尾上駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾上駅
尾上駅跡(2016年5月)
尾上駅跡(2016年5月)
おのえ
Onoe
鶴林寺 (1.0km)
(2.0km) 高砂北口
所在地 兵庫県加古川市尾上町今福
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 高砂線
キロ程 3.7km(加古川起点)
電報略号 オエ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1913年(大正2年)12月1日
廃止年月日 1984年(昭和59年)12月1日
テンプレートを表示

尾上駅(おのええき)は、かつて兵庫県加古川市尾上町今福に存在した、日本国有鉄道(国鉄)高砂線である。

1984年(昭和59年)12月1日、高砂線の廃止に伴い廃駅となった。

駅概要[編集]

1面1線の単式ホームと線路を有していた地上駅無人駅で、無人化された後に待合室は開放型の簡易な物に建て替えられた。それまでは、同線の途中駅では唯一、1970年代後半まで木造の駅舎が残っていた。入り口には改札用の柵が残されていて、使用済の乗車券の投入箱が架けられていた。

駅のすぐ横には山陽電気鉄道が築堤上を走っており、駅の西約200mの位置に山陽電気鉄道尾上の松駅があり、乗り換えが可能であった。

また当駅から神戸製鋼所加古川事業所まで専用線を2路線敷設する計画もあったが、実現しなかった。その軌道敷地が一部道路となり残存する。

駅廃止後もかつてのホームの跡がしばらくの間残っていたが、現在は撤去されている。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
高砂線
鶴林寺駅 - 尾上駅 - 高砂北口駅

関連項目[編集]