のと鉄道能登線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
能登線
のと鉄道NT100.jpg
当線で使用された気動車NT100形
概要
現況 廃止
起終点 起点:穴水駅
終点:蛸島駅
駅数 30駅
運営
開業 1959年6月15日 (1959-06-15)
経営移管 1988年3月25日
廃止 2005年4月1日 (2005-4-1)
所有者 日本国有鉄道(国鉄)→
西日本旅客鉄道(JR西日本)→
のと鉄道(第1種鉄道事業者)
使用車両 使用車両を参照
路線諸元
路線総延長 61.0 km (37.9 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
七尾線
KBHFxe
0.0 穴水駅
exABZgl
七尾線→
exWBRÜCKE
小又川
exTUNNEL2
穴水隧道 250.0m
exTUNNEL2
麦ヶ浦隧道 378.0m
exTUNNEL2
仲居隧道 275.0m
exBHF
5.3 中居駅
exTUNNEL2
第一比良隧道 90.0m
exTUNNEL2
第二比良隧道 212.0m
exBHF
7.6 比良駅
exTUNNEL1
川尻隧道 1259.0m
exBHF
10.5 鹿波駅
exTUNNEL2
鹿波隧道 190.0m
exTUNNEL1
野並隧道 745.0m
exBHF
14.3 甲駅
exTUNNEL2
黒崎隧道 114.0m
exTUNNEL2
沖波隧道 80.0m
exBHF
17.0 沖波駅
exBHF
18.1 前波駅
exBHF
19.9 古君駅
exTUNNEL1
大円山隧道 598.0m
exWBRÜCKE
山田川
exBHF
22.9 鵜川駅
exTUNNEL2
鵜川隧道 424.7m
exBHF
24.1 七見駅
exBHF
25.6 矢波駅
exTUNNEL2
波並隧道 100.0m
exBHF
27.8 波並駅
exBRÜCKE
間島橋梁
exBHF
30.0 藤波駅
exTUNNEL1
第一宇出津隧道 775.0m
exBHF
32.7 宇出津駅
exTUNNEL2
第二宇出津隧道 115.0m
exTUNNEL2
第三宇出津隧道 68.5m
exTUNNEL2
第四宇出津隧道 87.5m
exTUNNEL2
第五宇出津隧道 165.0m
exTUNNEL2
第一田の浦隧道 90.0m
exTUNNEL2
第二田の浦隧道 90.0m
exTUNNEL2
第三田の浦隧道 121.0m
exTUNNEL2
第四田の浦隧道 63.6m
exTUNNEL2
第一羽根隧道 213.0m
exBHF
35.3 羽根駅
exTUNNEL2
第二羽根隧道 115.0m
exTUNNEL2
第三羽根隧道 225.0m
exTUNNEL2
第一小浦隧道 24.0m
exTUNNEL2
第二小浦隧道 155.0m
exTUNNEL2
第三小浦隧道 118.0m
exBHF
37.0 小浦駅
exTUNNEL2
第四小浦隧道 360.0m
exTUNNEL2
第一真脇隧道 42.0m
exTUNNEL2
第二真脇隧道 30.0m
exTUNNEL2
第三真脇隧道 125.0m
exBHF
38.4 縄文真脇駅
exTUNNEL1
小木隧道 963.0m
exBHF
40.4 九十九湾小木駅
exTUNNEL2
越坂隧道 252.0m
exTUNNEL2
新保隧道 129.0m
exTUNNEL2
長尾隧道 105.0m
exBHF
42.5 白丸駅
exTUNNEL2
樋山隧道 80.0m
exTUNNEL2
九里川尻隧道 297.0m
exBHF
44.4 九里川尻駅
exWBRÜCKE
九里川尻川
exTUNNEL2
第一九里隧道 101.5m
exTUNNEL2
第二九里隧道 145.0m
exWBRÜCKE
松波川
exBHF
46.4 松波駅
exTUNNEL2
松波隧道 205.0m
exTUNNEL1
恋路隧道 510.0m
exBHF
48.2 恋路駅
exTUNNEL2
宗玄隧道 135.0m
exBHF
49.0 鵜島駅
exTUNNEL2
第一鵜島隧道 204.0m
exTUNNEL2
第二鵜島隧道 34.0m
exTUNNEL2
第三鵜島隧道 215.0m
exBHF
50.1 南黒丸駅
exWBRÜCKE
鵜飼川
exBHF
51.7 鵜飼駅
exTUNNEL2
谷崎隧道 353.3m
exBHF
54.4 上戸駅
exBHF
56.1 飯田駅
exTUNNEL2
春日隧道 96.3m
exTUNNEL2
すず 珠洲隧道 174.2m
exWBRÜCKE
若山川
exBHF
57.4 珠洲駅
exBHF
59.0 正院駅
exKBHFe
61.0 蛸島駅
  • 総トンネル延長 11,697.6m

能登線(のとせん)は、かつて石川県鳳珠郡穴水町穴水駅と石川県珠洲市蛸島駅を結び、のと鉄道が運営していた鉄道路線である。

概要[編集]

能登半島の北部、奥能登の南岸を走っていた路線である。1959年国鉄能登線として開業。過疎地域に建設された上に、開業当時には既に自家用車が普及しつつあったため、乗降客は数年増加したのち減少を始め[1]1968年には早くも赤字83線に名を連ねている。その後、奥能登観光ブームにより一時的に盛り返すも、沿線道路網の発達などにより乗客減に拍車がかかった[2]

国鉄再建法により全国の不採算路線を廃止する方針が示される中、沿線自治体の存続活動もむなしく、能登線は1985年第3次特定地方交通線(以下・第3次指定)候補に選定され、国鉄の路線として廃止となる可能性が高まった。これを受け石川県は、「能登振興のために鉄道は必要」として、第三セクター鉄道としての存続に意欲を示し、共に三セク化によって第3次指定路線の存続を企図していた高知県愛知県(それぞれ土佐くろしお鉄道愛知環状鉄道を設立)とともに能登線の早期の第3次指定を国に求め、その結果1986年5月末に第3次指定に先行承認されることとなった[3]。こうして1987年に第三セクター「のと鉄道」が設立され、1988年にのと穴水駅(現・穴水駅) - 蛸島駅間が「のと鉄道能登線」として開業した。

転換後に列車のフリークエンシーを向上させた結果、収支はほぼ均衡を保ち、転換交付金を積み立てた基金で営業損失を補填した結果、のと鉄道は開業後3年間黒字を計上した[4]。しかし、のと鉄道が七尾線の経営を引き受けた頃からのと鉄道の赤字額が目に見えて増大し始め、同時に能登線の乗客も減少していった。2004年3月23日ののと鉄道の取締役会で能登線の廃止が決議され[1]2005年4月1日付で廃止に至った。廃止後は能登中央バス奥能登観光開発の2社(現在は統合されて北鉄奥能登バスに一本化)による路線バス代替バス)に転換された。

乗客の平均乗車距離は13.9km[5]と長く、通学客への影響は大きかった。珠洲市内から列車で石川県立七尾高等学校に通っていた学生は下宿を余儀なくされ、珠洲市内の高校へ向かう学生も混雑の激しいバスでの通学を強いられているという[6]

能登線の全49のトンネルにはいろは順に起点から平仮名がふられていた。これには事故等があった場合にその発生場所を即座に知らせるという目的もあった[7]

松波 - 恋路間の松波隧道「み」。

路線データ[編集]

※廃止時点

  • 路線距離(営業キロ):61.0km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:30駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(穴水 - 珠洲間)、スタフ閉塞式(珠洲 - 蛸島間)

運行形態[編集]

廃止直前時点では各駅に停車する普通列車のみが運行されており、運行系統としては七尾線とほぼ一体であった。廃止直前時点でおおむね2時間に1本が運行されていた。

転換当初は、毎時1本程度の運行であり、金沢から直通の急行「能登路」や、自社のパノラマ気動車NT800形を使用した急行「のと恋路号」も運転されていたが、「能登路」は2002年3月23日のダイヤ改正で、「のと恋路号」はさらにその半年後の2002年10月に廃止された。なお、穴水駅 - 珠洲駅間の上下最終列車が快速として運転されていた時期もあった[8]

使用車両[編集]

のと鉄道時代の使用車両。すべて気動車。

乗り入れ車両[編集]

歴史[編集]

1922年には既に改正鉄道敷設法飯田までの建設が定められていたが、戦後まで着工されなかった。1953年になってようやく着工されるが、国鉄ローカル線合理化のさなか建設が推し進められたため、政治路線との批判に晒されることとなった[9]1959年に穴水 - 鵜川間、1960年に鵜川 - 宇出津間が開業。このうち後者には開業から1961年5月20日までの間通常の1.6倍の割増運賃が適用された。1961年4月6日の運賃改定で当該区間が割高となるため割増率が1.3倍に軽減され、同年5月に新線建設補助特別措置法が成立し、補助金が支給されるようになるとこの割増運賃制度は撤廃された[10]。さらに1962年には改正鉄道敷設法別表に飯田 - 蛸島間が追加され、1963年に宇出津 - 松波駅間、1964年9月に松波 - 蛸島駅間が開業、このうち後者は日本鉄道建設公団による初めての建設線であった。

1994年から1996年にかけて近代化補助金を活用して列車集中制御装置 (CTC) の設置を行っている。

年表[編集]

  • 1935年(昭和10年)10月1日 - 省営自動車奥能登線(穴水-能登飯田間)開通[11]
  • 1946年(昭和21年)10月21日 - 省営自動車奥能登線(能登飯田-狼煙間)開通[12]
  • 1952年昭和27年)12月1日 - 鉄道建設審議会で能登線が建設着工線に選定される[13]
  • 1953年(昭和28年)1月9日 - 着工[13]
  • 1959年(昭和34年)6月15日 - 能登線 穴水 - 鵜川間 (22.9km) 開業。中居駅比良駅鹿波駅甲駅前波駅古君駅、鵜川駅開業。
  • 1960年(昭和35年)
  • 1961年(昭和36年)
    • 4月6日 - 鵜川 - 宇出津間の運賃改定。同区間の擬制キロを1.3倍に変更[10]
    • 5月20日 - 新線建設補助特別措置法が成立したため鵜川 - 宇出津間に適用されていた擬制キロ廃止[10]
  • 1963年(昭和38年)10月1日 - 宇出津 - 松波間 (13.8km) 延伸開業。羽根駅能登小浦駅真脇駅能登小木駅能登白丸駅能登川尻駅、松波駅開業。
  • 1964年(昭和39年)9月21日 - 松波 - 蛸島間 (14.5km) 延伸開業により全線開通。宇出津 - 珠洲間で貨物営業を開始。恋路仮停車場鵜島駅南黒丸駅、能登鵜飼駅、上戸駅、珠洲飯田駅、珠洲駅、正院駅、蛸島駅開業。
  • 1968年(昭和43年)9月 - 赤字83線の1つとして国鉄諮問委員会から路線の廃止を求められる。
  • 1969年(昭和44年)10月1日 - 恋路仮停車場を恋路臨時乗降場に変更。
  • 1970年(昭和45年)10月3日 - SL列車「ふるさと列車おくのと号」運転開始。能登線内は普通列車。
  • 1973年(昭和48年)9月30日 - 「ふるさと列車おくのと号」運行終了。
  • 1981年(昭和56年)11月20日 - 穴水 - 珠洲間の貨物営業を廃止。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物営業廃止[1]
  • 1985年(昭和60年)7月11日 - 古君 - 鵜川間で豪雨のため盛土が崩れ、急行「能登路5号」が脱線転覆。7人死亡(能登線列車脱線事故)。
  • 1986年(昭和61年)5月27日 - 廃止承認(特定地方交通線第3次廃止対象)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道が継承。立戸の浜仮乗降場を(臨)立戸の浜駅に格上げ。恋路臨時乗降場を(臨)恋路駅に変更。
  • 1988年(昭和63年)3月25日 - JR能登線 (61.1km) 廃止、のと鉄道能登線 のと穴水 - 蛸島間 (61.0km) 開業。急行「能登路」の能登線内での運転を中止[14]
    • 穴水駅から分離し のと穴水駅開業。(臨)立戸の浜駅を通年営業とし沖波駅に、能登小浦駅を小浦駅に、真脇駅を縄文真脇駅に、能登小木駅を九十九湾小木駅に、能登白丸駅を白丸駅に、能登川尻駅を九里川尻駅に、能登鵜飼駅を鵜飼駅に、珠洲飯田駅を飯田駅に改称。(臨)恋路駅を通年営業化。九十九湾小木駅に行き違い設備を新設[15]
  • 1991年平成3年)9月1日 - のと鉄道七尾線開業に伴い、のと穴水駅を穴水駅に改称。急行「能登路」の能登線内での運転を再開[14]
  • 1993年(平成5年) 列車無線を導入。能登線の列車集中制御装置 (CTC) 敷設工事着工[13]
  • 1994年(平成6年)12月21日 - 穴水 - 甲間にCTCを導入。比良駅に行き違い設備を新設[15]
  • 1995年(平成7年)
  • 1996年(平成8年)12月6日 - 九十九湾小木 - 珠洲間にCTCを導入。鵜飼駅に行き違い設備を新設[15]
  • 2002年(平成14年)
    • 3月23日 - 急行「能登路」廃止。
    • 10月21日 ダイヤ改正、列車を大幅に減便。急行「のと恋路号」廃止。
  • 2003年(平成15年)3月15日 - ダイヤ改正、夜遅い時間帯の1本を廃止するなど、運行本数を3割削減。
  • 2004年(平成16年)3月30日 - 廃止届を提出[1]
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 穴水 - 蛸島間 (61.0km) 全線廃止。
  • 2006年(平成18年)11月1日 - 線路・施設の本格的な撤去が開始される[16]

駅一覧[編集]

  • 全駅石川県に所在。
  • カッコ内の駅名は、のと鉄道転換前の駅名。*印を付けた駅は転換後の開業。駅所在地は路線廃止時点。
駅名 駅間キロ 営業キロ JR時代の
営業キロ
接続路線 所在地
穴水駅 - 0.0 0.0 のと鉄道:七尾線 鳳珠郡穴水町
中居駅 5.3 5.3 5.3  
比良駅 2.3 7.6 7.5  
鹿波駅 2.9 10.5 10.5  
甲駅 3.8 14.3 14.3  
沖波駅
(立戸の浜駅)
2.7 17.0 17.0  
前波駅 1.1 18.1 18.1  
古君駅 1.8 19.9 19.9  
鵜川駅 3.0 22.9 22.9   鳳珠郡能登町
*七見駅 1.2 24.1 ---  
矢波駅 1.5 25.6 25.6  
波並駅 2.2 27.8 27.8  
藤波駅 2.2 30.0 30.0  
宇出津駅 2.7 32.7 32.8  
羽根駅 2.6 35.3 35.4  
小浦駅
(能登小浦駅)
1.7 37.0 37.1  
縄文真脇駅
(真脇駅)
1.4 38.4 38.5  
九十九湾小木駅
(能登小木駅)
2.0 40.4 40.5  
白丸駅
(能登白丸駅)
2.1 42.5 42.6  
九里川尻駅
(能登川尻駅)
1.9 44.4 44.5  
松波駅 2.0 46.4 46.6  
恋路駅 1.8 48.2 48.3  
鵜島駅 0.8 49.0 49.1   珠洲市
南黒丸駅 1.1 50.1 50.2  
鵜飼駅
(能登鵜飼駅)
1.6 51.7 51.8  
上戸駅 2.7 54.4 54.5  
飯田駅
(珠洲飯田駅)
1.7 56.1 56.2  
珠洲駅 1.3 57.4 57.4  
正院駅 1.6 59.0 59.1  
蛸島駅 2.0 61.0 61.1  

延長構想の頓挫[編集]

1996年に蛸島駅より東の鉢ヶ崎海岸で第16回全国豊かな海づくり大会が開催されるにあたり、そのアクセス路線として当路線の延長が1993年から検討された。1994年には県議会で、同年度中の免許取得や施工認可を得て1995年度から土地買収や工事の着手に当たりたいという県企画開発部長の答弁もなされている[17]。しかし予定ルートに道路との交差があり、そこを立体化しないと運輸省の認可が下りないことが判明する。さらに阪神・淡路大震災を受けて運輸省が鉄道施設等の耐震基準を見直したことも加わり、この二つの理由で工費が当初の予定よりも大幅に増加することから、構想は取りやめになった[18]

存続・復活に向けた動き[編集]

廃止から1年が経過しようという2006年3月19日、廃止を推し進めた現知事と能登線復活を公約する候補が県知事選挙で戦うことになった。廃線に向けた動きが出てきた頃、存続を求める沿線住民らで市民団体が結成された。廃止手続きが実施されると事業の継承が困難になることから、鉄道事業廃止を休止にするよう国土交通省などに要望が出され、廃線直前の2005年2月には存続の受け皿会社を設立することを発表していた。廃線に反対した市民団体は廃線後も復活に向けて活動していたが、2006年11月から全線にわたる線路の撤去作業が開始され、復活は幻となった。

2005年10月に公共交通問題に取り組む地元市民グループが元利用者を対象に、「奥能登の公共交通と暮らしに関するアンケート」として、廃線によって地域や生活がどのように変化したかを調べるアンケートを実施した。その結果[19]、96.8%の人が「廃線が地域商業、観光、通学生等に影響があったと思う」と回答し、「現在、能登線の廃止についてどう思っているか。」という問いに対しては59.1%の人が廃線は失敗で、もっと反対をすれば良かった・復活を望むと回答、「今後の奥能登の公共交通はどうあるべきか。」という問いには68.3%の人が鉄道を復活整備と回答していた[20]

廃線後の状況[編集]

線路・施設の撤去は2006年11月1日から本格的に開始された[16]。現在ではほとんどの区間でレール枕木が撤去されており、橋梁、路盤の撤去も頻繁に行われ、能登線の痕跡は消えつつある。

なお、地元自治体ならびに沿線住民の希望により、以下の区間は線路が残されている。

  • 穴水駅から山王川橋梁手前
  • 間島橋梁 - 藤波駅構内(波並 - 藤波間)
  • 恋路駅前後 - 地元の宗玄酒造により、「のトロ」という名称の軌道自転車に有料で乗ることができる[21]
  • 珠洲駅跡地
  • 珠洲市正院町小路地区から同町川尻地区間(正院 - 蛸島間) … この区間は、動態保存車両のNT100形気動車の走行に使用された。
  • 蛸島駅構内

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 寺田裕一『私鉄の廃線跡を歩くIII 北陸・上越・近畿編』、JTBパブリッシング、2008年、150頁。ISBN 978-4-533-07145-4
  2. ^ 川島令三『全国鉄道事情大研究 北陸編(1)』、相思社、1995年、208頁。ISBN 4-7942-0616-X
  3. ^ 寺田裕一『日本のローカル私鉄2000』、ネコ・パブリッシング、2000年。ISBN 4-87366-207-9
  4. ^ 所澤秀樹『鉄道地図の「謎」』、山海堂、2002年、222頁。ISBN 4-381-10423-4
  5. ^ 2002年度のデータ。『私鉄の廃線跡を歩くIII』150頁より。
  6. ^ 『私鉄の廃線跡を歩くIII』、154頁。
  7. ^ 『全国鉄道事情大研究 北陸編(1)』、209頁。
  8. ^ 『全国鉄道事情大研究 北陸編(1)』218頁。
  9. ^ 『全国鉄道事情大研究 北陸編(1)』、207頁。
  10. ^ a b c d 種村直樹『時刻表の旅』中公新書、1979年、124-125頁。
  11. ^ 「鉄道省告示第399号」『官報』1935年9月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 「運輸省告示第265号」『官報』1946年10月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ a b c 能登線廃線後の各駅の今 - 能登線の歴史 (PDF)
  14. ^ a b 『全国鉄道事情大研究 北陸編(1)』、215頁。
  15. ^ a b c 寺田裕一『ローカル私鉄列車ダイヤ25年 西日本編』、JTB、2004年、44頁。ISBN 4-533-05585-0
  16. ^ a b 『私鉄の廃線跡を歩く』、151頁。
  17. ^ 石川県議会1994年9月14日定例会議事録[リンク切れ]2009年4月7日閲覧
  18. ^ 石川県議会1996年3月7日定例会議事録[リンク切れ]2009年4月7日閲覧。
  19. ^ ガンバレのと鉄道の会「奥能登の公共交通と暮らしに関するアンケート」調査委員会による調査・集計結果 (PDF)
  20. ^ ガンバレのと鉄道の会「奥能登の公共交通と暮らしに関するアンケート」調査委員会による調査・全コメント (PDF)
  21. ^ 奥のとトロッコ鉄道”. 能登町観光ガイド. 2016年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]