ベルデモール加古川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベルデモール加古川(ベルデモールかこがわ)は兵庫県加古川市のJR加古川駅南から国道2号まで伸びる商店街である。以前からあった加古川駅前通商店街を全面改装し、1989年12月1日にオープンした。駅から一方通行の車道が通っている。

ベルデモールとは、スペイン語の「緑」を表す「ベルデ」と、英語で「木陰路」を表す「モール」を組み合わせた造語。全面に敷かれた石畳とレトロデザインの街灯、数々のモニュメントによりモダンな雰囲気を持つ。

モニュメントと池[編集]

モニュメント(湧き水)

商店街の中には地下水を循環させている池があり、地域の人々の手により金魚錦鯉フナエビ等が飼育されている。水温は、年間を通じて一定に保たれ夏の暑さなどにも対応できているが、こころない人のタバコポイ捨てなどにより全滅することもある[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 商店街の池の金魚が全滅…怒りの貼り紙に込められた靴店主の思い”. まいどなニュース (広畑 千春). 2019年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]