信楽高原鐵道信楽線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
信楽線
信楽駅構内
信楽駅構内
基本情報
日本の旗 日本
所在地 滋賀県甲賀市
起点 貴生川駅
終点 信楽駅
駅数 6駅
開業 1933年5月8日
三セク転換 1987年7月13日
所有者 Koka Shiga chapter vector.svg 甲賀市(第3種鉄道事業者)
運営者 信楽高原鐵道(第2種鉄道事業者)
使用車両 信楽高原鐵道#車両を参照
路線諸元
路線距離 14.7 km
軌間 1,067 mm狭軌
線路数 単線
電化方式 全線非電化
閉塞方式 スタフ閉塞式
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STRlf
近江鉄道本線
STRq
eABZq+r
JR西C 草津線
xABZlg
0.0 貴生川駅
WBRÜCKE
杣川
eDST
6.5 小野谷信号場 (使用停止中)
SKRZ-Au
新名神高速道路
列車衝突事故発生現場 1991年
BHF
9.6 紫香楽宮跡駅
BHF
10.2 雲井駅
BHF
12.4 勅旨駅
WBRÜCKE
大戸川
BHF
13.4 玉桂寺前駅
WBRÜCKE
大戸川
KBHFe
14.7 信楽駅

信楽線(しがらきせん)は、滋賀県甲賀市貴生川駅から信楽駅までを結ぶ信楽高原鐵道鉄道路線である。

概要[ソースを編集]

信楽高原鐵道の唯一の路線であり、滋賀県内の鉄道路線で唯一の非電化路線でもある。旧国鉄の特定地方交通線を転換した路線で、信楽焼の産地である信楽に通じている。

信楽線のうち、全長の約半分を貴生川駅と紫香楽宮跡駅の間の勾配区間が占める。路線は、貴生川駅を出るとすぐに右カーブし、田畑の間を抜けていく。その後は山間部に入り、急カーブの連続と33の勾配[1]小野谷信号場(休止中)の先まで走り、新名神高速道路国道307号との立体交差地点を過ぎると平地を走る。

勅旨駅 - 玉桂寺前駅間にある第一大戸川橋梁は、1953年8月の集中豪雨によって鋼製の橋梁が流失し、翌1954年にプレストレスト・コンクリート橋として再建された。これは従来スパン10メートル程度に留まっていたものをスパン30メートル程度にまで拡大したもので、これがきっかけとなって長いスパンの道路・鉄道橋へのコンクリート橋の応用が始まった。2008年現在でも問題なく列車を通し続けており、コンクリート橋の適用のきっかけとなった橋との評価から、2008年6月20日に文部科学省文化審議会により登録有形文化財として登録するよう答申がなされた[2]

一部列車で次の停車駅の案内や駅到着の車内放送の前後に停車駅沿線の観光施設等の案内や信楽高原鐵道の今日までの歴史を放送している。

路線データ[ソースを編集]

運行形態[ソースを編集]

すべて線内折り返し列車でワンマン運転を行っている。1991年5月14日の列車衝突事故以来、他線との直通運転は行っていない。日中は1時間あたり1本運行されている。

2015年3月2日[3]現在、信楽駅の始発は6時14分、貴生川駅の最終は22時39分である。2006年3月17日までは最終列車が22時台であったが、翌18日のダイヤ改正で、23時台に繰り下げられた。2012年3月17日に、22時台に戻された。

車両は信楽駅で夜間滞泊している。

国鉄時代[ソースを編集]

国鉄時代は京都駅発着の直通列車があったが、1980年草津線電化時に廃止された。そのほか、草津線柘植駅から(貴生川駅で信楽行きと、草津行きに分割)と、草津駅から(貴生川駅で信楽行きと柘植行きに分割)の直通運転も設定されていた。

歴史[ソースを編集]

2013年9月16日の台風18号で流失した杣川橋梁

延伸計画[ソースを編集]

本路線は、改正鉄道敷設法別表第76号に掲げる「滋賀県貴生川ヨリ京都府加茂ニ至ル鉄道」の一部として計画されていたが、信楽 - 加茂間は建設されず、代わって2002年までJRバス近城線が信楽駅 - 加茂駅間に運行されていた。

現在、近江鉄道本線と信楽高原鐵道信楽線を改良した上で、信楽駅から片町線(学研都市線)までの新線を建設する「びわこ京阪奈線」(仮称)の構想がある。滋賀県及び関係自治体により、建設期成同盟会が結成されている。

駅一覧[ソースを編集]

全駅滋賀県甲賀市に所在。

駅名 駅間キロ 営業キロ 国鉄時代の
営業キロ
接続路線
貴生川駅 - 0.0 0.0 西日本旅客鉄道:草津線
近江鉄道本線
*小野谷信号場 - (6.5) -  
*紫香楽宮跡駅 9.6 9.6 -  
雲井駅 0.6 10.2 10.3  
勅旨駅 2.2 12.4 12.5  
*玉桂寺前駅 1.0 13.4 -  
信楽駅 1.3 14.7 14.8  

*印の付く駅は転換時(後)に設置された新駅・信号場。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳』新潮社、2008年、p.3
  2. ^ 交通新聞 2008年8月4日第3面
  3. ^ 交通新聞社 『JR時刻表』2015年4月号
  4. ^ 「鉄道省告示第164号」『官報』1933年5月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「鉄道省告示第255号」『官報』1943年9月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「鉄道省告示第285号」『官報』1943年9月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 「運輸省告示第205号」『官報』1947年7月22日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 日本交通公社『JTB時刻表』1991年5月号 付録23ページ
  9. ^ 地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に基づく鉄道事業再構築実施計画の認定について〔信楽高原鐵道信楽線〕 (PDF) - 国土交通省、2013年3月1日。
  10. ^ SKR線路、崩れ不通 17日、貴生川-信楽駅間で代替バス”. 京都新聞. 2013年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月17日閲覧。
  11. ^ “台風被害から1年2カ月ぶり、信楽高原鉄道が運行再開”. 産経WEST. (2014年1月29日). http://www.sankei.com/west/news/141129/wst1411290025-n1.html 2014年11月30日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]