中国ハイウェイバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津山駅前 中央:西日本JRバス、右端:神姫バス

中国ハイウェイバス(ちゅうごくハイウェイバス)は、西日本ジェイアールバス神姫バスの2社によって共同運行される中国自動車道の昼行高速バス路線。

概要[編集]

正式な路線名は中国高速線である。この内、大阪市津山市をノンストップで結ぶ超特急便はスーパーライナー津山号と呼ばれる。下り便はUSJ - 宝塚IC間からの乗車分、上り便は津山駅 - 美作IC間からの乗車分に限り事前の予約が可能(ローソンファミリーマートサークルKサンクスでも可能)。2016年10月1日より、大阪駅・津山駅以外で乗降する場合はICOCAをはじめ、これと相互利用している交通系ICカードが利用できるようになる(NicoPaは不可)[1]

なお、大阪と津山以西の各地を結ぶ中国自動車道経由の昼行高速バス路線等は、中国ハイウェイバスに分類されない。

運行会社[編集]

西日本JRバス 大阪高速管理所 津山泊所
西日本JRバス 大阪高速管理所 津山泊所の看板
  • 西日本ジェイアールバス(大阪高速管理所)
    • 津山側起終点「津山駅」バス停から西日本JRバス大阪高速管理所津山泊所に入庫。
  • 神姫バス(西脇営業所:西脇線、北条営業所:北条線、津山営業所:津山線)
    • 予約センターは神戸にある。

歴史[編集]

  • 1974年昭和49年)4月23日 - 国鉄バス中国高速線(大阪 - 津山 163.6km)の路線免許を申請。
  • 1975年(昭和50年)11月1日 - 中国ハイウェイバス(中国高速線)開業。神姫バスとの共同運行。
    • 国鉄バス・神姫バス共同
      • 大阪駅 - 津山駅 - 落合インター
    • 神姫バス単独
      • 新大阪駅 - 西脇 - 柏原
      • 新大阪駅 - 福崎・粟賀
      • 新大阪駅 - 山崎・原
かつては西日本JRバスも北条線急行を運行していた(大阪駅桜橋口にて)
  • 1989年平成元年)3月30日 - 大阪駅 - 北条バスセンター開業。
  • 1992年(平成4年)3月19日 - 大阪駅 - 北条バスセンター間を加西フラワーセンターまで延長。
  • 1994年(平成6年)10月1日 - 大阪駅 - 津山駅間を湊町バスターミナルJR難波駅・OCAT)へ延長。
  • 1995年(平成7年) - 阪神・淡路大震災の影響で復旧まで、新大阪駅 - 西脇 - 柏原線は西脇 - 柏原間のみで運転。その他も1月24日より三田駅止めで運行し、2月22日から大阪駅に乗り入れ、通常運行に戻る。
  • 1996年(平成8年) - 西脇 - 柏原間廃止。上戸田以北は廃線となり、多可郡黒田庄町(現西脇市黒田庄町)はバス路線のない町となる。大阪駅 - 津山駅間でノンストップ便のスーパーライナー津山号運転開始。
  • 1998年(平成10年)4月1日 - 新大阪駅 - 粟賀間を新大阪駅 - 福崎間に、新大阪駅 - 原間を新大阪駅 - 山崎間に短縮。
  • 1999年(平成11年)8月31日 - 湊町バスターミナルへの乗り入れはこの日限り。
  • 2000年(平成12年)4月1日 - 山崎 - 新大阪駅間・福崎 - 新大阪駅間で柴原駅停車。
  • 2003年(平成15年)8月1日 - 山崎 - 新大阪駅間・福崎 - 新大阪駅間を休止。大阪駅・新大阪駅 - 西脇間は西日本JRバスも運行開始。これに伴い、西脇営業所 - 滝野社IC間はクローズドドアシステムとなる。
  • 2005年(平成17年) - 超特急便を4往復から6往復に増便。
  • 2006年(平成18年) - 北条線・西脇線を減便。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 北条バスセンター移転、同センター発着便がアスティアかさい発着に変更となる。あわせて加西市内に「古坂3丁目」バス停を新設(既設の神姫バス・加西市コミバスのバス停に併設)。
  • 2009年(平成21年)12月14日 - 平日ダイヤ・土休日ダイヤを設定。超特急便と特急便の停留所を拡大。津山線に「快速急行」便を新設。バス停廃止(西宮名塩、加西フラワーセンター)。運行回数変更(津山線:32往復→平日24往復 / 土休日27往復、西脇線:9往復→平日15.5往復 / 土休日16往復、北条線:10往復→平日2.5往復 / 土休日2往復)。超特急便(JR便)におけるダブルデッカー(2階建車両)の運行を終了。予約可能となる便を拡大。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 津山線の快速急行2往復を急行に変更。西脇行ののりばを新大阪駅(新御堂のりば)に変更。大阪駅基準で西脇行きを22時に繰り下げ、新大阪発が10分繰り下がる。
  • 2011年(平成23年)6月1日 - 大阪駅の乗降場が、桜橋口からノースゲートビルディング1階の大阪駅JR高速バスターミナルへ変更。
  • 2016年(平成28年)10月1日 - ICOCAなどの交通系ICカードが利用可能となる[1]

路線[編集]

停車停留所[編集]

▼・▽…下りは乗車のみ、上りは降車のみの扱い(白は一部便のみ運行)
▲・△…上りは乗車のみ、下りは降車のみの扱い(白は一部便のみ運行)
◆…双方向乗降可能
|…通過
∥…経路外
※下表の路線名は系統を表す便宜上のもので正式な路線名ではない。
駅コ|ド 停車停留所名 停留所所在地 中国ハイウェイバス津山線超特急 中国ハイウェイバス津山線特急 中国ハイウェイバス津山線快速急行 中国ハイウェイバス津山線急行 中国ハイウェイバス北条線急行 中国ハイウェイバス西脇線急行 備考
44 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 大阪府 大阪市此花区       3番乗り場に停車
43 大阪駅JR高速バスターミナル 大阪市北区  
42 新大阪駅 大阪市淀川区 乗車は新御堂筋北行副道上乗り場
降車は2番乗り場
40 千里ニュータウン桃山台駅 吹田市  
少路駅 豊中市 上り線のみ停車
49 柴原 下り線のみ停車
38 宝塚IC(中国道) 兵庫県 宝塚市  
36 西宮北IC(中国道) 西宮市  
35 長尾(中国道) 神戸市北区  
34 吉川IC(中国道) 三木市  
33 東条(中国道) 加東市  
32 (中国道)  
31 滝野社IC(中国道)  
30 滝野  
29 板波 西脇市  
28 野村  
27 西脇  
25 東本町  
24 上野南  
23 西脇営業所  
22 (中国道) 加西市    
21 加西IC(中国道)    
48 古坂3丁目    
20 加西市役所前    
19 アスティアかさい    
16 北条(中国道)      
13 福崎IC(中国道・播但道) 神崎郡福崎町      
12 夢前(中国道) 姫路市      
11 安富(中国道)      
10 山崎IC(中国道) 宍粟市      
09 葛根(中国道)      
08 南光(中国道) 佐用郡佐用町      
07 佐用IC(中国道)      
06 中国上月(中国道)      
05 作東(中国道) 岡山県 美作市      
04 美作IC(中国道)      
03 中国勝間田(中国道) 勝田郡勝央町      
02 津山IC(中国道) 津山市      
01 津山駅      
※津山線(特急、快速急行、急行)は加西SAで10分間休憩(超特急便は途中休憩なし)。

運行経路[編集]

運行回数[編集]

平日
  • 昼行便平日1日42往復。
    • 津山線24往復
      • 超特急便下り2本(神姫2)
      • 特急便下り9本(JR6、神姫3)、上り10本(JR6、神姫4)
      • 快速急行便下り7本(JR7)、上り8本(JR4、神姫4)
      • 急行便下り6本(神姫6)、上り6本(JR3、神姫3)
    • 北条線(全便急行便)下り2本(神姫2)、上り3本(神姫3)
    • 西脇線(全便急行便)下り16本(JR6、神姫10)、上り15本(JR6、神姫9)
土休日
  • 昼行便平日1日42往復。
    • 津山線26往復
      • 超特急便下り4本(JR1、神姫3)、上り3本(JR1、神姫2)
      • 特急便下り9本(JR6、神姫3)、上り10本(JR6、神姫4)
      • 快速急行便下り7本(JR7)、上り8本(JR4、神姫4)
      • 急行便下り6本(神姫6)、上り5本(JR3、神姫2)
    • 北条線(全便急行便)下り2本(神姫2)、上り2本(神姫2)
    • 西脇線(全便急行便)下り16本(JR6、神姫10)、上り16本(JR6、神姫10)

大阪から西脇に行く最終便は、JRが21時45分であるのに対し、本路線は22時と15分遅い。

車両[編集]

西日本ジェイアールバスの同形式車両(超得割青春号運用時)

1975年に運行開始した当時の車両は、国鉄バスは三菱ふそうのB907NAで、エンジンは300psの8DC6型、全長も11.3mと短く、東名名神ハイウェイバスより小ぶりな車両であった。また、東名・名神の車両と比較すると、トイレが省略されているが、これは運行距離が短いことと、常に高い乗車率のため、その分座席数を増やすことが得策と考えられたためである。神姫バスもほぼ同種の車両を導入している。その後、1979年、1982年に車両が増備されたが、この時には国鉄専用型式のMS504Qで、トイレが省略されたこと以外は東名・名神の車両と同一仕様であった。

1986年からは再び市販形式のエアロバスとなり、国鉄時代(1986年度)導入の車両は富士重工車体、JR化後(1987年度)導入の車両は三菱純正車体で導入された。

民営化後は、名神ハイウェイバスと共通運用となる車両もあり、新車でもトイレ付の車両が充当されるようになった。特に途中休憩のない超特急便についてはトイレ付の車両限定運用となっており、西日本JRバス担当便は、ドリーム号等で運用されるエアロキングヨンケーレなどのダブルデッカー(3列シート車)が充当されていた[2]が、2009年12月14日改正でダブルデッカー車の運用は中止された。神姫バス担当便は2往復で3列シート車が運用されたが、2008年9月より4列シートに変更となった[3]


車内設備[編集]

  • 4列シート
  • トイレ(一部を除く)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • バス・ジャパン3号「特集・国鉄バスのゆくえ」(1987年1月・バスジャパン刊行会)

外部リンク[編集]