篠山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese National Railway logo.svg 篠山線
概要
現況 廃止
起終点 起点:篠山口駅
終点:福住駅
駅数 6駅
運営
開業 1944年3月21日 (1944-03-21)[1]
廃止 1972年3月1日 (1972-3-1)[2]
所有者 運輸通信省運輸省
Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道
路線諸元
路線総延長 17.6 km (10.9 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
福知山線
BHFq eABZq+r
0.0 篠山口駅
exBHF
5.0 篠山駅
exBHF
8.8 八上駅
exBHF
10.6 丹波日置駅
exBHF
14.2 村雲駅
exKBHFe
17.6 福住駅

篠山線(ささやません)は、かつて兵庫県多紀郡丹南町(現・篠山市)の篠山口駅から同郡多紀町(現・篠山市)の福住駅までを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線である。1972年3月1日に廃止された[2]

路線データ[編集]

運行形態[編集]

1944年3月21日開業時
  • 運行本数:篠山口駅 - 篠山駅間9往復、篠山駅 - 福住駅間5往復
  • 所要時間:全線35 - 57分
1972年3月1日廃止時
  • 運行本数:篠山口駅 - 福住駅間6往復(1往復は休日運休)
  • 所要時間:全線33 - 39分
  • 貨物列車の運行はなく、気動車貨車を牽引する混合列車が運行されていた。

歴史[編集]

橋梁跡

太平洋戦争中、丹波地方で産出されるマンガン硅石輸送と、海沿いを通るため海からの攻撃が懸念された山陽本線バイパスとして福知山線の篠山駅(現・篠山口駅)と山陰本線園部駅を結ぶ目的(改正鉄道敷設法別表第78号)で建設された。1944年に篠山口駅 - 福住駅間が開業し、同時に1913年から篠山駅[3]篠山町(当時)市街地を結んでいた篠山鉄道が廃止された。しかしながら翌1945年に終戦を迎え、福住駅 - 園部駅間の建設は中止された。

以後、地域輸送に貢献することになるが、園部方面へ早く延長するため篠山町の市街地から離れた場所(旧・丹南町内)に篠山駅を置いたため利用者は少なく、1968年に赤字83線に指定され沿線住民の反対にあったものの1972年に全線が廃止された。

なお、篠山口駅 - 園部駅間には1934年から国鉄バスが運行されており(園篠線[4][5]西日本ジェイアールバスにも継承されたが2002年に撤退、代わって神姫グリーンバス(移管当初は神姫バス)が篠山口駅 - 福住間、京阪京都交通が福住 - 園部駅間を運行している。

年表[編集]

  • 1944年昭和19年)3月21日:篠山口駅 - 福住駅間 17.6km 開業、篠山駅・八上駅・丹波日置駅・村雲駅・福住駅が開業[1]
  • 1971年(昭和46年)9月7日:篠山口駅 - 福住駅間の廃止問題で、地元と合意に達したので1972年(昭和47年)3月1日実施に移したいと運輸省に申請。
  • 1972年(昭和47年)3月1日:篠山口駅 - 福住駅間の全線が廃止、篠山駅・八上駅・丹波日置駅・村雲駅・福住駅を廃止[6][2]

駅一覧[編集]

接続路線の事業者名は篠山線廃止時。現在は全駅兵庫県篠山市に所在。

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
篠山口駅 - 0.0 日本国有鉄道:福知山線 多紀郡丹南町
篠山駅 5.0 5.0  
八上駅 3.8 8.8   多紀郡篠山町
丹波日置駅 1.8 10.6 多紀郡城東町
村雲駅 3.6 14.2   多紀郡多紀町
福住駅 3.4 17.6  

逸話[編集]

路線廃止の数年後、篠山線の管轄だった福知山鉄道管理局文書課が作成した国鉄総裁への篠山線廃止上申書や篠山線に関するデータなどといった内部文書に加え、篠山線廃止への理解を住民に呼びかけるパンフレットや篠山線廃止後の補償に関する地元との合意書(何れも複写)などが一括して寄贈された。これらの資料は現在も篠山市に残されており、篠山市立中央図書館(閉架図書のため、受付カウンターでの申請要)にて広く閲覧することが出来る。

2002年(平成14年)3月21日に開業70周年を迎えるにあたり、市民グループにより企画されたツアーの体験プログラムとして、当時使用されていたレールや枕木を用いて、廃線跡のシンボル的存在であるコンクリート橋梁址にレールが敷設された。

2016年(平成28年)2月28日には、廃止区間のうち、八上駅周辺約1キロにプラレール5000本を敷き、お別れ列車を再現するイベントが行われた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「運輸通信省告示第78号」『官報』1944年3月20日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ a b c 三宅俊彦『日本鉄道史年表(国鉄・JR)』グランプリ出版、2005年、p.122
  3. ^ 福知山線の篠山駅は篠山線開業前の1944年3月1日に篠山口駅に改称したが、篠山鉄道の駅は同年3月20日限りで廃止されるまで篠山駅を名乗っていた。
  4. ^ 3月28日篠山-原山口間営業開始「鉄道省告示第115号」『官報』1934年3月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 7月11日園部-原山口間営業開始「鉄道省告示第310号」『官報』1934年7月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 1972年(昭和47年)2月1日日本国有鉄道公示第547号「運輸営業の廃止の件」
  7. ^ プラレール5千本、旧国鉄篠山線を再現 長さ何と1キロ - 朝日新聞、2016年2月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 丹波篠山インターネットテレビ - 以下の2つの記録映像がある。
    • 「篠山線廃止反対運動/篠山・藍本間新線建設促進運動」(1955年/14分34秒)
    • 「さよなら篠山線」(1970年/13分15秒)