岩内線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese National Railway logo.svg 岩内線
基本情報
現況 廃止
日本の旗 日本
所在地 北海道
起点 小沢駅
終点 岩内駅
駅数 6駅
開業 1912年11月1日
廃止 1985年7月1日[1]
所有者 日本国有鉄道
運営者 日本国有鉄道
路線諸元
路線距離 14.9 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 全線非電化
最大勾配 12.5
最小曲線半径 300 m
閉塞方式 タブレット閉塞式
テンプレートを表示

岩内線(いわないせん)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線地方交通線)である。北海道岩内郡共和町小沢駅函館本線から分岐し、同郡岩内町岩内駅までを結んでいた。1980年(昭和55年)の日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)施行を受けて第1次特定地方交通線に指定され、1985年(昭和60年)7月1日に廃止された[1]

路線データ[編集]

  • 管轄:日本国有鉄道
  • 区間(営業キロ):小沢 - 岩内 14.9km
  • 駅数:6(起点駅を含む)
  • 軌間:1,067mm
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化方式:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:タブレット閉塞式
    • 交換可能駅:なし(全線1閉塞)

歴史[編集]

岩内線は、岩内と函館本線を接続する目的で、軽便鉄道法を準用して建設され、岩内軽便線(いわないけいべんせん)として1912年(大正元年)に全線が開業した。岩内はニシン漁で栄えた日本海に面した良港で、岩内線沿線にも茅沼炭鉱や、を産出する国富鉱山があり、海産物や石炭、鉱石の輸送で活況を呈した。しかし、ニシン漁の衰退や炭鉱、鉱山の閉山、バスやトラックの発達と道路整備により、岩内線の輸送量は客貨ともに減少し、1968年(昭和43年)には赤字83線の一つとして廃止対象とされるまでに至った。

1980年(昭和55年)に国鉄再建法が成立すると第1次特定地方交通線に指定され、1985年(昭和60年)7月1日に廃止、バス路線へ転換された。

岩内線から、札幌方面に直通する準急急行列車「らいでん」も運行されていた(ニセコライナーを参照)。

前史(岩内馬車鉄道)[編集]

岩内軽便線→岩内線[編集]

駅一覧[編集]

所在地は廃止時点のもの。全駅北海道に所在。

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
小沢駅[12] - 0.0 日本国有鉄道:函館本線 岩内郡共和町
国富駅[12] 2.5 2.5  
幌似駅[12] 3.5 6.0  
前田駅[12] 3.0 9.0  
西前田駅[12] 3.1 12.1  
岩内駅[12] 2.8 14.9   岩内郡岩内町

廃線跡[編集]

幌似駅と国富駅のホームが現存している。国富 - 岩内間のほとんどの区間が道路に転用された。

未成線(黒松内 - 岩内)[編集]

もともとこの路線は瀬棚 - 寿都 - 岩内 - 然別間の鉄道敷設運動の結果、一部区間が承認されて建設された路線である。また、太平洋戦争後、函館本線の急勾配を緩和するバイパスルートとして、「後志國黒松内ヨリ岩内附近ニ至ル鐵道」(改正鉄道敷設法別表第130号ノ2。1953年(昭和28年)8月1日に公布・施行された「鉄道敷設法等の一部を改正する法律」(昭和28年法律第147号)によって追記。43.9km)が計画された。

1957年(昭和32年)4月3日に調査線、1964年(昭和39年)6月25日に工事線となり、黒松内 - 湯別間では1968年(昭和43年)まで営業していた寿都鉄道の路盤跡を転用することも内定し、現地測量も進んでいた。1972年(昭和47年)12月24日に着工が認可されたが、岩内駅付近など一部の用地買収が行われたのみで[8]、後に工事は中止された[13]

未成区間は雷電海岸を経由し、第3雷電トンネル (5232m)、第2雷電トンネル (580m)、刀掛トンネル (3160m)、尻別トンネル (605m) などの長大トンネルも計画されていた[14]

計画されていた駅[13][14]
岩内駅 - 敷島内駅 - 雷電駅 - 港町駅 - 磯谷駅 - 美谷駅 - 歌棄駅 - 湯別駅 - 中の川駅 - 黒松内駅
  • 岩内 - 湯別間は日本海沿いを通る計画で、磯谷駅、歌棄駅は内陸を通る函館本線の目名駅(旧・磯谷駅)、熱郛駅(旧・歌棄駅)とは別位置。

並行道路[編集]

  • 北海道道266号大成黒松内停車場線
    • 北海道寿都郡黒松内町字黒松内(JR北海道黒松内駅) - 北海道寿都郡黒松内町黒松内(北海道道266号大成黒松内停車場線交点)間
  • 北海道道523号美川黒松内線
    • 北海道寿都郡黒松内町黒松内(北海道道266号大成黒松内停車場線交点) - 北海道島牧郡島牧村美川(国道229号交点)間
  • 国道229号
    • 北海道島牧郡島牧村美川(北海道道523号美川黒松内線) - 国道276号・北海道道270号岩内港線:岩内郡岩内町大浜(壁坂交点)間

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “興浜北線など三線の旅客営業廃止軽微認定 運輸審議会”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1984年5月24日) 
  2. ^ 岩内町史 1966年(昭和41年)11月発行、P382。
  3. ^ a b 岩内港一班 1911年(明治44年)7月 勝見貫一郎 編集・発行、P38-40。
  4. ^ a b c 『北海道鉄道百年史 下巻』1981年3月 日本国有鉄道北海道総局 編集・発行、第5編資料/1年表。
  5. ^ a b c d 『北海道鉄道百年史 下巻』P765 。
  6. ^ 「鉄道省告示第109号」『官報』1922年9月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ a b c 早期実現と安全祈る 国鉄新岩内線町ぐるみ着工式 - 北海道新聞1969年10月2日朝刊
  8. ^ a b c d e 『鉄道未成線を歩く 国鉄編』JTB、2002年6月1日、168頁。 
  9. ^ 「国鉄蒸気線区別最終運転日一覧」『Rail Magazine 日本の蒸気機関車』1994年1月号増刊
  10. ^ a b c 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 I』1998年10月 JTB編集・発行、P245。
  11. ^ 北海道運輸局 『北海道における鉄道廃止代替バス追跡調査 調査報告書(概要版) 平成21年3月』 (PDF) P2,3。
  12. ^ a b c d e f 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』1998年10月 JTB編集・発行、P845。
  13. ^ a b 宝島社『全国未成線ガイド 知られざる鉄道路線』(草町義和 監修 2016年)p.88 - 89
  14. ^ a b 岩内線建設促進期成会関係資料

参考文献[編集]

  • 「注解 鉄道六法」平成20年版 国土交通省鉄道局監修 第一法規出版 2008年10月発行
    • 旧法 鉄道敷設法
  • 「旅」1999年11月号 特集:鉄道新時代 21世紀への序曲(JTB1999-11 No.874)
    • 別冊付録:改正「鉄道敷設法」別表を読む 三宅俊彦
  • 「JR時刻表」2009年3月号 交通新聞社 2009年3月1日発行
  • ニセコバス公式ホームページ(黒松内・長万部線 時刻表・料金)
  • ニセコバス公式ホームページ(雷電線 時刻表・料金)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]