この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

駅自動放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

駅自動放送(えきじどうほうそう)とは、鉄道駅における自動アナウンスのことである[注釈 1]

目次

概要

従来、駅係員が放送室などから列車の行先・停車駅などの放送を行っていたが、駅係員の介入をなくして自動化したものである。駅係員がのりば別に放送を行うには限界があり、業務の効率を上げるために導入しているといえる。また、近年は運行管理システムと連動して、遅れ時分や列車の運転休止についても放送するなど、旅客に対するサービスは向上している。

放送は列車がある地点を通過することにより始まるのが一般的で、軌道回路を使用して列車を検知したり、赤外線などのセンサーで列車を検知することにより、自動放送制御装置が動作して放送を行う。

旧型の自動放送装置では放送内容1文を登録するものであったが、ダイヤ改正などにより列車の情報が変わった場合などで新しい放送文が必要になると新しく追加登録する必要があり、装置の容量を超えてしまうこともあった。このため文節毎に種別や行先など必要な情報の登録を行い、これを合成して出力されるものもある。

啓発放送では一文を登録して、一定時分間隔で放送を行うことが多い。駅係員により録音された放送が出力されるのも自動放送といえる。

放送内容

都市部では日本語での案内のほか、英語でも放送を行う駅もある。また、放送の冒頭や接近放送のあとにはメロディーか冠されることもある。一方、地方では単に「列車がまいります」などと、接近だけを知らせる放送を行う駅もある。

  • 予告放送
    • 次にどの列車が来るのかを予告する。事業者によって放送しない駅もある。通過列車や当駅止まりの列車も放送されるが、これを省略して次に到着する営業列車を放送することもある。種別、行先、停車駅や編成両数、乗車位置などが放送される。
  • 接近放送
    • 列車の到着・通過を知らせ、旅客に注意を促す。
  • 到着放送
    • 駅名連呼を行い、乗り換えや到着した列車の行先などを案内する。
  • 停車放送
    • 時間調整や通過待ちなどの停車中に放送する。列車の種別・行先などが簡単に放送される。
  • 発車放送
    • 列車が発車することを知らせる。
  • 啓発放送
    禁煙や駅美化の放送のほか、選挙の投票を呼びかける[注釈 2]放送もある。

担当人物

JRグループ

私鉄

分類 (JRグループの場合)

放送文章の語句の順序などにより以下に分類することができる。

ATOS型放送

ATOS型放送は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅で使用されている。ATOS中央装置を稼働させ、配下に駅連動装置を接続して運転整理を行っているATOS導入線区は首都圏の一部線区のみである(ATOS導入線区東京圏輸送管理システム(ATOS)を参照)。

ATOS導入線区においては、ATOS中央装置から配信を受けた列車情報をもとに放送がなされているので、ダイヤ混乱時でも駅係員の操作を介することなく正確な行先放送が可能である。

担当アナウンサーは男声が津田英治、女声が向山佳比子。しかし、宇都宮線を始めとする近郊路線を中心に、男声アナウンスが田中一永へ順次移行している[10]。接近チャイムは統一のものを利用しており、かつて山手線で使用されていたチャイムのアレンジ版になっている。

かつては、大宮駅松戸駅取手駅西船橋駅宇都宮駅橋本駅もこの形であった。

現在、ATOS型放送は津田英治から田中一永へ交代した所謂「宇都宮ATOS型放送」へ更新が進んでおり、将来的には、現在使用されている「スタンドアローン」も『宇都宮ATOS型放送のスタンドアローン』が出てくる事も考えられる。[注釈 9] 更に、横浜線京葉線では、導入時から宇都宮型ATOSである。

東海道型放送

主に、列車集中制御装置(CTC)導入路線で使用されている。

かつて、JR東日本の東海道線で多く使用されていたことからこの名がつけられたものの、他の放送タイプに置き換えられ、現在では首都圏の一部駅・路線を除き余り使用されなくなっている。

JR東日本管内での東海道線以外の線区では、統一的放送(ATOS・仙石型など)の導入や、装置の老朽化による更新などで次第に減少傾向にある。

過去の使用箇所(例外含む)
  • 東日本旅客鉄道
    • 東海道線:多くの駅で使用されていたものの、熱海駅を最後に消滅した。現在は熱海駅のみ旭型放送で、それ以外はATOS型放送。
    • 青梅線東青梅駅西立川駅で使用されていたが、青梅駅牛浜駅は旭型放送に、それ以外の駅はATOS型放送に変更された。拝島駅では他の駅よりも詳細な放送を使用していたが、前述したようにATOS型放送となった。また、青梅駅で奥多摩行きや御嶽行きに連絡する放送も一部の列車であった。
    • 伊東線:熱海駅と伊東駅で使用されていたが、上野東京ライン開業による自動放送のパーツ不足により消滅。
    • 山手線新宿駅恵比寿駅などで使用されていたが消滅。[注釈 10]使用されていた接近メロディはATOS化前のもの。今後は自放音源として使用される。
    • 京浜東北線根岸線浦和駅新橋駅田町駅大井町駅大船駅の各駅(東神奈川駅~本郷台間は詳細型。それ以外は簡易型)で使用されていたが、ATOS導入により消滅。
    • 横須賀線東京駅の他、横浜支社管内の多くの駅で使用されていたが、大船駅以北ではATOS型放送、北鎌倉駅久里浜駅では仙石型放送(後に巌根型放送に再変更し、現在はATOS型放送)に変更され消滅した。
    • 総武快速線船橋駅津田沼駅稲毛駅などで使用されていた。
    • 総武本線東千葉駅 - 佐倉駅八街駅成東駅などで使用されていた。
    • 中央線八王子駅武蔵境駅で使用されていた。(※1994年~1996年3月まで使われていたATOS導入前の中央線標準接近放送での接近メロディで使われた。)
    • 南武線尻手駅武蔵中原駅登戸駅分倍河原駅立川駅などの駅で使用されていた。接近メロディは信濃町駅発車メロディとして使用されていた時期があった。
    • 横浜線:全駅に導入されていた。通称「横浜PRC型放送」とも呼ばれていた。ドア閉めの放送で、「ドアが閉まります」の後に、「ご注意ください」の代わりに「無理なご乗車はおやめください」という追加放送があった。現在はATOS導入により消滅。
    • 京葉線蘇我駅で使用されていたが、システム更新によりアナウンサーが変更され、房総型放送に変更された。(後述)房総型になっても当初は詳細型であったが、後に回送を除いて簡易型に変更された。ただし、アナウンスは1回だけで、戸閉め放送も独特だった(後に巌根・館山型放送に再変更し、現在はATOS型放送になったため、再び詳細型になっている)。
    • 内房線:蘇我駅 - 姉ヶ崎駅袖ヶ浦駅木更津駅君津駅千倉駅で使用されていた。
    • 外房線本千葉駅 - 大網駅茂原駅で使用されていた。本千葉駅と蘇我駅を除いて、全てよしいけいこによるアナウンスだった。現在はシステム更新により本千葉駅・大網駅は房総型放送、蘇我駅はATOS型放送それ以外は旭型放送である。
    • 川越線川越駅高麗川駅で使用されていた。川越駅では放送内容が他の駅と異なっていた。
    • 埼京線:川越駅で使用されていた。
    • 高崎線: 全駅に導入されていたが、現在は消滅。宮原駅~倉賀野駅間の全ての駅で使用されており、一部の駅では女性アナウンサーが沢田敏子であった(後程)。その後、倉賀野駅は2003年末に仙石型放送に、新町駅は巌根型放送に変更となった(さらに巌根・館山型放送に再変更)。宮原駅~神保原駅は一部の駅で仙石型放送に変更された後に2005年1月までにATOS放送に統一された。
    • 信越本線直江津駅で使用されていた。2016年12月6日よりえちごトキめき鉄道の遠隔放送設備使用開始に伴って消滅した。
    • 両毛線伊勢崎駅、桐生駅佐野駅栃木駅で使用されていたが、放送装置更新に伴い巌根・館山型放送に変更されたため聞けなくなった。なお、伊勢崎駅では一度仙石型放送に変更されたが、再び東海道型放送に戻され、巌根型放送に変更となった。武蔵野線のPRC化を除けば、仙石型放送が東海道型放送に変更されたのはこれが初めてである。
    • 武蔵野線:接近メロディ(他の路線と比べやや低音)や放送のイントネーションなどが異なる。放送装置交換後(1999年頃)からPRC化(2003頃)までは大宮支社管内の駅では本来の東海道簡易型放送だった(西船橋方面が村山、府中本町方面がよしいと逆であった)。なお2012年1月にATOSが導入されたため、この放送は消滅した。
    • 東海旅客鉄道
  • 東京臨海高速鉄道
  • あいの風とやま鉄道
    • あいの風とやま鉄道線:高岡駅と富山駅で使用されていた。2017年3月中旬にあいの風とやま鉄道独自の新型放送に置き換えられた。
  • 西日本旅客鉄道 :いずれも声質がSUNTRAS型放送(後述)と同じだったが、システム更新により新型放送に置き換えられた。
  • えちごトキめき鉄道
    • 日本海ひすいライン妙高はねうまライン:直江津駅で2016年12月5日まで使われており全てよしいけいこによるアナウンスだった。翌日よりえちごトキめき鉄道の遠隔放送設備使用開始に伴いこの放送は消滅した。

上野型放送

国鉄時代に主流だった放送で、ATOS導入前の上野駅で使用されていた。

アナウンサー

  • タイプ1: 男声:村山明(声質が異なる)[要出典] 女声:沢田敏子
    • 一番多く使われたタイプで、ATOS導入前の上野駅高崎線の一部と新白河駅・東京駅(東海道線ホーム)で使用されていた。それ以外ではいわき駅横須賀線田浦駅、常磐線の大甕駅、成田線の酒々井駅と両毛線の桐生駅でも使用されていたが、放送装置更新により東海道型放送・仙石型放送・巌根型放送(巌根・館山型放送)などに変更され、大部分が消滅してしまい、現在は松本駅長野駅に残っているのみである。なお村山明によるアナウンスは長野駅4番線のみ残存(但し、東海道型放送と同じ声質)。
  • タイプ2: 男声:村山明 女声:不明
    • 新橋駅(地下ホーム)、大森駅で使われていたタイプで「新橋型放送」と呼ばれていたが、その後大森駅は東海道型放送に、新橋駅は総武暫定型放送に置き換えられ消滅した(現在はATOS型放送)。

埼京PRC型放送

埼京線の全駅と川越線の大宮駅~南古谷駅間で使用した自動放送(川越駅は東海道詳細型)。ATOS放送の原型になったともいわれる極めて初期のタイプで、主要駅と川越線内の駅では駅名放送・接近・駅名・発車放送での行き先案内など、詳細な案内放送が流れ、中小の駅では接近と発車のみの簡易放送が流れたが、2005年夏にATOSが導入されたため、この放送は消滅した。担当アナウンサーは男声が東海道型放送と同じ村山明(声質が上野型放送と同じ)、女声が沢田敏子。

京葉型放送

京葉線東京駅 - 千葉みなと駅で主に使用されており、JR東海の御殿場線、身延線(いずれも一部の主要駅を除く)でも使用されている(後程)。しかし京葉線では2016年9月25日始発からATOSに切り替わり、消滅した。京葉PRC型放送とも呼ばれる。接近チャイムは旧喚起音に似ている。東京駅では初期は他駅と同じものを使用していたが、末期はリズムが早くなっていた。

京葉線のほとんどの駅では詳細型の放送[注釈 11]が、御殿場線と身延線、新習志野駅2・3番線始発電車のみ簡易型の放送が使用されている。東京延伸開業前までは全駅で簡易型放送(音質も今の放送と異なる)が使用されており、西船橋駅でも使用されたが総武暫定型に変更された(その後仙石型に変更された後、東海道詳細型放送(武蔵野PRC型)に再変更。現在はATOS型放送)。

放送は他の放送と言い回しが大きく異なり、ATOS型放送や東海道型放送等では種別の後に行先を言うのに対し、この放送では行先の後に種別を言うなど、独特な部分が多いものの東海道型放送や房総型放送でも戸閉め放送で扱われる場合がある。

担当アナウンサーは上野型放送、埼京PRC型放送と同じく男声は村山明、女声は沢田敏子。

静岡支社管内の御殿場線、身延線(一部の駅を除く)で使用されている。以前は東海道線(函南駅 - 二川駅間)でも使用されていたが、二川駅は海鉄I型に、それ以外の駅は村山明・よしいけいこによる東海道詳細型放送に変更された。

房総型放送

千葉支社内の比較的大きな駅で使用されている放送。千葉詳細型放送ともいう[要出典]担当アナウンサーは女声のみで長谷由子(男声は存在しない。)。[要出典]

千葉支社でも一部の駅で東海道詳細型が使用されていたが、千葉支社の駅では採用数が増えつつある。しかし、近年老朽化に伴い、内房線五井駅を始め、順次房総型放送から旭型放送に置き換わっている。ただし、例外駅があり、外房線勝浦駅(簡易型)は巌根型放送に(後に外房PRC型に変更)、外房線・内房線・京葉線のターミナル駅の蘇我駅は京葉線のATOS化に伴い、宇都宮型ATOS型放送に変更された(京葉線ホームは、巌根・館山型放送に変更した後、ATOS型放送に変更された)。なお、内房線内に関しては姉ヶ崎駅を最後にこの放送は消滅した[注釈 12]。また、接近メロディは統一されたメロディが使用されている(東海道型放送の時から、このメロディであった駅も存在する(佐倉駅など)。千葉支社以外では八王子駅の八高線ホームと赤塚駅で使用)。さらに、成田駅では英語の放送も使用されている(ジェリー・ソーレスが担当)。

外房PRC型放送

外房線永田駅 - 新茂原駅八積駅 - 安房鴨川駅[注釈 13]内房線九重駅太海駅間で使用されている放送。秋田駅でも使用されている。

ATOS型に近い放送になっており、次発列車の予告放送が存在する。ただし、ATOSでは特急の際に愛称を言うが、外房PRCでは言わない。また、到着の際に流れる連呼も存在しない。男声は有田洋之、女声は秀平真由美

永田駅 - 新茂原駅・八積駅 - 安房鴨川駅間(勝浦駅を除く)で使用されている接近メロディはかつて山手線で使用されていたもので、ATOSの接近メロディの音色違い。一方九重駅~太海駅と勝浦駅[注釈 14]で使用されている接近メロディは五感工房製のJR接近メロディSH1-2が、秋田駅では成田空港駅・いわき駅と同じ接近チャイムが使用されている。

内房PRC型放送

内房線の青堀駅 - 那古船形駅で使用されている放送。放送文面は外房PRC型放送やATOS型放送に似ているが、こちらは旭型放送同様音声合成で作成されている。アナウンサーは女声のみで、男声は存在しない。

旭型放送

総武本線の旭駅で最初に導入された放送で、ATOS導入線区外の東海道型放送(千葉支社は一部駅を除き房総型放送)の後継放送。これまでの放送とは異なって担当者はおらず、株式会社エーアイのコンピュータ音声(音声合成)で作成されている。当初は女声のみだったが、現在は男声も存在している。また、上野東京ライン開業に伴い、東海道型放送がこの放送に置き換えられた例も多い。東海道型の後継型放送として誕生した旭型放送だが、青梅線と五日市線ではATOS化したため、初めて旭型放送が消滅する駅が誕生することになった。放送文面は、更新前の放送を引き継いでいる駅が大半だが、旭駅、長浦駅袖ヶ浦駅に関しては新規文面で再構成されている。

アナウンサー

株式会社エーアイの「AITalk」を使用

  • 男声:せいじ
  • 女声:あかり

主な使用箇所

過去の使用箇所(自放音源使用などの例外含む)
  • 五日市線武蔵五日市駅 2017年2月18日にATOS導入に伴いATOS型放送に置き換えられた(今後は自放音源として使用される)。
  • 青梅線:牛浜駅、青梅駅 2017年2月13日まで使われていたが、ATOS導入に伴いATOS型放送に置き換えられた(今後は自放音源として使用される)。

仙石型放送

仙石線に主に使われている。男声は山田吉輝、女声は戸谷美惠子[11]

主な使用箇所

過去の使用箇所

  • 五日市線熊川駅秋川駅武蔵引田駅で使用されていたが、巌根・館山型放送に変更された(現在はATOS型放送に再変更)。
  • 鶴見線鶴見駅で使用されていたが、巌根・館山型放送に変更された。
  • 相模線厚木駅を最後に消滅。かつて多くの駅で使用されていたがすべて巌根・館山型放送に変更された。
  • 信越本線北高崎駅と高崎駅で使用されていたが前者は永楽型放送に、後者は巌根・館山型放送に変更された。
  • 伊東線来宮駅伊豆多賀駅網代駅宇佐美駅で使用されていたが、現在は巌根・館山型放送に変更された。
  • 横須賀線北鎌倉駅久里浜駅で使用されていたが、巌根型放送に変更された(現在はATOS放送に再変更)。
  • 外房線八積駅で使用されていたが、巌根型放送に変更された(現在は外房PRC型放送)。接近チャイムは房総型と同じチャイムだった。
  • 内房線:千倉駅で使用されていた。接近チャイムは八積駅と同様房総型と同じチャイム(後に通常のチャイムに変更される)で、放送の言い回しも更新前の東海道型放送の言い回しを引き継いでいたが、巌根型放送に変更された(現在は外房PRC型放送)。
  • 南武線尻手駅武蔵小杉駅稲城長沼駅府中本町駅などで使用されていた。ATOS導入直前に線内の大半の駅が変更された。横浜支社管内の駅では東海道型放送と同様にドア閉めの放送が、「ドアが閉まります。無理なご乗車はおやめください。」、接近放送では「危ないですから、黄色い線まで下がってお待ちください」という言い回しだったが、巌根型放送に変更された(現在はATOS放送)。
  • 東海道線大磯駅鴨宮駅真鶴駅で使用されていた(現在はATOS放送に変更)。

首都圏内の駅で使用されているのは、言い回しが改良されている。近年は音声を再収録した新タイプのものが導入されていた(大甕駅横須賀駅など)。

また、大半の駅では行き先を言わないものが主に使われており、川越線や青梅線などのごく一部の駅では「○○方面行き」といった簡易な行き先を言うものも存在する(これは、ユニペックス型やカンノ型も同様である。)が、新青森駅と帯広駅では詳細な行き先を言う詳細型が使用されている。

総武暫定型放送

1998年頃から導入された放送で、総武線がATOS化される際に放送音源として大量に導入されたためにこう呼ばれている。[要出典]総武線以外では宇都宮線横須賀線、外房線の鎌取駅などでも放送音源として一部の駅で導入された。この放送は現存していない。男声は小野祐史・女声は豊田真由美[要出典]

過去の使用箇所

  • 中央・総武緩行線:津田沼駅・西船橋駅を除く浅草橋駅 - 西千葉駅間。浅草橋駅 - 本八幡駅間と船橋駅・稲毛駅の緩行線ホームと幕張駅では更新前の永楽初期型放送の言い回しを引き継いでいて、永楽初期型放送と同様発車放送で「発車します(快速線と船橋駅・稲毛駅は「発車致します」、幕張駅では「(上りor下り)列車が発車致します」という言い回し)。ドアが閉まりますからご注意ください」の後に、「電車発車時の駆け込み乗車は大変危険です。おやめください。」という追加放送があった(幕張駅では後に通常の言い回しに変更される)[注釈 15]。それ以外の駅は通常の言い回しだった。
  • 総武快速線新日本橋駅 - 市川駅
  • 横須賀線新橋駅新川崎駅保土ヶ谷駅
  • 東海道線早川駅湯河原駅で使用されていた。
  • 武蔵野線船橋法典駅西船橋駅で使用されていた。船橋法典駅では、「○○方面行き電車」とアナウンスされていて、仙石型放送になっても「○○方面行き列車」の言い回しを引き継いでいたが、東海道詳細型放送(武蔵野PRC型放送)に変更された(現在はATOS型放送)。
  • 南武線武蔵新城駅で使用されていたが、仙石型放送に変更された(後に巌根型放送に再変更し、現在はATOS型放送)。
  • 常磐線南千住駅で使用されていた。
  • 外房線鎌取駅で使用されていたが、東海道詳細型放送に変更された(後に房総型放送に再変更し、現在は旭型放送)。
  • 宇都宮線:尾久駅、東大宮駅自治医大駅石橋駅で使用されていて、尾久駅では独特の言い回しだった。
  • 上越線井野駅沼田駅後閑駅で使用されていたが、仙石型放送に変更された(現在は井野駅以外の各駅が巌根・館山型放送に再変更された)

巌根型放送

内房線巌根駅で初めて使用された放送で、仙石型放送の後継放送。担当アナウンサーは男声が不明、女声が本田貴子。内容は仙石型放送と同じである。巌根駅・小宮駅・北八王子駅で使われている放送と他駅で使われている放送では、男声アナウンサーが異なっている。また、千葉駅1,2番線で使用されている放送は、他駅と異なる言い回しの発車放送を使用している。

主な使用箇所

以下の駅は発車放送(戸閉め放送)のみ

館山型放送

館山駅をはじめとして徐々に増えている放送で、巌根型放送の改良型。「巌根・館山型放送」とも呼ばれている。担当アナウンサーは男声が巌根型放送(後期型)と同じアナウンサーであったが、後に声質が異なるものを使用。女声が本田貴子(但し声質が異なる)。内容は仙石型放送・巌根型放送と同じである。ただし最初に導入された館山駅では言い回しが異なる他、新前橋駅では貨物列車が通過するため、通過放送も使用している。。

主な使用箇所

以下の駅は発車放送(戸閉め放送)のみ

過去の使用箇所

  • 京葉線蘇我駅で使用されていた(今後は自放音源として使用される場合がある)。現在はATOS導入により変更。
  • 五日市線熊川駅武蔵引田駅で使用されていた。2017年2月15日にATOS型放送に置き換えられた。今後は自放音源として使用される。

カンノ型放送

常磐線や青梅線・川越線・中央本線(中電区間)などに放送音源として導入された放送。しかし最近ではATOS化や放送装置更新時に仙石型放送・巌根型放送(巌根・館山型放送)などに変更され、次第に減少傾向にあるが、新潟支社と長野支社・JR東海の関西本線・JR九州(後程)・水戸線・常磐線(いわき駅以北)で新型放送として新たに導入する駅がある(塩沢駅など。担当アナウンサーは男声が田尻敏明、女声が長瀬祐子)。 また、接近放送冒頭には4点チャイムが流れるが、拝島駅を除く青梅線全駅で青梅線専用メロディーが使用されていた。

小山型放送

ATOS導入前の横浜駅東海道線・横須賀線ホーム (京浜東北・根岸線ホームは東海道詳細型を使用していた) や小山駅で使用されていた放送。それ以外では常磐線網代駅、千葉支社の一部の駅でも使用されていたが、現在はATOS化や放送装置更新により仙石型放送・巌根型放送(巌根・館山型放送)などに変更され、大部分が消滅してしまい、[要出典]小諸駅などの数駅に残っているのみである。

アナウンサー

  • タイプ1: 男声:那波一寿 女声:佐久間陽子
  • タイプ2: 男声:那波一寿 女声:不明
  • タイプ3: 男声:不明 女声:佐久間陽子
    • 長野支社で使われていたタイプ。中央本線南小谷駅など多くの駅で使用されたが、東邦電気工業製の自動放送・カンノ型放送に置き換えられ消滅した。もうこのタイプの男声は聞くことができない。

永楽型放送

国鉄時代に主流だった放送。アナウンサーは時期により異なる。

首都圏

1980年代 - 1990年代にかけて国鉄 - JRの非常に多くの駅で採用された。1990年代後半になると多くの駅が別のタイプに交換されたが、京浜東北線や宇都宮線ではその後もしばらく導入が続けられた。[要出典]その後首都圏では永楽型は下火になり、ほとんどがATOS型放送・巌根・館山型放送に取って代わられた。現在は、黒磯駅日光線(宇都宮駅日光駅を除く)、国定駅山前駅富田駅北高崎駅偕楽園駅箱根ヶ崎駅程度であるが、伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆仁田駅原木駅牧之郷駅の3駅で総武線に導入された初期型のものが使用されている。また、自放音源として北赤羽駅で使われることもある。また、スピーカーも「TOAラッパ」や「ユニペックスラッパ」といったラッパ型のものが使用されていて国鉄時代の雰囲気をよりいっそう出している[要出典][注釈 16]

東北地方

東北地方のJR東日本路線では、スタンドアローン型のATOSが導入された仙台駅とその周辺の駅を除いて、現在でも放送機器が交換されると、たいてい永楽型になる。しかし、最近では主要駅で長谷由子の新放送に変更される駅がある。[要出典]一方、JR東北本線から転換された青い森鉄道の一部駅にも永楽型の簡易放送が存在する。

仙台空港鉄道

すべての駅で永楽型放送が採用されており、仙台空港駅では日本語のほかにも、英語、中国語、韓国語の四か国語の放送がある。

新潟支社

あまり数は多くないものの、若干存在する。

JR西日本エリア

JR西日本では、金沢支社管内・米子支社管内とSUNTRAS導入路線、広島支社管内の主要駅を除き、永楽型放送が主流である。

私鉄

千葉都市モノレールなどで使用されている。かつて新京成電鉄相模鉄道(女声のみ)、京王電鉄で広く使われたが、現在は大半が新型放送(調布型放送)に交換された。青い森鉄道や、伊豆箱根鉄道駿豆線の4駅ではまだ初期型を使用中。またゆりかもめは2006年の豊洲延伸時に女声のみ交換し、男女ともに永楽型の担当者となった。

アナウンサー

アナウンサーは何度か交代している。

  • タイプ1: 不明、不明
    • 国鉄時代に導入されたものがほとんどである。JR化後も多くの駅で使われていたが、発車メロディやATOS導入に伴う機器更新のほか、旅客サービス向上に伴う詳細放送導入で、1990年頃を境に使用駅が激減した。首都圏では長浦駅(女声のみ使用。現在は巌根型放送に変更し、旭詳細型放送に再変更)を最後に消滅した。このタイプの男声は最後まで残っていた相生駅津軽線でも変更や更新が行われ、現在では聞くことができない。
  • タイプ2: 片山光男、河本俊美
    • JR化後に導入されたものも多い。宇都宮線京浜東北線で多用されていた(黒磯駅では現在も使用中)タイプ。いずれの路線もATOS導入によって現在では聞けない。京浜東北線・宇都宮線の一部駅では列車接近放送の冒頭にムーン・リバーを流していたが、ATOS化や放送機器更新で消滅した。京王電鉄の一部や、ゆりかもめなどで使用されているものはこのタイプに近い。この放送は東京近郊区間では数駅に残るのみだが、東北地方とSUNTRAS導入路線を除く近畿地方では現在も多くの駅で使用されている。
  • タイプ3: 片山光男、長瀬祐子(アクターズユニオン所属)
  • タイプ4: 不明、不明
    • 首都圏で登場したタイプ。主に東北地方や箱根ヶ崎駅などで使用されている。

ユニペックス型放送

1990年頃から発車メロディの導入に伴い、山手線、中央線、常磐線など東京支社管内を中心に大量に導入された放送。列車接近放送冒頭の2点チャイムは、駅によって再生速度が異なっていた。[要出典] 金町駅では独特な接近メロディが使用されていた(1番線のメロディーは北神急行電鉄の車内放送冒頭メロディーに使われており2番線のメロディーは明覚駅岡崎駅でも使われている)[要出典]

首都圏

使用されていたほとんどの駅がATOSの導入区間であったために急激に使用駅が減った。また近年、ユニペックス製の放送装置を使用している駅の多くが放送装置更新で、ユニペックス製の新しい放送装置、もしくは別タイプの放送装置(仙石型放送・巌根型放送など)に替えられるようになり、古いユニペックス製の放送装置を使用している駅自体も次第に減少している。放送自体は、数駅で残っているのみで、近郊区間で残るのは西川越駅北千住駅2番線(下りの戸閉め放送のみ)、明覚駅、軽井沢駅(新幹線ホーム)である。例外では早朝・深夜の水道橋駅柏駅コンコースの禁煙放送で使われる事もあり、仙石型放送・巌根型放送(巌根・館山型放送)と同様、ATOS機器が故障していると詳細型放送が流せなくなり、この放送になることも多い(北柏駅西日暮里駅など)。

また、上溝駅品川駅臨時ホームでも最近まで使用されていた。

仙台支社

永楽電気製に次ぐ勢力であったが、永楽型に更新されるようになり、徐々に数を減らしている。なお、仙台支社では北仙台駅を除いて男声は使用しない。[要出典]

新潟支社

鶴岡駅新津駅長岡駅で使われている。

アナウンサー

NOA連動型放送

JR東海の主要駅で使用されている放送で、東海旅客鉄道(JR東海)の在来線に導入している名古屋圏運行管理システム(通称:NOA)と連動する放送。現時点では、中央線名古屋地区、東海道線名古屋地区、静岡地区の東海道線に導入されているが、関西線、武豊線にも導入予定 (現在は旧型PRC連動として放送のみ先行導入)。

NOAの自動進路制御装置 (PRC)により送られた情報をもとに各駅のホームに列車の種別・愛称名・行先・両数・停車駅などを放送する。

2016年10月には関西線に、同年11月には武豊線にも導入された。

担当アナウンサーは中央線(金山駅[注釈 17]中津川駅[注釈 18])は男声が津田英治、女声が向山佳比子。東海道本線(豊橋駅大垣駅[注釈 19])・関西線(八田駅~亀山駅間)・武豊線(大府駅~武豊駅間)男声が不明、女声は中央線と同じく向山佳比子。静岡地区はHOYA株式会社作成のVOICE TEXT合成音声を使用している。

なお、東武鉄道の上り本線用発車メロディと同じものが接近メロディとして使用されている。

関西・武豊線旧放送

正式名称不明。JR東海の関西線の名古屋を除く有人駅[注釈 20]と武豊線の大府を除く各駅で2016年まで使われていた放送。1990年代からある放送だが、鈴鹿サーキット稲生駅臨時列車に対応しているのが特徴である。発車放送や到着予告放送は省略されている。

アナウンサー

男声:村山明
女性:不明

海鉄標準型放送

JR東海で、上述のNOA標準型放送やその他詳細放送が導入されていない駅の多くで使用されている放送。接近放送のみの簡易的な放送。

接近チャイムや声が駅によって異なるため、『海鉄I型』『海鉄II型』『海鉄III型』『海鉄新標準型』『カンノ型放送』『京葉型放送』と区別される。

アナウンサー

  • カンノ型
男声:田尻敏明
女声:長瀬祐子
  • 京葉型
男声:村山明(声質が上野型放送と同じ)
女声:沢田敏子
カンノ型
京葉型

使用駅

海鉄I型:二川駅豊川駅美濃太田駅下庄駅一身田駅伊勢市駅二見浦駅など
海鉄II型:西小坂井駅那加駅各務ヶ原駅坂祝駅河原田駅(3・4番線)、熊野市駅など
海鉄III型:御殿場駅など
海鉄新標準型:松田駅裾野駅長泉なめり駅小泉駅可児駅長島駅津駅阿漕駅高茶屋駅[注釈 21]多気駅[注釈 22]三瀬谷駅紀伊長島駅尾鷲駅など
カンノ型[注釈 23]:朝日駅富田駅富田浜駅南四日市駅河原田駅(1・2番線)、河曲駅加佐登駅井田川駅
京葉型:静岡支社管内の上記を除いた御殿場線、身延線

SUNTRAS型放送

JR西日本の駅で使われている放送。JR東日本のATOS同様にこちらもアーバンネットワーク運行管理システム導入される際に、以下のタイプの音声になることが多いため、この通称が用いられている。なおATOSとは異なり、SUNTRASにはスタンドアローンは存在しない。また、路線によって接近(予告)メロディ・接近(入線)メロディ・担当アナウンサーが異なるが、次発チャイムは統一されている。

  • 阪和線システム(初代)
  • JR京都・神戸線システム、JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム、阪和線システム(2代)
  • 大阪環状・大和路線システム(2代)
    • 津田英治向山佳比子(放送のイントネーションはNOA連動型に近いが、放送文面は上記のシステムに準じたものである(『○番のりば』、『黄色い点字ブロック』など)が一部独特の言い回しがある(『当駅止まりの電車が参ります。ご注意ください。』など)。

広島詳細型放送

西日本旅客鉄道の広島・山口地区の主要駅(三原駅、西条駅、天神川駅、海田市駅、新白島駅、横川駅、五日市駅、宮島口駅、岩国駅、新山口駅、厚狭駅、新下関駅)で使用されている放送。ダイヤとは連携してないない。三原駅を除くすべての駅で接近(入線メロディ)と発車ベルが統一されている。担当アナウンサーは塩見智子

放送文面はSUNTRASに似ているが、乗車位置の案内を行わないことや一部の言い回しが異なる(ご注意ください→お気をつけください、電車・列車がまいります→列車が到着します)、次の停車駅を言うなど、相違点も多い。

九州旅客鉄道

九州では主要駅で自動放送が使用されているが、女声放送と男声放送の両方があるのは、博多駅黒崎駅南福岡駅(通過放送のみ)、鳥栖駅肥前山口駅早岐駅大分駅城野駅のみである。

自動放送がある駅

その他について

  • 標準放送の駅の使用スピーカーは全てUNI-PEXソノコラムスピーカーSC-15JA及びSC-10JAである。
  • 熊本駅、ハウステンボス駅は、案内放送があり、接近前放送もあるが、停車中放送がない。
  • 小倉駅は、案内放送・接近前放送・停車中放送もあるが、快速の停車駅案内が存在しない。特急は存在する。
  • 大分駅は、案内放送・接近前放送・停車中放送がある。そのうえ、案内放送・接近前放送・停車中放送では、チャイムではなくメロディーが流れる。
  • 筑肥線唐津線伊万里駅久保田駅唐津駅間の中間駅に導入されているタイプは接近放送のみで、その接近放送も標準放送タイプの接近前放送と接近放送を折衷したような内容になっている。
(チャイム)「まもなく、○番のりばに、○○時○○分発、普通列車 ○○行きが○両編成で到着します。黄色い線の内側でお待ち下さい。」

関連項目

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 駅でのアナウンスは日本ではごく一般的であるが、欧米の鉄道駅ではアナウンスそのものがないことも多く一般的とは言えない(高木哲也著「謝らないアメリカ人すぐ謝る日本人」草思社,1996年,pp38-39)
  2. ^ 大阪市交通局など。
  3. ^ 2015年頃より、長谷川の休業に伴い、以降の音声は別人での代役による収録となっている。
  4. ^ 発車メロディ後の乗降促進放送は羽鳥が担当している
  5. ^ 2017年11月ごろから、有楽町線、副都心線、東西線、銀座線にて、「黄色いブロックの内側でお待ちください。」のパーツも羽鳥で収録されている。
  6. ^ 現在は長塚みどりに置き換えられ消滅
  7. ^ 2015年頃より、樹リューリが務める新自動放送に変わりつつあり減少している。
  8. ^ 2017年12月現在、新宿三丁目駅のみで使用。
  9. ^ 2016年7月に、蘇我駅が宇都宮型ATOSのスタンドアローンタイプの第1号となった。
  10. ^ ダイヤの乱れなどの理由で自放音源として使用されることもある。
  11. ^ ダイヤの乱れなどにより、簡易型が使用される場合もある。
  12. ^ 本千葉駅は現在も房総型放送だが、管轄としては外房線扱いとなる。
  13. ^ 安房鴨川駅は発車放送のみ巌根型放送
  14. ^ 導入当初は他の外房線の駅と同じ接近チャイムを使用していた
  15. ^ 東海道型放送が使用されていた稲毛駅・船橋駅の快速線ホームと津田沼駅でも、発車放送で「○番線、ドアが閉まります。ご注意ください(津田沼駅緩行線ホームでは当初「発車致します。○番線、ドアが閉まりますからご注意ください」という言い回しだったが、「○番線から○○方面、ドアが閉まります」に変わった)」の後に、この言い回しが追加されていた。
  16. ^ 伊豆箱根鉄道に残る放送は全て女声であるが、かつては赤羽駅などで男声も存在した。[要出典]
  17. ^ 名古屋駅は向山のみで、男声は使用されていない。
  18. ^ 高蔵寺駅~中津川駅間の一部の駅では、海鉄標準型放送が使用されている。
  19. ^ 豊橋駅~岡崎駅間の一部の駅では、駅自動放送#海鉄標準型放送が使用されている。
  20. ^ 有人駅は八田春田蟹江永和弥富桑名四日市亀山の各駅である。
  21. ^ 高茶屋のみ上り、下りの区別をつけ放送する
  22. ^ ホームの発車標とは連動しておらず「列車がまいります」などと表示しない
  23. ^ カンノ型が導入される前は海鉄I型を使用していた

出典

  1. ^ ナレーションの一丸さんの声は意外なところでも...
  2. ^ http://hassya.net/data/broad.php
  3. ^ http://www.teichiku.co.jp/catalog/tokyometro/products/TECD-21634.html ※歌詞カード参照
  4. ^ http://www.teichiku.co.jp/catalog/tokyometro/products/TECD-21635.html ※歌詞カード参照
  5. ^ http://www.teichiku.co.jp/catalog/tokyometro/products/TECD-21635.html ※歌詞カード参照
  6. ^ 音楽CD「東京メトロ副都心線 駅発車メロディ&駅ホーム自動放送」(品番:TECD-21596 制作:株式会社スイッチ 発売:株式会社テイチクエンターテイメント) 添付解説書
  7. ^ http://www.goodntb.co.jp/ntb_profile.php?id=54
  8. ^ http://www.goodntb.co.jp/ntb_profile.php?id=101
  9. ^ [1][2]
  10. ^ JRの自動音声「中の人」交代 駅名など新たに録音”. 朝日新聞デジタル. 2015年4月28日閲覧。 ※全文の閲覧には会員登録が必要
  11. ^ https://www.voice-creator.com/

外部リンク