岩内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩内駅
道の駅いわない
道の駅いわない
いわない
Iwanai
西前田 (2.8km)
所在地 北海道岩内郡岩内町字万代
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 岩内線
キロ程 14.9km(小沢起点)
電報略号 イナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
392人/日
-昭和56年-
開業年月日 1912年大正元年)11月1日
廃止年月日 1985年昭和60年)7月1日
備考 岩内線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1976年の岩内駅と周囲約1km範囲。駅舎より左側に白い大きな上屋を持つ貨物ホームを有する。駅裏小沢側に転車台が残されているが、かつてはその左側から岸壁までの一帯が全て茅沼炭鉱の貯炭ヤードであった。この時点ではその一部が岩内港内埋立地に移設されたため、構内ヤードはかつての1/3以下になり、敷地の多くは倉庫等の家屋や道路に代わっている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

岩内駅(いわないえき)は、北海道岩内郡岩内町字万代にあった日本国有鉄道(国鉄)岩内線廃駅)である。岩内線の廃線に伴い1985年(昭和60年)7月1日に廃駅となった。

1980年(昭和55年)まで運行されていた(岩内線内乗入廃止)準急(後に急行)「らいでん」(岩内線内普通列車)の発着駅であった。

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の南側(岩内方面に向かって左手側)に存在した[1]。かつては貨物列車の運行があった名残で多くの側線があり構内は広く取られていたが、1983年(昭和58年)時点では大部分の線路が撤去されており、旅客列車の発着線の北側にホームを有さない副本線1線、小沢方より分岐し構内の端をめぐり発着線の延長で収束する形の側線とその分岐側線を東側・北側各1線、旅客ホームとは別に隣接してあった貨物ホームに向かってホーム端より分岐した行き止まりの貨物側線2線を有した[1][2]。ホームには庭園花壇があった[3]

職員配置駅で、駅舎は構内の南側に位置しホーム中央部分に接していた[1]。大きくて立派な建物であった[1][2]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。

地名に関しての定説は確定しておらず、和人の「硫黄」がアイヌ語に転訛した「イワウ」を含むと見られるイワウナイ(硫黄の川)、あるいはイエオナイ(軽石の多い川)、その他幾つかの説があるが、特異な禿山の硫黄山であるイワウヌプリ(岩雄登山、イワオヌプリ)が後背に控えていることから、硫黄川説が有力とされている。松前藩が1700年(元禄13年)に作成し幕府に献上した地図にはすでに「岩内」の漢字が当てられて書かれている[4]

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は392人[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

鉄道関連施設は全て撤去されており、道の駅いわない岩内バスターミナル北海道中央バスニセコバス)になっている。また、開業当初の写真が掲示されている記念碑が建立されている[7]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
岩内線
西前田駅 - 岩内駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 全国専用線一覧表昭和26年版、32年版、39年版、45年版、58年版。作業距離0.2kmないし0.3kmで、昭和39年版から専用者が岩内港運株式会社に代わっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)60ページより。
  2. ^ a b 書籍『廃線終着駅を訊ねる 国鉄・JR編』(著:三宅俊彦JTBパブリッシング2010年4月発行)22ページより。
  3. ^ a b c 書籍『終着駅 国鉄全132』(雄鶏社1980年10月発行)60ページより。
  4. ^ 岩内町史 昭和41年11月発行 P10-13。
  5. ^ 書籍『蒸気機関車完全名鑑 ビジュアル改定版』(廣済堂ベストムック2011年1月発行)53ページより。
  6. ^ a b c 岩内町史 昭和41年11月発行 P625
  7. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)14-15ページより。

関連項目[編集]