神鋼鋼線工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神鋼鋼線工業株式会社
SHINKO WIRE COMPANY, LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 5660
大証2部(廃止) 5660
2007年9月4日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
660-0091
兵庫県尼崎市中浜町10-1
設立 1954年昭和29年)3月18日
業種 鉄鋼
法人番号 2140001049112
事業内容 鋼線などの製造・販売
代表者 取締役社長 藤井晃二
資本金 80億62百万円
発行済株式総数 58,698,864株
売上高 単独:220億72百万円
連結:287億69百万円
(2012年3月期)
純資産 単独:154億90百万円
連結:190億21百万円
(2012年3月現在)
総資産 単独:346億59百万円
連結:426億85百万円
(2012年3月現在)
従業員数 単独:481名、連結:789名
(2012年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社神戸製鋼所 42.5%
神鋼鋼線取引先持株会 4.7%
株式会社メタルワン 2.5%
関係する人物 乾新兵衛(創業者)
外部リンク http://www.shinko-wire.co.jp/
テンプレートを表示
明石海峡大橋の高張力ケーブル材料に神鋼鋼線が開発した鉄材料が利用されている[1]
明石海峡大橋のケーブル断面

神鋼鋼線工業株式会社(しんこうこうせんこうぎょう、英文社名:SHINKO WIRE COMPANY, LTD.)は神戸製鋼グループの鋼材などを製造・販売する企業

事業内容[編集]

沿革[編集]

  • 1917年大正6年) - 乾鉄線株式会社設立
  • 1931年(昭和6年) - 日本鉄線鋼索株式会社に社名変更
  • 1943年(昭和18年) - 株式会社神戸製鋼所が日本鉄線鋼索株式会社を吸収合併し、同社尼崎工場とする。
  • 1954年昭和29年) - 株式会社神戸製鋼所尼崎工場が分離独立、神鋼鋼線鋼索株式会社として発足。
  • 1962年(昭和37年) - 大阪証券取引所(二部)へ上場。
  • 1971年(昭和46年) - 株式会社朝日製鋼所と合併、現社名に変更。
  • 1993年平成5年) - 東京証券取引所(二部)へ株式上場。
  • 1997年(平成9年) - ロープ事業部がISO 9001の認証を取得。
  • 2000年(平成12年) - 鋼線事業部がISO 9001の認証を取得。
  • 2007年(平成19年) - 大阪証券取引所上場廃止(申請による)。

事業所所在地[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]