ヨーデルの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神崎農村公園 ヨーデルの森
Yodel Forest Kamikawa Town.JPG
施設情報
専門分野 体験型農業公園[1]
所有者 神河町
管理運営 神崎ファーム
リニューアル後、株式会社クラウデイト
来園者数 40万人(2001年)
開園 2001年4月21日
2009年3月14日リニューアル
所在地 兵庫県神崎郡神河町猪篠1868
アクセス アクセス参照
公式サイト www.yodel-forest.jp
テンプレートを表示
チューリップ畑

ヨーデルの森(ヨーデルのもり)は、兵庫県神崎郡神河町にある町立の農業公園である。2001年4月21日開業。開園当初、神崎町(現在の神河町)とファームが設立した神崎ファームが第三セクター方式で運営していた。なお、オープン当初は1年で40万人の集客があったが、2004年頃には14万人まで減少していた[2]。神河町は施設全体の点検のため2008年12月に一旦閉園し[3]、公園の管理運営を株式会社クラウデイト[1]に委託し、2009年3月14日にリニューアルオープンした[4]。リニューアル効果などにより、入園者前年比1.5倍に増加している[5]

概要[編集]

美しい自然の中での家族ぐるみのレクレーションの場が提供されており、家族の絆やふれあいを深めることが出来る。また、都市と農村の交流活動を促進し、青少年の教育の場やゆとりとやすらぎの場として活用することができる。

タカハリスホーク)の雄「リュウ」は、生肉付きのフライングディスクを追いかけて宮中でキャッチすることができ[6]、また、カピバラの「ハリー」と「ハーマイオニー」の2頭は、「お手」をすることができ、立ち上がることもできるという[6]。それぞれショーが行われる[6]

施設[編集]

  • ふれあいニャンコ村(2012年3月オープン)
  • パン工房
  • 菓子工房
  • ヨーグルト・プリン工房
  • 加工体験施設
  • アニマルステージ
  • 小動物ふれあい広場
  • アルパカ広場
  • 水辺の動物広場(カピバラ、ペンギン)
  • その他便益施設
  • 農産物直売所

園内には、加工体験、動物、アトラクション、飲食施設がある。

アクセス[編集]

周辺観光[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 株式会社クラウデイト会社概要
  2. ^ 神崎町大河内町合併協議会・第10回新町建設計画小委員会会議録 (PDF)
  3. ^ 町長からのメッセージ(2008年12月2日付)
  4. ^ 広報かみかわNo.40 (PDF) 2009年3月 神河町
  5. ^ 平成21年度神河町決算の概要 (PDF) 兵庫県神河町 2013-3-9閲覧
  6. ^ a b c 『タカとカピバラの曲芸が人気 神河・ヨーデルの森』 神戸新聞 2011年5月1日9時0分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度8分13.9秒 東経134度47分28.6秒