてのお客さまに分かりやすい駅を目指します” (PDFlink) (プレスリリース), 阪神電気鉄道株式会社, (2013年4月30日), オリジナル2016年4月8日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2016-0408-0105-08/www.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/SR201304304N1.pdf 2016年4月8日閲覧。 
  5. ^ “[アラカルト]3月20日=兵庫 ◆駅ナンバリング、神鉄が導入”. 読売新聞(大阪朝刊) (読売新聞大阪本社): p. p.32. (2014年3月20日) 
  6. ^ 歴史のある風景 住吉駅の丸窓”. まにあっく阪神(阪神電気鉄道公式ファンサイト). 2009年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月14日閲覧。
  7. ^ 歴史のある風景 補遺26:住吉の直結軌道”. まにあっく阪神(阪神電気鉄道公式ファンサイト). 2009年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月14日閲覧。
  8. ^ 『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第7巻 大阪エリア-神戸駅』 川島令三 編著、講談社〈図説 日本の鉄道〉、2009年ISBN 978-4-06-270017-7 27頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]