神岡鉄道神岡線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神岡線
KM-101
概要
現況 廃止
起終点 起点:猪谷駅
終点:奥飛騨温泉口駅
駅数 8駅
運営
開業 1966年11月6日 (1966-11-06)
三セク転換 1984年10月1日
廃止 2006年12月1日 (2006-12-1)
所有者 Japanese National Railway logo.svg日本国有鉄道
神岡鉄道(第1種鉄道事業者)
使用車両 KM-100形、KM-150形ほか
路線諸元
路線総延長 19.9 km (12.4 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示

神岡線(かみおかせん)は、富山県富山市猪谷駅から岐阜県飛騨市奥飛騨温泉口駅に至る神岡鉄道が運営していた鉄道路線である。日本国有鉄道(国鉄)の特定地方交通線(神岡線)を1984年に引き継いだもので、2006年12月1日に全線が廃止された。

概要[編集]

硫酸輸送列車(2002年5月13日撮影)

本来、神岡鉱山から産出される亜鉛鉱石の輸送が目的の鉄道であり、改正鉄道敷設法別表にも制定時から「富山県猪谷ヨリ岐阜県船津ニ至ル鉄道」として掲げられている。鉱山へは、1922年に軌間762mm(後に610mm)の神岡軌道専用鉄道、後に地方鉄道)が本路線の川を挟んだ対岸から通じていたが、本路線の開業とともに1967年にその役目を終えている。

高原川沿いの急峻な山間を走るため、全線の64%がトンネルまたは橋梁という山岳路線で路線環境も良く、「奥飛騨の地下鉄」とも呼ばれていた。

1984年に国鉄から神岡鉄道へ第三セクター鉄道として転換された後も、神岡鉱山からの硫酸輸送を行ってきたが、神岡鉱山を運営する神岡鉱業がトラック輸送に切り替えたため、2004年10月15日限りで硫酸輸送を終了。同年12月31日限りで貨物営業が休止された。収入の7割以上を占め経営の柱であった貨物輸送がなくなり、転換交付金も底をつく見込みであることから、2005年6月29日に神岡鉄道は神岡線を2006年末限りで廃止する方針を決め、2005年8月2日の臨時株主総会で2006年12月1日廃止が正式決定された。この間、フランスの公共交通会社コネックス(現・ヴェオリア・トランスポール)や東京の旅行会社トラベルプランニングオフィスなどが飛騨市に経営移譲を申し入れる動きもあったものの、コネックスとの交渉は立ち消え状態になり、トラベルプランニングオフィスは代表者の中尾一樹が三井金属鉱業に対し経営移譲を求め株主代表訴訟を提起していたがのちに取り下げた。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):19.9km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:8駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:スタフ閉塞式
    • 線内の交換可能駅は神岡鉱山前駅のみで、猪谷駅 - 神岡鉱山前駅と神岡鉱山前駅 - 奥飛騨温泉口駅の2閉塞区間があった。2閉塞区間が連続してスタフ閉塞式になっているのは珍しいケースである。ただし廃止時点で、神岡鉱山前駅での定期列車の交換はなかった。

運行形態[編集]

旅客列車はすべてワンマン運転の各駅停車で、廃止直前時点で1日に9往復が運行されていたが、うち3往復は神岡の市街地を通る神岡鉱山前駅から奥飛騨温泉口駅までのみの運転となっていた(開業当初は猪谷 - 奥飛騨温泉口間の8往復だった。廃線間際には臨時で猪谷まで延長運転された)。2005年10月1日に下り猪谷発21時台・上り奥飛騨温泉口発20時台の列車が廃止され、最終が下り猪谷発19時台・上り奥飛騨温泉口発18時台に繰り上げられた[1]

猪谷 - 神岡鉱山前間に貨物列車も運転されていたが、2004年に貨物輸送は休止となった。

歴史[編集]

  • 1966年昭和41年)10月6日 - 国鉄神岡線 猪谷 - 神岡間 (20.3km) が開業。飛騨中山駅、茂住駅、西漆山駅、神岡口駅、飛騨船津駅、神岡駅新設。
  • 1981年(昭和56年)
    • 9月18日 - 第1次特定地方交通線として廃止承認。
    • 11月20日 - 神岡口 - 神岡間の貨物営業廃止。
  • 1984年(昭和59年)10月1日 - 国鉄神岡線 (20.3km) 廃止、神岡鉄道神岡線 猪谷 - 奥飛騨温泉口間 (19.9km) が開業。神岡大橋駅新設。西漆山駅を漆山駅に、飛騨船津駅を飛騨神岡駅に、神岡駅を奥飛騨温泉口駅に改称。
  • 1985年(昭和60年)4月20日 - 神岡口駅を神岡鉱山前駅に改称。
  • 1998年平成10年)1月16日 - コンテナ輸送開始。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月1日 - 猪谷 - 神岡鉱山前間の貨物営業休止。
    • 3月31日 - 猪谷 - 神岡鉱山前間の貨物営業廃止。
    • 10月1日 - 夜の1往復を廃止。
  • 2006年(平成18年)12月1日 - 猪谷 - 奥飛騨温泉口間 (-19.9km) が廃止。飛騨中山駅、茂住駅、漆山駅、神岡鉱山前駅、飛騨神岡駅、神岡大橋駅、奥飛騨温泉口駅廃止。

輸送・収支実績[編集]

年度 旅客輸送人員(千人) 一日1Km平均通過人員(人) 貨物輸送数量(トン) 鉄道業営業収入(千円) 鉄道業営業費(千円)
1984 78 297 45,312 61,683 116,910
1985 138 265 100,388 125,852 144,266
1986 122 239 93,397 105,212 132,941
1987 102 194 98,473 111,350 139,030
1988 84 161 86,911 105,209 124,832
1989 72 138 81,655 99,998 135,550
1990 87 167 85,467 94,490 122,778
1991 87 166 85,137 94,987 118,741
1992 89 171 89,233 100,461 130,465
1993 86 165 87,826 96,894 137,237
1994 84 161 77,147 91,710 163,793
1995 79 151 58,078 112,324 179,475
1996 69 132 72,756 90,086 135,475
1997 61 121 74,140 110,577 138,348
1998 46 88 78,562 122,199 155,944
1999 46 88 64,956 106,488 133,205
2000 44 83 66,180 89,772 121,684
2001 46 86 73,623 96,485 127,563
2002 49 77 51,159 98,691 146,293
2003 44 71 54,633 89,795 147,807
2004 40 62 20,183 36,849 107,065
  • 民鉄主要統計『年鑑日本の鉄道』1987年-2007年

神岡までの代替交通機関について[編集]

神岡線廃止後、猪谷駅と神岡町を直接結ぶ列車代行バスは設定されていないが、猪谷駅前の国道41号線沿いにある猪谷バス停から濃飛バス富山地鉄バスが運行する路線に乗車するか、飛騨市巡回バスに乗車すると神岡に行くことができる。

その他、東海旅客鉄道(JR東海)高山本線高山駅飛騨古川駅西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸新幹線・高山本線・あいの風とやま鉄道富山駅から路線バスで神岡町に行くこともできる。

廃線後の軌道について[編集]

2006年9月、当時の飛騨市船坂勝美市長が定例市議会で、神岡鉄道廃止後に鉄路を不定期の観光鉄道として存続させる道を模索する意向を表明し、注目を集めた。同年11月29日には、三井金属鉱業との間で存続に向けて15億円の寄付(再開後の経営に失敗した場合に必要となる線路撤去費などへの備えなど)と軌道の無償譲渡を受けることで大筋合意した。また、2007年1月10日に飛騨市神岡振興事務所内には神岡鉄道再開準備室を設け、船坂市長は「2008年5月には(観光鉄道として)再開させたい」と発言。設立から5年後の黒字を目指すとしていたが、2008年2月に行われた市長選挙で、船坂市長は観光鉄道化を含めた現市政を批判する井上久則候補に敗北した。井上新市長は「15億円の寄付金は再開に向けての物とは考えていない。レールや鉄橋は撤去する。」と表明しており、計画再開は非常に困難な見通しとなった。

一方、地元の住民グループ「神岡鉄道協力会」のメンバーは廃線の線路上で軌道自転車を運行する「レールマウンテンバイク」の運行を考案、2007年から飛騨市観光協会に飛騨市も協力する形で廃線跡のうち、2.9kmで実験運行を開始した[2]。実験運行は主に土日と祝日で実施され、好評を博したことから営業日数が徐々に増やされた[3]。2012年からはシーズンを通しての運行となり、運営はNPO法人の「神岡・町づくりネットワーク」に移管された[2]。2013年の利用者は2万6249人[3]。2012年には鉄道の日実行委員会の日本鉄道特別賞を受賞した[2]。人気の高まりに対して、1日8便で310人までしか利用できず、予約が必要な状況になっている[2][3]。その対策もかねて、「神岡・町づくりネットワーク」では未使用の廃線跡も活用する「旧神岡鉄道の利活用プラン」を市に提出し、それに対して市は2013年12月から一部区間の安全対策調査を開始した[3]

2016年12月、飛騨市は補正予算に、廃線跡を活用した「ロスト・ライン・パーク」構想のための費用を盛り込み、シンポジウムの開催と、旧神岡鉱山前駅に保存中の車両の中の1両(KM-101)を旧奥飛騨温泉口駅に移設する事業を実施するとした[4]。移設の際には廃止以来約10年ぶりに自力走行を実施することが告知され[5]、予定された2017年4月8日に実際に走行した[6]。今後は奥飛騨温泉口駅で展示し、冬に入る頃には再び自力走行により旧神岡鉱山前駅の車庫に戻る[7]

駅一覧[編集]

( )内は国鉄時代の駅名。*印は神岡転換後の新設駅。駅所在地は路線廃止時点のもの。

駅名 営業キロ 国鉄時代の
営業キロ
接続路線 所在地
猪谷駅 0.0 0.0 東海旅客鉄道西日本旅客鉄道高山本線 富山県富山市
飛騨中山駅 2.3 2.4   岐阜県飛騨市
茂住駅 5.2 5.2  
漆山駅
(西漆山駅)
9.4 9.5  
神岡鉱山前駅
(神岡口駅)
16.9 17.1  
飛騨神岡駅
(飛騨船津駅)
18.1 18.1  
神岡大橋駅* 19.1 ---  
奥飛騨温泉口駅
(神岡駅)
19.9 20.3  

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『JTB時刻表』2005年3月号 p.546、2005年10月号 p.504
  2. ^ a b c d 鈴木進悟「廃線を体験型施設に再生」毎日新聞2014年9月9日、11頁(「発言 地方から」欄。筆者は「神岡・町づくりネットワーク」理事長)
  3. ^ a b c d 「旧神岡鉄道 レールマウンテンバイク」毎日新聞岐阜版2014年1月12日(「ふるさと各駅停車 10」)
  4. ^ 平成28年度12月補正予算事業概要説明資料 (PDF)”. 飛騨市 (2016年12月). 2016年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月2日閲覧。
  5. ^ ロストラインフェスティバル in 神岡
  6. ^ “岐阜の神岡鉄道1日限り復活 06年に廃線”. 京都新聞. (2017年4月8日). http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170408000055 2017年4月8日閲覧。 
  7. ^ “神岡鉄道の気動車「おくひだ1号」が復活…廃止から10年ぶり運転”. Response.. (2017年4月8日). http://response.jp/article/2017/04/08/293264.html 2017年4月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]